メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

土岐市、道の駅「どんぶり会館」から
連休の人にとって今日は、まだ始まったばかりですよね〜。
商いをする者として、一日でも多く良い天気であって欲しいと願っています。
せめて3〜5日が晴れてくれたら一番ありがたいのです。
「雨は夜に降り、昼間は晴れる」そんな勝手の良い話は無理かな〜
水の大切さは万博で学んだばかりです。
地球から割れて出来た月により雨は降り、水によって生き物が生まれた。
そして今、私たちがいる、だから雨は大切な命の水なのです。
今日は「どんぶり会館」物産部のレジ当番でした。
この画像は、どんぶり会館の前を通ってる県道の陸橋から取ったものです。
雨にけむる稚児岩大橋が奥に見え、 続きを読む…
駄知町からのお出かけ情報です。
名古屋からも近くて、和みを求めて出かけるならココです。
多治見市内のセラミックパーク美濃は「岐阜県現代陶磁器美術館」「展示ホール」「茶室」「作陶室」「展望台」「レストラン」も備えて、岐阜県の施設の部分と財団部分とあり、いろんな利用がされています。駐車場も広くて無料です。
会場内は冷暖房完備にて、暑くても雨でも大丈夫です。
通路から会場からも窓は広く、建物の中を流れる滝を眺め、自然の山も眺めながらお茶を楽しむ事も出来ます。
今回開催されてるのは、「織部大茶会・現世織部三昧フェア」古田織部の「奔放自在、平等な感性」を生かした茶空間が作られ、茶人の織部と焼き物の 続きを読む…
4月ももう終わり、いよいよ風薫る5月
世間はGWです、この時こそ絶好のPR日和と願いたい、
春に3日の晴れはなし、あまりの良い天気が不安です。
3.4.5日が晴天になってくれことを祈っています。
そこで土岐市駄知町の「だち窯やめぐり」の紹介をします。
土岐市内の窯元などが、春の陶祖祭とは別に行う陶器まつり
泉町、土岐市陶磁器商業団地、伝統産業会館などでは、陶磁器の廉売市や展示販売など多彩な行事が繰り広げられます。
駄知町では9軒の窯元が工房を公開「だち窯やめぐり」です
道の駅「どんぶり会館」には広い駐車場があり、そこから無料のシャトルバスが走ります。
 普段はなかなか窯場を見ることが出来な 続きを読む…
初夏のような今日は、山の稜線が新芽の緑でぼけて
見えます。
初夏のようで春は変ですが「春の息吹」を感じ、
千古乃岩の酒蔵では、すっかり静まりかえってます。
いよいよ連休、連休は張り切って仕事をします。
その前に今日は、勝手に休みをもらってまたまた、
万博・・・へ
行く度に新発見、瀬戸会場の愛知館も自然に触れら
れた気がして良かったですよ。
「もしも月がなかったら」でも地球環境について考
えさせられました。
もっと多くの人に見てもらいたい万博だと感じます、
日本人の義務ぐらいにしてもいいとさえ思いました。
それには入場料が問題だし、小さな子供やお年寄りに
は大変そう、
実際私も母を連れて行く自 続きを読む…
 「土岐市も良いよ〜」
駄知町主婦日記 千古乃岩のお母さんの想い
 春の使者「ギフチョウ」がふ化を始める
土岐市では、
大地の恵みの山菜採りでは「ワラビ・土筆」
秋の「キノコ・自然薯」
お花見では「サクラ・ツツジ・ふじ」
小川では水遊びと、四季を通して
自然と戯れて楽しむことが出来ます。
野鳥観察だって出来るしね。
 
