メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
秋から冬に掛けていろんな食材があり楽しいのですが、そんな中でも人気の宿難(すくな)かぼちゃ。
見て楽しく食べて美味しい、形も珍しくて県外の友人にも喜ばれています。
どうやら岐阜県高山あたりで栽培をしてたのが始まりらしく、最近では曽木の朝市でも
買うことが出来ます。
名前の由来は丹生川の伝説「両面宿儺(りょうめんすくな)」に、ちなんでのことらしいです。
さて、こちらは先日京都で見つけた左のかぼちゃですが・・・。
鹿ケ谷かぼちゃ始めてみたときびっくりしましたよ~。これって何??って感じです。
京野菜として並んでいましたが 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
ここに三日急に冷えてきました。いまごろ~曽木公園では?
真っ赤に染まった紅葉が池に映ってることでしょう!!
そして人出もかなり多いのでは?
人も多いから・・・などと思っていましたが、やっぱり見てこなきゃーね。
秋が過ぎません。
と言うことで行ってきます。
お勧めはライト点灯の6時前に行き、ポイントを押さえて座って待ってることです。
パッと一斉に灯かりがついたときはかなり感動しますよ~!!
こちらは昨年のブログ画像です。ご参考に!!
http://www.me-ja.co.jp/blog/dachi.php?date=2006- 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
曇り空の今日などは雪でも降るかと思うほどでした。曽木公園の紅葉を見に行かなきゃーなどと、
思っていたのですが。多治見へ~
今夜は和田一人さんと共に、セラミックパークMINOレストランクレイでの「織部賞多治見地区での打ち上げ会」に
県民エディターとして参加してきました。
とても見づらいですが、セラミックパークMINOの池の水面がライトアップされていて
揺らぐのが見られてなんとも美しい表情を表します。
後ろは茶室、その裏にぽっと明るいのはもみじの紅葉です。
これは是非実際に行って見るべきですね~。
ちょっと感動しますよ!!
普段では 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
11月20日名古屋ドームでのドームやきものワールド最終日、
多治見市の草の頭窯の青山禮三さんの息子さん双男さんから案内で出かけました。
などを書いてアップしたのに・・・消えた!!
書いてる途中に1時間半ほどそのままにして、その後に書き足してアップしたつもりで・・・
ところが消えた!!
せめて画像を一枚だけ、ダブルかもしれないけど・・・。
青山さんのコーナーです。手前に写ってる染付けのお皿の上に飾られたゆずを戴いたので
夕食の茶碗蒸しに香りに入れました。香りが食卓に広がりドームの話題で花が咲いたようです。
でも・・・先ほど 続きを読む…
2007/11/18

紅葉すすむ

土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
今日は11月18日・・・急に寒くなってきました。もちろんストーブは使っています。
曇り空から雪でも降ってくるかと思うほどの一日、道の駅「どんぶり会館」のレジ当番へ。
紅葉狩りのお客さんでしょうか?今日は多くの方に来ていただきました。
また曽木の「さかさもみじ」へ来られた方も、
「ここもキレイやけど曽木公園やないの~?」って、「ほやね~ここは駄知やでね」と
か言い、
地図をお渡しし簡単な説明「こうやって行くと看板がでとるで」ってな感じだけど分かるかな~?
迷ったら道の駅どんぶり会館の物産部へ立ち寄りください。丁寧にお教えいたしますよ 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
いよいよ新酒が発売で~す!!と書かなきゃー
いけないのに、
まだまだ織部賞からの興奮も冷めぬまま、
県民エディターとしてのレポートの成り行きが気になっていた私です。
やっと!!完成~・・・ 歓声~「ヤッター!!」 です。
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11151/e_oribe/news/detail.php?id=20071106212653
是非こちらを、
7名の方へのレポートが載っています。
和田一人さんとお互いが助手となり、カメラマンとして協力し合えてここまで来たのです。
そして未だに 続きを読む…
秋のフルーツをコンポートに
そんな似つかわない事を考えた、
そこまでは良かったのです。
甘味の少ないりんごがあったので
早速に冊子に見つけたレシピにそって
りんご1個
水 2カップ
グラニュー糖 70グラム
レモン輪切り 3〜4枚
塩水にさらしてから
りんごが透けるまで煮る
だんだん良い香に包まれてきます、
そこでふと思ったのです。柿のコンポートも良いかな〜って。
新潟から送られてきた渋抜きされた柿があったんだー。
以外と良いかも〜?
鍋の中りんごの横に並べて煮詰めたのです・・・が
10分20分と時間が経ち、味を 続きを読む…
 土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
 きょうは茶の湯の魅力にはまってしまった友人と共に、
 びわ湖畔の佐川美術館「楽吉左衛門館」へ。
 岐阜県陶磁器デザイナー協会の研修会旅行に、会員である和田一人さんの
誘いで会員外の私も参加させていただきました。
佐川美術館「楽吉左衛門館」は、
今年の秋9月15日に佐川急便50周年記念事業で開館した美術館であり、
第1回織部賞受賞者の楽家15代楽吉左衛門さんの設計の茶室があり、
第6回織部賞受賞者の林屋晴三さんも、講演でお話をされていたほどの、
今一番話題の美術館ではないでしょうか。
ちょうど行きたいと思っているところ 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
まだ11月10日だというのに、町はすっかりクリスマスムードに染まっています。
                                                                       
                                                                   
11月6日の京都駅で見た、
でっかいクリスマスツリー
圧倒され「ワァー!!」と言った歓声が、
もちろん田舎ものの私はびっくり、
                       続きを読む…
織部賞を語るには茶の湯を知らなきゃー!!という訳で
いざ~京都の大徳寺へ
織部賞受賞者の林屋晴三さんへの取材でレポート提出したのですが、ウエブオリベへのアップがまだのようですが、
オリベウエイブは、 http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11151/e_oribe/
読もうしてくださった方へのお詫びに、ちょっと私の目で見た茶の湯に関する一コマを紹介します。
11月4日織部賞が済んだ後の11月6日(火)に京都へ、
前日の雨がしっとりと苔を濡らして、紅葉には早いものの十分に日本の秋を堪能。
京都は秋の特別公開中につき大徳寺界隈での「黄梅院」(おうばいいん)へ入る 続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192