メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

2007年 いろいろありました。
今後への期待をこめて第一に挙げるトピックスは
岐阜県県民エディターとして織部賞受賞者への取材をしたことですね。
その結果は凄いよ~立派なレポートとして出来上っています。
どうぞ今年の締めくくりは、岐阜県公式ウエイブで!!
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11151/e_oribe/editor_web/03hayashiya_01.html
または、こちらも http://www.gakuenblog.com/dachi/9364
では、また来年も宜しくお願いいたします。
       千古乃岩のお母さん中島和子で 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
曇り空の今日などは雪でも降るかと思うほどでした。曽木公園の紅葉を見に行かなきゃーなどと、
思っていたのですが。多治見へ~
今夜は和田一人さんと共に、セラミックパークMINOレストランクレイでの「織部賞多治見地区での打ち上げ会」に
県民エディターとして参加してきました。
とても見づらいですが、セラミックパークMINOの池の水面がライトアップされていて
揺らぐのが見られてなんとも美しい表情を表します。
後ろは茶室、その裏にぽっと明るいのはもみじの紅葉です。
これは是非実際に行って見るべきですね~。
ちょっと感動しますよ!!
普段では 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
いよいよ新酒が発売で~す!!と書かなきゃー
いけないのに、
まだまだ織部賞からの興奮も冷めぬまま、
県民エディターとしてのレポートの成り行きが気になっていた私です。
やっと!!完成~・・・ 歓声~「ヤッター!!」 です。
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11151/e_oribe/news/detail.php?id=20071106212653
是非こちらを、
7名の方へのレポートが載っています。
和田一人さんとお互いが助手となり、カメラマンとして協力し合えてここまで来たのです。
そして未だに 続きを読む…
 土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
 きょうは茶の湯の魅力にはまってしまった友人と共に、
 びわ湖畔の佐川美術館「楽吉左衛門館」へ。
 岐阜県陶磁器デザイナー協会の研修会旅行に、会員である和田一人さんの
誘いで会員外の私も参加させていただきました。
佐川美術館「楽吉左衛門館」は、
今年の秋9月15日に佐川急便50周年記念事業で開館した美術館であり、
第1回織部賞受賞者の楽家15代楽吉左衛門さんの設計の茶室があり、
第6回織部賞受賞者の林屋晴三さんも、講演でお話をされていたほどの、
今一番話題の美術館ではないでしょうか。
ちょうど行きたいと思っているところ 続きを読む…
織部賞を語るには茶の湯を知らなきゃー!!という訳で
いざ~京都の大徳寺へ
織部賞受賞者の林屋晴三さんへの取材でレポート提出したのですが、ウエブオリベへのアップがまだのようですが、
オリベウエイブは、 http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11151/e_oribe/
読もうしてくださった方へのお詫びに、ちょっと私の目で見た茶の湯に関する一コマを紹介します。
11月4日織部賞が済んだ後の11月6日(火)に京都へ、
前日の雨がしっとりと苔を濡らして、紅葉には早いものの十分に日本の秋を堪能。
京都は秋の特別公開中につき大徳寺界隈での「黄梅院」(おうばいいん)へ入る 続きを読む…
2007/11/08

織部賞写真展

土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
二年間待ちに待った第6回織部賞は、11月4日があっという間の熱い秋の一日として過ぎ、
それぞれの心に余韻は強く残っていることでしょう。
私にとっても今回の織部賞は特別な思いがあり、すっかり茶の湯の魅力に取り付かれてしまったようです。
県民エディターとして受賞者の林屋晴三さんへの取材をしレポート提出したのですが、
オリベウェイブhttp://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11151/e_oribe/にアップされていないようです。
そこで会場の画像を見ていただき楽しんでいただこうかと・・・・
セラミック 続きを読む…
岐阜県土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
・・・・・・・・・・*11月16日に書き足しました。
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11151/e_oribe/news/detail.php?id=20071106212653
どうぞこちらをご覧ください。・・・・・・・・・・・・
11月4日(日)は二年に一度のお楽しみ、わが岐阜県が全国に自慢すべき織部賞の授与式の日でした。
第6回の織部賞の受賞イベント会場は、多治見市内のセラミックパークMINOでした。
今回は選考委員長である磯崎新さんは特別な思いがあったことでしょう~。
何といって 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
きょうも気持ちよく、まさに秋晴れです。
余談ですが、先日アメリカ人の親戚が来てた時に、私は彼女に「今日は天気がいいね~秋晴れだね」
と、その後に付け足しました。「この言葉は訳さないほうがいいよ秋晴れが違ってしまいそうだから」って。
日本には、日本人特有の美意識があり、その中でも茶の湯には全てが凝縮されているのではと思われます。
11月4日の第6回織部賞授賞式の記念展示ではセラミックパークMINO茶室懸舟庵にて
林屋晴三氏の見立てと取り合わせによる茶室が公開されます。
池のほとりにでは、もみじやツツジが秋色にいろづき始めているので 続きを読む…
大変ご無沙汰していました~実はまもなく11月4日(日)の岐阜県多治見市で
『第6回 織部賞 授賞式』の開催 です。
詳しくは、http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11151/e_oribe/ ご覧下さい。
やきものに携わっていなくても、子供の頃よりやきものはいつも近くにありました。
そんな中、高校生時代に知った桃山時代の志野・織部のなんともいえない魅力的なこと。
多治見工業高校にはその当時(?十年前)は電気科・機械科・窯業科・そしてデザイン科があり、
校内にはガッチリした妙な造りの建物があり、それは学生が入ることが出来ない
これは、織部の里公園に展 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。秋といえば「食欲の秋・芸術の秋」中津川は栗の産地としても有名、秋と言えば栗きんとんです。しかし今日は別な中津川名物を紹介します。
限定品「栗子餅」(くりこもち・中津川市の恵那福堂さん)と、博石館名物の「ピラミッドカレー」も画像で紹介。(恵那と中津川が複雑ですが・・・旧恵那郡だったりしたためでしょうか?)行楽の秋にも中津川へ「紅葉狩り」に温泉に、そして穴場でもある宝石探しに「博石館」へ・・・。先日のある日に、第3回織部賞・知事賞を受けられた岩本哲臣さんとお会いする為に、中津川市蛭川町「博石館ストーンミュージアム」へ行ってきました。(岩本さんを知る 続きを読む…
ページ一覧: 12345