メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

吟醸仕込みも、いよいよ麹つくりへと進んできました。
麹室(こうじむろ)にて育成中の麹(こうじ)です。
大切な麹の植え付けが行われています。
一番神経を使う作業に、夜中も何度も起きて手を掛けてあげます。
これで吟醸酒の良し悪しが決まるのです。
日本酒の特徴である「平行復発酵」こちらでも作業は行われます。
お米の澱粉をブドウ糖に変える働きをするための麹つくりです。



温度調整をするために毛布などを掛けるのですが、とっても神経質な麹たちです。
温度計がたよりですが、手に触れて感触も確かめながら同じような作業を繰り返します。
温度を均一にするために表面を広げたり、手を掛け 続きを読む…
名古屋駅近くの中小企業センターにて2月5日
『2006年 大学通信教育・合同入学説明会』
が開催されました。
初めての体験、夢にまでみた
「大学通信教育合同説明会」です。
さて・・・
説明会とはいえ、自分のことは緊張するものです。
一応目的の学校があるので、まずはテーブルの前に
置かれた椅子に腰を掛けて・・・
若い職員らしき方から、ふいに「はい、どうぞ〜」
と声を掛けられ、
「ええっつっと〜〜あのーーー」「コースの決定で迷ってるのですが?スクーリングの日程もちょっと」と始まったのですが、「スクーリングは何としても受けなければなりません」
と私の不安をよそに担当者は話し出すのです。
酒屋 続きを読む…
今朝は、また冬へ逆戻りです。
雪がチラチラあたり一面がうっすら白くなっていました。
酒蔵内の気温は?どうやら冷えすぎのようです・・・。
先週は温かかったにもかかわらず、私は体調を崩してぐったりと寝込んでいました。
私のことにはお構いなく、蔵のタンク内はドンドン変化しています。
タンクも温度計とにらめっこしながら、今日などは温めたりもしてるようです。

兵庫の山田錦40%の酒米は手洗いをされて
甑(こしき)で蒸されてひろげられます。
蒸米を温度5度までに下げる為にムシロに
囲ったり広げたりと、三度ほどこの作業が繰り
返されます。
先週は、外気温も5度ぐらいで仕込みに適して
続きを読む…
高校を卒業して35年、子育てをしながら日本酒製造販売の家業を手伝う中、日本文化について考える機会も増えて、良き日本をもっと知りたいと思うようになったのです。
日本の美しさには芸術があり、見てるだけでも十分楽しく友と語るには言葉も必要はないのですが、もっとよく見つめるにはどうしたらいいのだろうか?どんな表現が適してるのだろうか?など“芸術に向かう目を養いたい”最近では、そんな思いが強くなってきたのです。
知らない事も多く基礎からの勉強を必要と感じてきたのです。
一人で楽しむ芸術もいいのですが、「良いものを人に伝えたい!そして残したい!」そのために今何をしたらいいのか?
広い意味で芸術を学ぶ事 続きを読む…
一年に一日しか販売されない節分用の太巻き寿し、
きっと今夜は多くの家庭で“南南東”に向かい黙って食べるてる姿が・・・
私は商魂たくましい寿司屋さんを温かく応援する一人です。
「信じるものは救われる」そんな気持ちが大切なのでは!
そして、この祈祷済みの御神札を書かれたのは安藤實先生です。
千古乃岩(チゴノイワ)のお母さん・中島和子

続きを読む…
明日の節分にあわせて“鰯(いわし)セット“を備えました。
最近はスーパーの魚売場に柊も用意されて、まったく有り難い!!
昔は近所の年配者が山で採ってきて配ってたものでした。

門守りと言われ、鰯(いわし)の頭を焼いて柊(ひいらぎ)の枝に刺して玄関脇に差しておきます。
鰯を焼き悪臭(実際は言い臭いなんですがね〜?)と、柊のとがった葉で鬼を追い払う。
邪気を払う意味のようです。こんな時でもなければ柊も必要とされないのかもしれません。
鰯の干物も今日ばかりは売場で大きな顔をして、値段もいつもより高くなり、
遅くに行くと売切れてしまうほどの人気です。
年一度では可愛そうな鰯ですが、こうして献立に 続きを読む…
風邪で寝ている間に届けられた
縁起物を紹介します。
今まで何度も私のブログに登場頂いた
多治見市小名田町の草の頭(くさのかしら)
窯の青山礼三さんからの湯呑みです。
ブログを読んで、夫が還暦で戌年だと
お知りなって、渡してくださったのです。
桐箱には栞が添えてありました。
『平成18年は丙戌歳
丙は「あかあかと明るい」情景
戌は、動物の犬にあてられ素直で従順で明るいさま
平成18年が何卒「丙戌」の字の如く明るく
順風満帆の歳でありますよう。』
     
いつもながらの礼三さんの温かさに触れ
とっても幸せな気持ちになります。



湯呑みの染め付けは、犬と戯 続きを読む…
 鬼のかく乱か?久し振りの風邪(近くの開業医での診断)に一週間を布団の中ですごした。
食欲もなく「ついでだからダイエットでもするか?!」位の軽い調子で微熱と戦っていた。
悪い風邪でなければ、後は自分で治すしかない。
治癒力を信じている私は楽天的でもあり、ただの怠け者なのかもしれません。
一月の終りになりやっと、ブログの更新をする気になれたので感じたままをアップします。
どうもご心配を戴きました皆さん、本当にありがとうございました。
そろそろ、私も風邪を引いてる場合でなく厄祓いをしなくては・・・
厄祓いといえば節分です。還暦の夫達は“厄祓い”行事の節分祭にて餅投げ、
駄知町では、弘法堂にて2 続きを読む…
今こうしてブログをやっているものの、息子に言われてしまった。
「夜遅くまでやってて疲れ、仕事が出来なくてどうするんだ?!」
私のITでは商売に直接結びつく事はあまりないだろうね。
コミュニケーションの場としてのITであり、経済の場所と言っていいのだろうか?
経済と文化は密接な関係であり、新たな文化を生んではいるもののITで
お金は行き来はしない。そんな気がするのです。
こんな事を素人の私が言うもへんだけど、学びの場として活用するにも最適であり、
決して「商い」の場ではないような。
21日、22日はセラミックパークで商人市(あきんどいち)があり行ってきました。
ブログを読んできた知り合いがいて 続きを読む…
今日は、雪も降る寒い一日と覚悟していたのですが、
晴れ間もみられセラミックパーク美濃での「楽々市」は
人も多く来て頂けて地酒の試飲即売も順調でした。
この時期の試飲は、新酒もあり「しぼりたて・にごり酒」
12月に搾った生酒は、荒さも取れて味も落ち着き
トロリとして、呑む人をうならせます。
(ちょっと言いすぎかな?)
しかし、セラミックパークへは自家用車で来る方も
多く、試飲が出来ない方は残念がられます。
ついでに買って帰られればいいけど、その点まだ
認知度も低いのか財布の紐が硬いのか、試飲だけで
もまずは味を覚えていただくことです。

そこでコーヒーを紹介!!
夏場は青空コーナーで販売 続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192