メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
今年は紅葉が遅くて、曽木公園の“さかさもみじ”の見ごろは
11月中旬頃からだったようで、まだまだ楽しめますよ〜。そしてここでも。
夏の終りからの雨や台風が少なくて、未だに落ち葉が少なく感じられます。
桜の葉も未だに木々に葉は付いたまま、
「今年はサクラも紅葉してるね!!」の声を耳にして、見ると
見慣れた桜の木ですが、確かに葉が赤くなり木々にあります。
確かに桜の木の紅葉です。しっかりと町に彩を添えています。


続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
今日は「セラパーク楽々市」と「正助苑ティータイムコンサート」の掛け持ち、
いつもの事ながら、準備もそこそこでコンサートの開催に我ながら驚きです。
今回も演奏は吉田裕子さん、
作曲家でありピアニストである吉田裕子さんと、友達である事を痛切に感謝です。

昨日になり会場のオーナーから電話があり「プログラムはどうするの?」と、
「用意をしていません」と返事をすると、「そりゃー駄目よ」と答えが返り・・・。
ええっつーどうしよう、何とか納得いただかなきゃー。
そこで昨夜一晩寝ないで?考えた結果が、画像のような手描きのモノとなりました。 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
今日は11月の第四土曜日、毎月恒例の多治見セラミックパークMINOにて
『セラパーク楽々市』です。早いものでもう11月です。
今月のお勧めは・・・もちろん千古乃岩酒造の新酒を売り込まなきゃー!!
生酒と原酒の試飲と即売です。ドライバーの方が多くて試飲ができなくて、
板粕で作った甘酒をポットに入れて振る舞いをしてみました。
美容と健康にと多くの方に飲んでいただきました。

お昼は出店されてるお店をぐる〜りと廻り・・・
さて今日は?
毎月の出店なので色んな工夫で参加です。
こちらは洋品から雑貨を扱われてます。
本当に可愛いものも 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
今年の紅葉は遅くて綺麗さもイマイチとか・・・
とんでもない!!土岐市曽木町へ来て見てください。
静かな山間の町、空気が澄んでて幾つかある池はシーンと静まり返り、
池のふちで見てると吸い込まれそうです。

町の皆さんのボランティアによってライトアップが始まり、
今では土岐市内で一番の観光客を呼べるものとなってる。
住民の町を愛する熱意で今の“さかさもみじ”があるんですね。



続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
そろそろ冬眠を、と思っていた22日は小雪・・・?日中は車の中は暑いほど、冬眠は少し伸ばす事にします。
というのは26日(日)に多治見市池田町の正助苑画廊牡丹にて、
『吉田裕子 ティータイムコンサート』を開催する事となったのです。

ポカポカ陽気でお庭を眺め、
画廊牡丹では、11月30日まで
『安藤實・色紙展』開催中

久しぶりに先生を訪ねてくれた友人が、
26日の手作りチラシの色塗りを手伝っ
てくれました。
先生の目がとっても優しい・・・
広いお庭の脇にある画廊でのコンサートは、
決して他では味わえないものです。
続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
土岐市は陶磁器産地の一つ美濃焼の原産地です。
地場産業は何と言っても製陶業です。栄えてもらわないとたいへん。
今回のナゴヤドーム“”ドームやきものワールド”には全国の産地からの出店があり、
わが町・土岐市からは車で一時間余、瀬戸、多治見に続いて比較的近く、
出店者に知り合いが多くて声を掛けていただいたりして、嬉しいかな
ゆっくり見ることが出来ませんでした。

 毎日の食事の中で使われる器が、豊かで楽しい
ものであってほしいです。
 料理が一層輝きを持ち、食卓は家族との語らい
の時間となるでしょう。
日本の文化に乾杯って言いたく 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
どんぶり会館のレジ当番を早々に交代をして名古屋TOKUZOへ。
加藤みきおさんに紹介をして頂き夏のコンサートで出演をいただいた
なるせ女剣劇団が名古屋へやってくると言う事で、出かけたのです。
「爆乳シスターズ」と言うグループと一緒と言う事でしたが
(ゴメンナサイ)始めて知ったのですが、めちゃ!!面白かった!!
笑って涙が出たほど、グループ名からしてお色気プンプンかと思いきや、
お笑いグループ?コミカルなおしゃべりが爽やかなお色気で
「キャーいや〜ん!!」といいながら目はぱっちりです。
もちろんお目当てはなるせ女剣劇です。チャンバラもしっ 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
寒くなってきたし冬眠を・・・と思っていますが外の様子も気に掛かります。
18日は青山双男さんが瑞浪で“やきものの研究発表”をされたのでが、
伺う事が出来ませんでした。
多くの方が来られていたと聞き、ホッとすると共に行きたかった残念さも。
せめて名古屋ドームへも行かなきゃー。
それに19日は、京都のなるせ女剣劇団が名古屋へやってきます。
19日の天気は曇りから雨でしょうか?
山は少しづつ色づき紅葉してくる様子に、どんぶり会館のお客さんが多いことを祈り、
物産コーナーのレジ当番をします。
途中で息子と交代をして、名古屋へ出かけましょ 続きを読む…
東濃地方でロウジは、黒い松茸と言うほど貴重なもの。
「ロウジ」は、どんぶり会館物産部での売れ筋商品の一つ。
アーア・・・今年も地のロウジは食べられなかったね〜。
ロウジも最近では中国産が出回り、私も今年は中国産を買いました。
でも大丈夫、ロウジはやはりロージでした。
ほんのり苦みばしった大人の味で美味しかった!
ほろ苦さが胃に良いとされ、高級料理として尊重されています。
焼いて生姜醤油という簡単料理なのですが素朴な田舎の味そのもの。
見た目はまるで墨でも食べてるようですが、ふと遠い日を思い出させます。
「来年も何気ない、こんな時間が過ごせますように」と、願いつつ酒の肴としました。 続きを読む…
                      ・ ・ ・
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のおかみ中島和子です。
この時期の酒蔵は忙しい、そして酒蔵は寒い!!
という事で、賄い婦として家の中で一番温かい台所で冬眠をすることに。
では台所で冬眠、また食材と登場をいたします。

寒い日は、野菜たっぷりのブタ汁というか芋煮とも言いのか?鍋にたっぷり煮て二、三日で戴くと主婦も助かります。
先日の京都では、とっても美味しい芋煮をご馳走になりました。
芋はサトイモと思っていたのですが、こちらは幻の安納いもが入って、
すご〜く贅沢な味、ほんのり甘くてほろっと口の中でとろけて、始めて戴いた
京都の西大 続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192