メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

いよいよ9月16日からの国際陶磁器フェスティバルまで2カ月余となりました。
市民サポーターとしての準備も急がれます。なのに・・・
物販のチームとしての義務とは言い過ぎですが、東日本の大震災から半年を迎える9月からの
イベントですべきことを考えました。
 セラミック・アートから「セラート」と名付けられ、自由に成形でき焼成出来る
土岐市立陶磁器試験場で生まれたセラートです。
その技法を生かして千羽鶴を折って復興支援を行います。
義援金を含んだ参加費でツルを折って頂き、
焼成前のツルと完成品を交換し次の人へとリレーしつなげていきます。
上の画像はセラテクノで研究開発された「セラート」です。私 続きを読む…

 大変ご無沙汰の土岐市の酒蔵 
千古乃岩のお母さん中島和子です。
秋と言えば芸術・・・
秋も終りなのに、まだまだ紅葉もこれから~。
各地で紅葉のライトアップが行われます。 
 さかさもみじの曽木温泉は13日~23日です。
 多治見市では
セラミックパークMINOにて陶芸家の
玉置保夫先生が・・・高蔵寺にある春日丘高校PTAの役員OB会長をされてるのでお世話になり、
そんな関係で、友人と言っては恐れ多いのですが市之倉町の仲間と一緒に親しくして頂いている。
その玉置先生「多治見市制70周年記念 玉置保夫の世界展」11日~16日開催
地元紙の東濃新報主催で個展が始まりました。
 独 続きを読む…
4月に新聞記事で「背水の陣」でのぞむ神谷プロデュサーに、
何かしらひかれて
国際陶磁器フェスティバルhttp://www.icfmino.com/japanese/top.html
市民サポーターに。
あれから2カ月市民サポーターから市民委員に格上げ?
企画の立ち上げから参加することとなり、楽しみも苦しみもしっかり味わうことと。
家族の理解があり参加をしてるのですが、さすがの私も先日の会議は参ってしまった。
6時から始まった会議はグループに分かれ話し合いを、その後順にプロデュサーと審議、
私のグループの相棒は夕方が忙しくて欠席がち、もちろん相談はして来てるから良いのですが、
続きを読む…
時の経つのはまったく早いもので、もう6月・・・
梅雨の頃となったとは驚き、今年はうっかり何月だったのか?
忘れてしまうほど山の景色が例年とは違うのです。
桐の木に花が多くついてるし、ツツジもまだ花を落としていません。
私も今年は地元で大いに花を咲かそうと活動開始、
来年の陶磁器フェスティバルの市民サポーターに登録です。
もとより「食と器」に興味があって、
早速に「地元グルメ」の担当となり、
資料集めに友人と秘かに食べ歩きをしてます。
最近のブーム「ロールケーキ」を求めての日々、ちょっと食べすぎかも?
きょうは土岐市のオアシスOasisさん
へ、
新店舗は、国道19号沿 続きを読む…