メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2009/10/31

芸術の秋にふさわしく陶芸作家展を覗いてはいかが?!

この記事は次の記事の意見です: 秋の過ごし方 Read

土岐市駄知町の酒蔵 ちごの岩のお母さん中島和子です。

 

秋は収穫の秋新米ができて日本酒の仕込みも真っ最中!!

 

そろそろ酒蔵では新酒の香りがするころです。

 

お酒を味わう器には、やはり陶磁器のさかづき・ぐいのみ・杯などでしょうね~。

 

秋は美濃焼原産地では陶磁器に関するイベントが各地で開催され、

 

10月30日から11月3日まで「 2009 陶芸作家展 」 が多治見セラミックパークMINO で始まります。

今年で三回目の陶芸作家展は、会場に美濃で活躍の作家が勢ぞろいし展示即売をするのです。

 

人間国宝の鈴木蔵氏、岐阜県重要無形文化財保持者の玉置保夫氏から若手の作家まで100名ほど出品されます。

 

もちろん女流作家も、また他にも美濃にはまだまだ、

 

安藤實氏のように何にも属さなく、表舞台に出ない作家も多くいます。

 

個性豊かな作家さんたちが集まる会場は、さぞや楽しいことでしょうね!!

 

 

 

 

 

2 コメント
コメント一覧
  • 1

    地元が瀬戸で、多治見にはすぐ行けるので一度作家展を観に行ってみようかと思いました^^

    by: nagae, on 2009/11/27
  • 2

    瀬戸と美濃はお隣り
    ず~っと昔からセトモノで結ばれています。

    セラミックパークは瀬戸からも近いです、
    12月23日まで川喜多半泥子展が開催中。

    ぜひ一度お出掛けを!

    by: 中島和子, on 2009/12/01
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: