メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

12月31日は大晦日、駄知町では除夜の鐘が鳴り響く頃からぞろぞろと、
神社へ初詣にと人が集まってきます。
神社の社務所前では「振る舞い酒」が用意されます。
そして厄年のメンバーによる振る舞いも行われます、さて何が・・・
その年により、おでん、ぜんざい、甘酒やカップラーメンなどですが、
さて行ってみないことには何とも言えないですね。
そして、駄知町の名物ともなってるのは「器付き」な事です。
他地区からすればもったいないほどです、さてさて今年は・・・?
そして千古乃岩では駄知町振興会からのご注文で、振る舞い酒の準備です。
我が家では、お宮への納品が済むまで31日の最後の最後まで仕事です。
やりが 続きを読む…
このところの雪で、ヤマトのドライバーさんの顔が引きつってみえます。
年末年始を休む運送会社があったり、雪で車の手配が出来なくてヤマトへ集中したとか?
いろんな事情が重なり大変なことになってるようです。
実はわが社でも恵那、中津川方面への酒販店への配達が遅れてるのです。
一般の家庭への配達にも、そのしわ寄せがきて「大晦日までに届けて」も遅れがち。ゆとりを持って配達がしたいのですが今年は、ぎりぎりになってしまいそうです。
お歳暮で発送した宅急便の荷物も年内に届くのか心配です、心配な地域には「お歳暮」を「お年賀」どうしましょうか?とお尋ねしなければなりません。
駄知町の道路の日陰には雪が残り 続きを読む…
いよいよ、あと5日でお正月、2006年は戌年
夫は年男いつに間にか還暦の歳になります。
私も同じように年を取ってるわけだけど。
夫だけが歳を重ねたわけでもないけど、よくここまで頑張ったねと、
父親を早くに亡くした夫には、還暦を迎える事に感慨深いものがあります。
戌年に特別な思いでいる我が家に素敵な贈り物が・・・
私の友人である美濃の女流染付作家「和田一人」さんから、
来年の干支にちなんで、手作りの『狛犬』が届けられました。
あまりの素敵な作品に、一人で見るももったいなくてブログに登場させました。
今にも何か言いたそう、ひょうきんな顔は作家の和田一人さんに似てる〜?
ワッハーハーだワン!
続きを読む…
24日はセラミックパークMINOにて『セラパーク楽々市』です。
この建物の設計は世界的建築士「磯崎新」(いそざきあらた)氏によるもの、
建築費は数十億とも数百億とも言われています。
手抜きどころか過剰過ぎるほどの超耐震建築と素人の私も感じるほど
ガッチリ!!ドッシリ!!です。運よく会場内にいる時に不気味な空気・・・。
木造の酒蔵であれば家ごと音を立てて揺れるところですが、さすがセラミックパーク、
地面は揺れる感じを受けてるのに、建物が揺れない?不思議な感じです。
震度3だったようですが・・・美術館部分は吊ってあり揺れない構造です。
私達は美術館部分の下の展示ホールです。つい上を仰いで見てい 続きを読む…
12月24日、25日は毎月の恒例『セラパーク楽々市』
多治見市にありますセラミックパークMINOにて毎月開催のイベントです。
やきもの・美術品・雑貨・正月用品・食品・県産品・クラフト作家展・
衣料品・骨董品・オークションなど並びます。
そして今月の企画が『真贋見極め展』なのです、要するに
今、はやりの骨董など美術品や芸術品の「これって本物?」がわかるかな〜?
来場者に本物かどうか当ててもらうというものです。
開場は二日間ともに、午前10時から午後4時まで。
なかなかの作品が並び、工芸品や時代が違う作品など贋作も混じっています。
虫眼鏡も備えてあります、じっくりと見ると知らなかった世界が広がり 続きを読む…
まったくよく降る雪だこと!!
12月22日は「冬至弘法」です。お参りに行かなきゃー
先日の「ゆず湯」や「冬至かぼちゃ」の意味を知ると、
例年よりお賽銭も奮発をし、お願いをいつもより長くし・・・
境内には露天が出てるだろうから、たい焼きでも買い
今日の店の休憩のお茶菓子として、縁起のおすそ分けをしよう。
と考え3時前に出かけました。
恒例の焚き火にあたり、たい焼きの変わりに「たこ焼き」と
「カステラ焼」そして「唐辛子」を買いました。
境内には雪は無かったのですが、寒くて道路の隅などは凍結してるからか、
お参りの人は少なく弘法堂は係りの人がいる位でひっそりしていました。
なんだか今年の冬至弘法 続きを読む…
TVでも「名古屋市内の大雪は58年ぶり」とか、確かに土岐市より雪が残っていました。
バス停の岩越をFAXで説明を頂いたのですが、名鉄バスセンターすらいった事がないので、
行きに電話をしてJRの最寄り駅を聞き、大曽根からタクシーを利用しました。
しかし道路が込んでいたので、帰りは路線バスを利用したのです。
名古屋市内を路線バスで通るのは初めてで帰りにバスを利用しました。
クリスマスまでに「おもちゃのジャンボ」さんへ行かなきゃー
どんどん日にちが迫り焦ってしまい、年末までの休みは今日かな?!といった感じでした。
「千古乃岩酒造」は製造で、屋号を「尾張屋」といい小売をしています。
と言っても建物 続きを読む…
今年は12月の幾度もの積雪に驚いています。
本格的な冬はこれからだと言うのに・・・
12月22日(木)は冬至です。一年中で昼が一番短く、夜が一番長い日です。
冬至には「ゆず湯」に入り、「かぼちゃ」を食べるもの。
と何となく習慣として家庭での年間行事として毎年行ってきました。
かぼちゃの嫌いな息子にも、この日ばかりは、「今日はかぼちゃを食べる日」
「食べないと風邪を引くよ」と言って食べさせてきました。
しかし今回、新事実が発覚!!
風邪予防「無病息災」だけでなく「金運」「災難除け」の意味があったのです。
「ゆず湯」は、お風呂に柚子を浮かべて入るのですが、風邪を防ぎ皮膚を強く
する効果があり 続きを読む…
今年一番の寒波がやって来ました。
12月に雪が積もる事の珍しいこの地方でも、3度目の積雪は15センチ程となっています。
以前に車を運転していて雪道で、あわやという経験があり雪の日は
出来れば家から一歩も出たくないのです。
 そんな雪の日は家の中で温かいものを食べてるのが最高なのですが、
年末はそんな訳にもいかず、お客さんにお待たせしていた「板粕」の
袋詰めの作業をしました。
作業をしながら、『板粕』で作る味噌汁の紹介の事を考えていたのです。
前回は『板粕』で作る「あま酒」の紹介でしたが、今日は
「粕汁」にも似た簡単な味噌汁の作り方です。
 手作業なので時間がかかりお客さんを待たせてしま 続きを読む…
最近はオリジナルばやり、結婚式での鏡開きのタル酒も
オリジナル、これは意外に喜ばれます!!
セッテングが大変ですが息子が友人の結婚式にタル酒を、
という事になり・・・
早速、樽にオリジナルの絵を描いていただくことに。
披露宴でのケーキ入刀のように「2人でタルを開ける」
槌で2人が叩き上蓋を綺麗に開ける。出来なければそれは
それで盛り上がります。
掛け声も「ソーレ・・・とかヨィショ」とか
中の酒が飛び散れば「ワァー!!」って賑やかです。
とりあえずは「飾り樽」に2人の名を書き、絵は・・・
スキューバダイビング・インストラクターと元イルカの
調教師カップルです。
絵を見て披露宴が盛り上がれば 続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192