メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

三日間の仲間を紹介します。お隣の「株式会社 エムケーAK」さんのDさん、
瑞浪高原ゴルフ倶楽部http://www.mizunami.ne.jp/kogen/
料理長 森野 史郎さんの・・・・(部下?)
昨日の我が家の食卓「ビーフカレー」に大いに関係あり、
今回お隣で販売のカレーは、まさにレストランの味、一流ホテルの味。
家庭用にレトルトにされていて、我が家では鍋に移して温めました。
黙ってたら「今夜のカレーは特別美味しいね〜」と言われること受け合い。確かに・・・
料理長自慢の「」レストランの一品をご家庭で美味しく召し上がれる
オリジナル料理素材と技術で味付けし守っている大切な伝 続きを読む…
假屋崎省吾さんが昨日のオープニングでの
活け花デモンストレーションで活けられた花が、
会場内に展示されています。
「うながっぱ寿司」も、「どら焼き」など販売され、
今日も私のランチとおやつになりました。
仕事もしなきゃーね。
しかし夜は、土岐市の花火で心ここに在らずかな〜?
よ〜し頑張らなきゃ!
続きを読む…
今日から開催の陶磁器フェスティバル会場より
まず目にとまったのは
今 話題のうながっぱが幾つも
熱いお茶でパクリといきたい〜
うながっぱのどら焼き、うながっぱもなか、うながっぱ巻きと話題を独占。
続きを読む…
2008/07/31

55才の夏

明日から8月、すでにすっかり真夏を実感しまくり、
いよいよ明日からは、お盆行事を嫁として果たさねば。
だが、私は日本一暑い多治見市のセラミックパークにて
いよいよ始まる 「国際陶磁器フェスティバル」へ、
岐阜県物産展への参加です。
益々暑い多治見を感じて来ます。
昨日までの私は、安藤先生の助手の助手として熱く、
絵天井の制作に関わっていました。
また明日からは仕事、「55才の夏はなかなか忙しい。」 嬉しい悲鳴です。
16畳の絵天井に鳳凰を描きます。
続きを読む…
昨日の暑さは尋常ではなかった。
多治見市の気温38、3℃、やはり全国一だったらしい。
土岐市は多治見市のお隣り、保健所や税務署など管内は同じです。
土岐市は気温は多少低いものの他人ごとではない。
今日も朝から、かなり暑い、明け方から鳴いてたセミも今はひっそりと
暑すぎるのだろう。
さすが沖縄の朝顔ルコウ草は花を咲かせてます。しかし・・・
下記の画像2枚からも分かるようにチブネコもかなりバテテますよ~。
続きを読む…
スクーリング三日目「スポーツ実技」
バレーボールを離れてウォーキングを
一年次から四年次の方が選択されての受講、
三日目はウォーキングとなりました。
奈良公園・ならまち・東大寺・春日大社へと巡り
私の万歩計は14000を示しています。
暑い日となりましたが楽しく元気に三日間を過ごし、
スクーリングのいつもの緊張感も、時には楽しいコミュニケーションの場となり、
孤独な通信教育の科目も、また頑張ろうという気持ちになります。
こちらは、十輪院さんの本堂の前で花を開いたはすです。
続きを読む…
今日は奈良大のスクーリングに参加
今回の通信学部での授業は「スポーツ実技」
不思議に思われるかもしれませんが
奈良大は特殊な科目も多く、通学部でも必須科目らしいのです。
先生は「奈良は暑いです、体調には充分注意を」と言われますが、
私には奈良は涼しく感じられるのです。
それもそのはず、多治見では今日、なんと全国最高気温(いっときのこと)を記録したとテレビで
37、1℃との事!
さすがに多治見も暑かったようです。
今朝の奈良若草山に日が昇る様子は、
確かに暑い日になるのを感じました。
さて明日は、どんな日になるでしょう。
続きを読む…
毎日うだるような暑さが続いています。
お中元商戦中というのに私は絵筆をとり
忙しくも楽しい日を過ごしています。
と言うのは、安藤實先生がお宮の社務所増改築に伴い
絵天井を奉納する事と。
そこで私は、微力ながら色塗りの助手をさせて頂くことに。
今月末までには32枚の完成予定です。
では、また完成時には画像をアップします。
どうぞご期待を。
続きを読む…
夏あついのにも関わらず
畑で盛んに実を付けるのは
通称「たわけ豆」いわゆる「モロッコ豆」
みそ汁の具にも良いでしょうか゛
味噌和えも食卓の一品となります。
続きを読む…
2008/07/10

土岐城へ登る

土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
早いものでもう7月、今日は10日セミも鳴きだしました。
昨日は、瑞浪市の美濃源氏フォーラムでご一緒のOさんご夫妻の案内で
土岐氏の居城であった鶴ケ城(土岐城)へ、
運よく雨に合うこともなく、濡れた山道がしっとりした緑もきれいでした。
「土岐双生竹」不思議な名前ですよね~。日本でも自生している地が瑞浪と新潟、そして愛媛?だけとか?
山城とは言うものの急な坂を歩いて10分程で頂上へ到着。
「ここが城跡か~!!」決して広い所でもないのですが、この城で町は守られていたのかと思うと感動でした。
続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192