メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

セラミックパークMINOにて実演
クリスマスに合わせデコレーションされたケーキは
若い女性を引き付けます。
さすが昨日の実演は、
多治見 シェ・シバタ パティシェ 柴田 武 氏
さすが手際の良さと、華麗さにも、
人を引き付ける魅力があります。
明日は、魚関さんの料理盛り付け実演が、
最終日は、そば処 井ざわ さん                     蕎麦打ち実演です。
続きを読む…
秋のフルーツをコンポートに
そんな似つかわない事を考えた、
そこまでは良かったのです。
甘味の少ないりんごがあったので
早速に冊子に見つけたレシピにそって
りんご1個
水 2カップ
グラニュー糖 70グラム
レモン輪切り 3〜4枚
塩水にさらしてから
りんごが透けるまで煮る
だんだん良い香に包まれてきます、
そこでふと思ったのです。柿のコンポートも良いかな〜って。
新潟から送られてきた渋抜きされた柿があったんだー。
以外と良いかも〜?
鍋の中りんごの横に並べて煮詰めたのです・・・が
10分20分と時間が経ち、味を 続きを読む…
急ぎすぎてタイトルさえ忘れました。
今日明日は多治見市市之倉町さかづき美術館前にて
秋の陶器まつり が開催中です〜
是非お出かけを〓〓〓
私はお酒の試飲コーナーを
設けて皆さんのお越しをお待ちしています。
続きを読む…
2007/10/02

祭りが終わり

雨にも関わらず多くのお客様に来ていただいた
駄知どんぶりまつり
無事に終わりホットしています。
やっと、三日間降り続いた雨もあがり晴れ間が
まさに秋晴れにて爽やかです。
各会員宅では看板を広げて干しています。
天気が悪かった事で、来て下さった方への
感謝の気持ちがいっぱいになりました。
有難うございました。
続きを読む…
しとしと秋雨降るにも関わらず多くの方に
お越しいただいてる「駄知どんぶりまつり」です。
大芋煮会では、高台のセラテクノ(どんぶり会館前)では霞んだ山に囲まれて
復元された亀吉どんぶりに盛られた芋煮に舌鼓をうち
小寒いテントの中では当たりくじに
歓声が響いています。
そして、昨夜は運良く晴れ間もあり、町民からの協力による花火大会も盛大に開催されました。
きょうは、芋煮やラーメン、そして窯場巡りが行なわれています。
是非みなさんもお気に入りの器を見つけに、駄知町へお出かけになりませんか!
続きを読む…
やっと動きだした。
二時間半以上も停車したのに
日本人は偉いね〜
何事もなかったように車内は静です。
                   
米原を出て岐阜羽島辺りを走っているのでしょうか、
外はひどい雨のようです。 
   
車内の電光掲示板の赤い字を初めて目にしました。
まずはヤレヤレです。
続きを読む…
チゴノイワのお母さん 中島和子です。
京都で友人と会い19時26分ののぞみで
名古屋へ向かいました。
名古屋到着予定は20時02分でした。
京都駅を出発してから京都の友人に「やつぱり新幹線のぞみは速いね〜」とメール
ところが今・・・米原駅?
岐阜羽島辺りが大雨との事・・・
天気ばかりはなんともなりません。
米原駅に新幹線が並びました。                                                   窓の向こうにも、その向こうにも新幹線、メールを打ってる間に八時半になりそうです。
京都を出てから一時間経ちました。
続きを読む…
夢に向かう車中にての事
台風が東海、関東へと近づいてるころ
奈良へと、東海道本線を「特急しなの」で京都へ
新幹線を利用することが多いのですが、今回は台風の影響を考え
多治見から京都まで乗り換えがない特急で
一日に一本あったのです。長野から大阪行きが
初めての多治見から京都へ二時間の旅です。
京都で雨が降ってたのかは分からないけど
駅の手前で夕方の六時過ぎ
東の空にデッカイ虹が現われました。
久しぶりに見た虹はしっかり半円を二重に描いています。
なんか良い事がありそう〜
ちごのいわのお母さん中島和子
続きを読む…
今日から始まった「陶芸作家展」
会場はかなりの賑わいをみせています。
美濃焼が勢揃い、なんだか見てるだけで嬉しくなります。
続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 チゴノ岩のお母さん中島和子です。
台風が心配された15日の午前11時20分にセントレアを飛び立ち、無事に北海道稚内空港に降りたち、
そして、日本最北端地「宗谷岬」に現地の宗谷観光バスにて到着!!
ここ宗谷岬から、利尻・礼文島よりサハリン(樺太)のほうが近いとか!
本州の内陸部である岐阜県からは、お隣の町が外国であるということは想像もつかない事実であり、
平和ボケをしてる私には、旅行からも勉強させられる事がいっぱいです。
日本列島が長い事も実感、
そして、ここにはまだ戦争の傷跡もあることを知らされました。
画像の「氷雪の門」から見えるのはサハリンの方角なのだそう 続きを読む…
ページ一覧: 12345678910