メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2006/01/02

一年の計は元旦にあり

ところで私は、「さかづき美術館」
BOXギャラリーにクリエーターと
して参加しています、そこでは
『酒蔵に集う仲間達』という形で
友人の協力を得ての出店です。

『酒蔵に集う仲間』とても気に入って
いる言葉なのです。
今年はそんな仲間とのつながりを大切に
してゆきたいと考えています。

そして今年も祈ったのは、ありきたりですが
『家内安全・商売繁昌』です。
そして「人の輪(和)」の場づくりの何かを、
きっとするんだろうな〜って思うのです。

千古乃岩のお母さん・中島和子

新年明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

さて、「一年の計は元旦にあり」今年は、どんな年になるのでしょう?

年男である夫は、同年会での「還暦行事」開催が今年の一大事であり、
大きな目標でもあります。

結婚してから30年、ず〜と元旦は実家に兄弟が集まっていたのですが、
昨年の秋に母が亡くなり、兄弟で集まる事のない始めての正月を迎えています。
長い年月のなか家庭環境も変わり、我が家でも孫が出来て集まる場所が此処に
なるのは当然な事なのでしょう。

ところで私の平成18年はどんな年?!
毎年「無理をしないで、のんびりすごしたい」と、年寄りのような健康を祈り
家内安全が一番の目標となっています。
その反面、個人的に毎日をドタバタと走り回ってるだけの気がしてるのです。
「旅をして、ゆっくりしたい」と思ったり、しかしこれは目標でもないですね。

結局は夫が中心であり、酒造業である酒蔵の仕事で家族の日々が過ぎていきます。
冬期は特に酒蔵に「日本酒」という生き物がいると一緒なのです。
酒造りを「子育てに似ている」と、よく言われるのですが、まさにその通りで、
子供中心に家の中は回っているのです。
酒蔵の女将は、酒の母ではないのですが、当然のこと主婦なのです。
家族の健康を考え掃除・洗濯・食事とそして近所づきあいと
まいにち走り回っています。

2 コメント
コメント一覧
  • 1

    中島さんの今年の抱負を読ませていただき、すばらしいなぁと感じました。私もみならわなければと思います。

    by: ami, on 2006/01/02
  • 2

    amiさん
    とんでもないです、かっこいいこと言っても口だけですよ〜。
    最近、自分でも歳をつくづく感じるようになりました。
    今TVを見てて思いました。人生は自分のためなんだから、
    かっこよく、とか人の為とか考える事ないし「わがまま」な、
    自分の為に人生を送れば良いんだよね〜とか。

    by: 中島和子, on 2006/01/03
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: