メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

土岐市駄知町の小さな酒蔵千古乃岩のお母さん・中島和子です。
「三日に一日の晴れ間なし」って諺あったような?でも季節は今じゃないよね?
昨日は多治見へ出かけたのですが「ヤッパー多治見は暑いわ〜!!」
気温は、1時頃から4時頃まで気温が27度〜28度でした。
もちろん車はクーラーを掛けっぱなし、夏場は駄知と2度程は違います。
夏に多治見へ行くのは億劫だなー。今から心配する事はないけど、
まあーだから、駄知が良く思えるんだけどね。
では、多治見の涼しげな所を紹介しましょう!!
多治見市小名田町の「草の頭窯」は、私のお気に入りの場所です。
ひょっとしたら私の前世は「ヘビ」だったりして・・・確か 続きを読む…
土岐市駄知町の小さな酒蔵千古乃岩のお母さん・中島和子です。
我が家には、3ヶ月前の2月始めに猫が捕獲してきた赤い金魚がいるのです。
一匹しかいない金魚がニ三日前に「卵を産んだらしい・・・」
猫が捕獲してきた金魚は、大切にバケツに網を被せて猫から隔離をして春を
待っていたのです。
暖かくなったら何処かの池に放つつもりでいたのです。
二日留守をしてたので、バケツの水を替えようとしてビックリ!!です、
バケツの底に「何か」がくっ付いているのです。
知らぬ間にコケでも張ったのかな?と思いながら金魚を出して洗おうとすると???
白っぽい小さな卵のようなモノがびっしりと底に張り付いているのです。
続きを読む…
土岐市駄知町の小さな酒蔵千古乃岩のお母さん・中島和子です。
土岐市は岐阜県の南東にあって愛知県に接しています。
さらに土岐市の南を走る国道363号線沿いの曽木町は、中馬街道が通っていた
歴史のある町です。
4月27日に国道363号線沿に「バーデンパークSOGI」がオープン、
今までは「曽木温泉の湯」は存在していたのですが温泉施設がなかったのです。
温泉活用型健康増進施設を、市民の健康増進と濃南地域活性化の拠点とし、
開業をしたのです。
温泉の目に前に「やさい」と、曽木町の朝市売場もあります。
明日は今年二回目の日曜朝市です。
陶芸家でもある安藤實先生による看板が、道ゆく人を楽しませていま 続きを読む…
土岐市駄知町の小さな酒蔵千古乃岩酒造
お母さん・中島和子です。
千古乃岩では日本酒の製造販売を行っています。
小売商組合の会員としては、どんぶり
会館物産部への納入もしているので、
息子は、目新しい商品を見つけること
に夢中なのです。
そして今日届いたのが、コレ!!
鬼太郎シリーズです。

ラベルデザインに
「飲むのは、ちょっと?!」
て感じかもしれないのですが。
味も良くて意外と癖になるかも!!
親しみの沸く鬼太郎の妖怪汁と
ねずみ男汁・・・
思い出すのはオリベな「織部賞」です。
これは、まずはお試しあるのみ!
では  また

続きを読む…
千古乃岩のお母さん・中島和子です。
 焦らず募金活動をするための提案です、無責任とは承知ですが、
離れているから考えられる事、知らないから見えることもあります。
 小学生の頃には学校内で行われていた「広島の鉛筆」を思い出したのです。
子供心にこの鉛筆を使うと寄付が出来る。そんなふうに思って注文書が回ると
多くの児童が買っていたのではないでしょうか。
 
 『みらいの夢』とかのネーミングでブリキのバッチを作ったらどうでしょう!!
可愛いイラスト入りで子供も胸に付けたくなる、『ニコニコバッチ』みたいに、
緑の羽根運動などのように全国に広める事を考えてもいいのではないでしょうか。
まとめ買いも 続きを読む…
千古乃岩のお母さん・中島和子です。
“山下みらいちゃんをすくう会”のHPを一日に何度も見ています。
なぜなら募金の金額が更新されてるからなのです。
今チェックしてみて昨日から随分と増えてることに
感激!!「すっごく嬉しーい!!」
募金活動に街頭には立っていなくても気持ちは一緒です。
目標までが遠くても活動を続けれていれば必ず叶うはずです。
HPを見たら多少でも募金が出来るという事になっていたらイイのにね〜。
ボランティアの芝田さ〜ん募金箱の用意があれば送ってください。
店頭に置かせて頂きます。
今日はちょっと嬉しかったので!!みらいちゃんの事を書かせて頂きました。
続きを読む…
土岐市駄知町の小さな酒蔵千古乃岩のお母さん・中島和子です。
今回のブログのカテゴリーを『夢に向かって』としました。
5月も中旬となり学習を進めなければと《人間論?》を開始したところです。
テキストを読み進むにつれてを理解するため、
資料となる柳田邦男の“犠牲”などを読み、星野冨弘さんの突然の障害で
「障害をどう受け止め、希望を持って生きようとしたか」
障害を越えるとはどういうことなのか。
その心の奥には、私達は「託され生かされている」、
誰の命という事無く《命の大切さ》を知る事ではないかと思うのです。
そんな時、芝田さんのブログで難病の「みらいちゃん」の事を知り、
新聞などの情報から 続きを読む…
土岐市駄知町の小さな酒蔵千古乃岩のお母さん・中島和子です。
30年来の友人は私のことを「和(かず)ッ!」と呼びます、この歳になると
恥ずかしさを感じるも懐かしくもあります。
今日は、2,3年前にネットで見つけて買い求めた土雛3点の紹介。
普段は箱の中に納まり1年に20日程 陽の目を見ることが出来るのです。
陶の肌に心安らぎ、ほのぼのとした絵筆に愛(いと)おしさを感じ、
今では私の大切な節句人形となっています。

続きを読む…
土岐市駄知町にある小さな酒蔵
千古乃岩酒造のお母さん
中島和子です。
 かつてはこの辺りには土雛売りが
風呂敷包みを
背に担いで家々を回っ
ていたとか?!
モデルに時代背景を感じますね。

確かに・・・
 子供の頃に不思議でならなかったのは、
端午の節句後には、子供の健康を祈り
一ヶづつ川に流していたのです。
(すご〜い昔の話みたいですが、
50年ほど前、確かに昔・・・)
我が家では毎年買っていた記憶は
ないのですが、きっと他の家は買い
足してたのでしょう。
これは、壇ノ浦の戦いの合戦の場面とか。

このところの和のブームで、
資料館などでは、この時期には
展示されています 続きを読む…
土岐市駄知町の千古乃岩のお母さん・中島和子です。
八十八夜も過ぎたと言うのに今夜は寒くストーブをつけています。
山のミツバツツジはすっかり葉ばかりとなり、庭先のサツキが花開く頃なのですが?
山から庭植えしたツツジでしょうか?大きな花を付けてるのは!?
葉を見るとサツキでもなく、ましてや石楠花でも無さそうです。
ウン〜コンガラガッテキマシタ・・・・
ましてはキメラなんて無理です。
今年は、サツキの花が付くのはまだまだ先のことかな〜

続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192