 50年ほど前の山は、下刈りや薪拾いと人が入り
山は守られていたと思います。
現在は、土岐市の中央丘陵地で自然を残しながら、
整備され安心して遊べる自然公園が造られています。
 このところの悲惨な事故をテレビで知り、
被害にあわれた方々を思うと心が痛みます。
何時何処で被害 続きを読む…
今日は第4日曜日、昼間の気温は22度
久し振りに何もない日曜日、
 主婦日記を書くのには、もってこいだね
ウキウキして・・・え〜と、
さて何から始めよう、
取りあえず、庭先の桜の花びらを掃いた、
まだヒラヒラしてる、
 いつもなら第4日曜は多治見セラミック
パークMINOでセラパーク「商人市」
(あきんどいち)なのです。
今月の商人市は、22日から始まってる「織部大茶会・現世織部三昧フェア」のイベントもあり、「多治見陶器まつり」にあわせ9、10日に行われたのです。
 そんな訳で久し振りに、何もないのんびりとした日曜日、
そろそろ温かくなってきたし、冬物をしまっても大丈夫でしょ?!
と言 続きを読む…
駄知町主婦日記・千古乃岩のお母さんが
初めての経験「裸婦デッサン」会へ出掛けるの巻です
 恐れ多くも安藤實先生に誘って頂き、多治見市文化会館で開かれている「裸婦デッサン」へ行ってきました。
多工のデザイン科を卒業してるので、多少絵は好きで石膏デッサンの経験はあるのですが、裸婦を描くのは始めてです。
 裸婦の撮影会へは行った事があるのですが、シャッターを押すのと絵を描くのとでは違い、自分の手を動かさなくてはならない、果たして筆が走るのかとても心配でした。
 夜7時から9時までを10分ポーズ5分ポーズ3分ポーズと続き、初めてでなかなかペースをつかむ事が困難でした。
それでも始まると、かなり集中 続きを読む…
2005/04/22

今夜の筍料理

駄知町主婦日記・今夜の料理ちごのいわ中島和子
 昨日の雨で筍は、水を得た魚(肴)のごとく芽を出して
我が家へ届けられました。
何処からとなく届けられる春の大切な食材の一つ、今夜も
旬を感じさせる一品となりました。
 筍の入った袋の中には、丁寧にコヌカが添えられてます。
大きな鍋たっぷりの水にコヌカを入れ、多少の皮が付いた
筍を適当な大きさに切り、ぐつぐつと茹でます。
 採れたての柔らかいタケノコは、アクもないので薄く切り
田楽風にしたり、そのまま味噌汁の具にしても美味しく簡単
に食べられます。
ワカメとシーチキンを入れて醤油で煮るのも、それぞれの味が引き立ち日本酒の肴にもなります。
 な 続きを読む…

駄知町主婦日記 中島和子の桜情報
13時ごろ、今日の万博会場の気温は13度
駄知町では、冷たい雨に桜の花びらは徐々に散り、枝には
きみどりの葉がつき、いよいよ新緑の季節へと移ろうとし
ています。
 土岐南多治見インターから、東海環状道を走ると山々に
ピンクと言うより白い山桜が、雨にけむり今を盛んとしな
がらも、ひっそりと咲いています。
 「桜情報に続き・万博アクセス情報」
 今日は東海環状道を利用したバスに乗り、
万博に行ってきました。
バスは東濃鉄道の「EXPOライナー」
土岐市駅裏を12:30発、万博会場着は13:05
乗車時間はぴったり35分間、これはスゴイ!
土岐市駅 続きを読む…

駄知町 千古乃岩のお母さん・一品料理の紹介です。
あまりの陽気に誘われ陶史の森へ、
配達の途中に、ちょっとだけのつもりで立ち寄ってみた。
やはり花見や山菜採りに来てる人が多い、
食べることに目のない私は、すぐさま森の中へ、
と言っても蛇が怖いので道の脇ぐらいですます。
いざ陶史の森に入って見ると、ミツバツツジの多いのに
驚ろかされます。
笹の間にしっかりと、もうワラビが出ています。
うぐいすが上手に鳴いています。まだ他にも鳴いてるのですが
残念ながら私には鶯の声しか聞き分けることが出来ないのです。
自然の宝庫は食材の森でもあります。
春はワラビで山菜採り、実は秋はあのキノコが取れ、 続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192