メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

 最近の私といえば、千古乃岩のお母さんを返上し不良主婦しています。
そう・・・頑張って、おりこうさんの主婦にならなくても良いのだから。
「11月は仕事をしなきゃー」と思った時は、さてどうしようと、
かなり憂鬱にもなりました。しかし、頑張っても出来る事は限られてるのだから。
 だから出掛るわけでもないのですが、4日は加藤みきおさんのブログで紹介されてる
コンサートへ出かけます。
 私も明日香ちゃんのフアン!!
励ますつもりで行っても、きっと私が元気を貰う事でしょうね!!
 
加藤みきおさん、明日香ちゃんお酒を持っていきます。
小さく・・・「すみません勝手に作りました。」
 5日は土岐市 続きを読む…
先日のこと、ちょっとドライブで460キロ走った。
一度は行きたかった白山スーパー林道ですが、同乗者には言えないけど恐かった!!
ちなみに運転手は私です。
女三人が崖から落ちるわけにもいきません、腕がつりそうな感覚もあり、
「中腹が見ごろとのこと、先へ行っても一緒だからこの辺で引き返そう」ってことで、
 しかし懲りない私はせっかくだからと五箇山へ!!

荘川沿いを走り立ち寄るのは、ダム湖に沈む運命であった“荘川桜”を見ることです。
NHKテレビ『さくら』で国鉄マンが国道沿いに桜を植え続けた話を知ってから、
何年経つのでしょう、私にもこの桜が特別のモノに見えるのです。
この場に立つと多く 続きを読む…
 遊び呆けてる訳と、私の力でなんとも出来ない辛さが、
私の憂鬱を起こしているのでしょう?!
 掃除などは、「たとえ部屋が汚れてても、人は死なないんだから」と、
洗濯だって「まとめて洗えば一緒だから」と、家事を放棄し連れ立って遊んでいます。
 人の心を開くきっかけを模索しながら、自然の美しさに触れたり美術鑑賞と、
しゃれこんではいるものの、晴もあれば曇りもあります。
先ずは周りの協力が必要、なのに理解できなく冷ややかな目も、
 そこで、預かる日数を減らす事に、しかし、それが今の私を苦しめているのです。

続きを読む…
2006/10/29

主婦の憂鬱

夢に向かって・・・
「主婦の美術観賞日記」を書くべく・・・
MIHOミュージアム(滋賀県信楽町)『青山二郎の目』展
 今回の美術館「MIHOミュージアム」へは二度行った事があります。
 とにかく山の中の広大な建造物と、常設展示品のアジアの仏像が印象的であったこと、
塵一つさえなく空気すらキレイな美術館であり、その規模に圧倒されたのでした。
しかし、交通の便も悪く一人ではなかなか行けない場所、秘かに行く機会を待っていました。
 そして今回は、幸いにも安藤先生たちと『青山二郎の目』展を観に行くこととなったのです。
 私の知ってる青山二郎は、骨董に対して目利きであり、白州正子の師匠であるとい 続きを読む…
爽やかな秋の一日を美濃路で“芸術の秋”を満喫しませんか?
10月21日(土)22日(日)は多治見市市之倉町で『やっとこさ祭り』が、
笠原町が多治見市に合併をした記念イベントとして多治見市市之倉町の
さかづき美術館前広場で開催。
土岐市では美濃焼伝統産業会館のある陶芸村にて秋の伝産まつりが!
私は毎月のセラミックパークにてのセラパーク楽々市、
今月の側面を飾るのは安藤實先生のコレクション『世界の仮面展』です。

11月のセラパークには新酒を試飲して頂けますが、今月は何を・・・
おでん缶がリニューアルしたのを早速販売する事に。
今月はこれぐらいに、では来月のセラパーク楽々市をお楽しみ 続きを読む…
突然に中日新聞近郊版に載ってる!!いったい何が何処にですね。
今朝20日私のもとに高蔵寺に住む千古乃岩の社員から届けられた新聞の記事です。
近郊とは、愛知県春日井・高蔵寺・小牧・犬山・瀬戸辺りを指すのでしょうか?
新聞のタイトルは『ひと 彩々』愛知北エフエムのパーソナリティー
犬山の歌手 明日香さん「常に音楽ネタで楽しく」
「名古屋音大一年の時に「花むすびと」で歌手デビュー世界歌謡祭でグランプリを
受賞しレコードは約30万枚売れた。」経歴の持ち主

今の明日香ちゃんは、とっても気さくで優しいお母さん、
小学3年生の長女、4歳の長男と療養の為に犬山市へ戻り
音楽活動もしつつエフエムの 続きを読む…
岐阜県土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
どんぶり会館の物産に多少は関わってることもあり、出かけた時には
心がけて各地の道の駅に立ち寄ったりします。
いろんな発見もありますが、今回は「道の駅・福寿の里」で、
珍しい野菜を発見!!「四角豆」?

説明には「四角豆 すじをとって胡麻和え・てんぷら・炒め物・煮物等でどうぞ!」
すじがあるとの事、確かに豆のさやにはすじがあるはず。しかし「若いさや」には取れるようなものはありません。そして中に豆らしいものもありません?
まー食べてみれば豆のさやらしき青臭さもあり、にがうりに似た雰囲気を感じます。
まずは、「油いため 塩コシ 続きを読む…
岐阜県土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
10月も中過ぎて朝夕は涼しくはなったものの、16日は真夏を思わせるような陽気でした。
しかし、山は間違いなく秋に近づいてきてるようです。
秋の味覚“きのこ”とても庶民的な感じの“いくち”を頂きました。

そして こちらは種子島の幻の芋と言われる“安納いも”です。
先日のこと、友人と訪れた農家で「種子島の幻の芋を作ろうと試みたが失敗をした」と聞き、
友人が「親戚から送られて来て家にあるよ」そこで、是非譲ってということになったのです。
とても貴重な芋なのに早速送られてきました。どうもありがとうございました。
すご〜っく喜ば 続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
秋晴れの一日のんびりと土岐へ遊びに来ませんか?見どころもそこそこあります。

 アウトレットに初出店というお店もあり、遠くからも来られてるようです。
 右の画像は「メゾピアノ」可愛い女の子の洋服が並び、どれをとっても「わぁーカワイイ!!」
並んでるのはレジを待つ列が外まで、店内は入場規制があったりして、万博を思わせるようでした。
 土岐市へ訪れた人に、『また来よう』と思ってもらえたら嬉しいですね。
 その一つがフードコート内にある案内所です。是非そちらにも足を止めてみて下さい。
土岐では皆さんのお越しをお待ちしています。

続きを読む…
土岐市駄知町の酒蔵 千古乃岩のお母さん中島和子です。
朝晩はめっきり涼しくなり酒蔵の忙しい仕込みの季節となりました。
東濃路の銘菓と言えば“栗きんとん”、恵那中津を中心に栗の収穫量も多いのでしょう、
栗を頂いたので手を加えて、“栗きんとん”作りに挑戦することにしました。

茹でた栗を裏ごしをする前に軽くつぶしてみると、
ちょっと色が白い・・・
やはり、少しは黄色がかってってたほうが
美味しそうではないのかと芋を少し入れることに。


茹でた芋も裏ごしをして鍋で軽く水分を飛ばす程度に煮ながら砂糖と塩で味を整える。
そして茶巾搾り・・・始めてのこと、上手く出来ない。
これ 続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192