メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2009/10/29

老人の転倒は命取り

土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。

 

8月に突然 義母が脳梗塞にて入院 それから大げさかもしれませんが生活が一変。

 

そんな訳で、ブログも途切れがち。そしてまたまた・・・続きが!

 

8月17日から入院して退院は10月6日、総合病院での入院中はリハビリに励み

 

順調に回復して歩けなかった足がつたい歩きが出来るまでに。

 

しかし・・・。

 

退院して二週間目の10月17日に転倒!!

 

それは廊下をつたい歩きして、つい手を放しバランスを崩した瞬間の出来事です。

 

土曜の夜であったために救急病院を調べてみることに、

 

当番医院は、今まで一度もかかった事のない病院で検査に手間取ること間違いないし・・・。

 

掛かりつけがあればそちらへ連絡をした方が良いとの助言も受けて電話をすると、

 

「今夜は担当医師がいないのでレントゲンは撮れるが入院は出来ないです。」

 

との返事。う~ん 悩むな~どうしたものか?・・・ここは思案のしどころ。

 

救急車を呼んでも仕方なし、と言って総合病院へ痛い身体を移動するのはどうかと?

 

とにかく今はじっとベッドに横たわるのが得策かと。

 

そして、月曜日に病院の車いすで整形外科へ、レントゲンを撮り診察の結果。

 

「第12胸堆圧迫骨折」と判明、19日に即入院。

 

一週間の安静後、コルセット装着しての生活を余儀なくされて28日に退院。

 

「歳とってから転んだら大変やよ~」と聞いてはいたものの怖さを実感!!

 

「転ばぬ先の杖 」です。

 

見た目より自分自身のために時には杖も大切です。

 

 

 

 

 

2 コメント
コメント一覧
  • 1

    私は、今年3月に数え83歳の母を亡くしました。入院するまで家族の食事や寺の仕事を懸命にしてくれました。歳をとりますと、様々な障害や、心配が出て来ます。しかし、お年寄り本人は、家族に心配をかけまいと努力しますが、どうにも成らないのです。どうぞ貴女様も義母様をくれぐれも御大事に為さって下さい。いつも貴社のホームページを見て、是非、貴社の美味しいお酒を飲みたいと思っている私です。

    by: 奥田 実運, on 2009/11/26
  • 2

    奥田様

    コメント嬉しいです。ありがとうございます。
    87歳になって車いす生活でありながらも
    精一杯生きようとしている姿に励まされ、
    介護をするというより、
    「一年でも長く生きてもらいたい」と
    そんな思いで暮らしています。
    縁あって家族になったるのですからね。

    by: 中島和子, on 2009/12/01
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: