メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

今年は秋の始まりごろより柿を頂くことが多かった。
初物の頃は喜んでいただいてたのですが、いまだに「柿はどう?」
「申し訳ないけど、他所でも頂いたので・・・」と返事、
「あ〜やっぱりねー」といった具合です。あーあぜいたくな事だね。
柿を美味しく保存する法は無いでしょうか?いい考えがあれば嬉しいけどね。
雪が降り真冬日が続いてるというのに、まだ生ってるのでしょうか?
多治見の青山さんちへ寄ると、お茶うけに手作りの干し柿が出された。
やはり渋柿を沢山頂かれたらしくて、干し柿にされたとの事、
青山双男さんの奥さん美江子さんの手作りは、やっぱり美味しかった。
此のところ冷えたので柿に甘みが増したのでしょ 続きを読む…
2005/12/15

安藤實作品展

それにしても元気な事『安藤實作品展』が
12月14日〜12月18日まで
瑞浪市のオギソ画材さんギャラリーで開催
10時から5時まで
初日の14日は、積雪の為に夫が安藤先生を
乗せて作品の搬入の手伝いを兼ね行きました。
じゃー私は、帰りをという事で4時過ぎに
作品を見がてらお迎えへと出かけました。
オギソさんの会場は、瑞浪の一色のあたり
駄知からも近くて便利がいいのです。
会場に入り驚くのは、安藤先生の作品は幅が広い事です。
「絵」「書」「陶器」の三点が上手くかみ合い、楽しい作品となっています。
何気なく、さらっとしてて作品が若々しくて気持ちがいい。
その中で目を引くのが沢山のクロッキー 続きを読む…
 今年は夫が駄知町の『櫟(いちい)同年会』の会長を
私は肥田町の『21回生辰巳同窓会』の会計をしています。
ちなみに21回生と言うのは肥田中学校創立21回目の卒業生と言う意味です。
(S21年生まれではないです)
 
この歳になって『同年会』と聞いて、何を思いだされますか?
テレビ等で見る中学校の「タイムカプセル」を何年振りにかに集まった、
同級生が・・・などを想像されるのでしょうね。
 私の住んでいる土岐市では、特に駄知町では古くから『同年会』が盛んです。
中学の同窓生でなく駄知の町へ移り住んだり、結婚して駄知へ来た人だったり、
生まれ年が同じ男女で結成されています。
それぞれ年齢により会員 続きを読む…
今夜は雪の舞う寒い日となりました。
こんな時こそ美味しくて体の温まる「板粕」を利用した甘酒を飲まなきゃ!!
では早速、私のお勧め「板粕で作る甘酒」の作り方です。
 1、まず用意する道具
  ・鍋
  ・かなさじ
  ・泡たて
 
 2、材料の用意 
  ・板粕     250g
  ・水(または湯)1.5
  ・砂糖    約150g
  ・塩     少々
 3、手順
  ・まず材料と道具をそろえる。
  ・鍋に水を入れる(お湯からでも構わない)。  
  ・板粕の市販は多分500g入りなので、袋入りの板粕
  半分の250グラム位を適当にちぎり鍋の中に入れる。
  ・鍋に粕を入れたら 続きを読む…
 秋に仕込まれた日本酒がこの時期に搾られて「絞りたての日本酒」と
「新酒の香り漂う酒粕」とが出来ます。
この酒粕は絞ったときの状態が板状になるので「板粕」と呼ばれます。
絞ったばかりの板粕には、多少のアルコール分が含まれて香りもよく、
米麹、酵母や清酒成分(澱粉、タンパク質、繊維質)と、まだ醗酵成分を
残しているのでアミノ酸やビタミンなどが含まれて、血圧降下やコレステ
ロールを下げる効果や美肌効果もあるとかで、かす「粕」なんて言えない
栄養分たっぷりで安全な健康食品と言えます。
 最近わかった事で、嬉しいのは発がん予防の効果があるとの事、
身近に健康に最高の食品があることを、ぜひ紹介したいと思 続きを読む…
酒蔵に多治見市内にある「ボクシングジム・イトカワ」の糸川先生が訪ねて来られた。
 我が家の隣は高校教師のF先生宅、F先生の友人で多治見工業高校教師であった
糸川保二郎先生がF先生の紹介でオリジナルラベルのお酒を求めて来られたのが
きっかけでインターハイとか全国大会の前には、土産用にオリジナルラベルのお酒を
気に入っていただき買いに来ていただいてるのです。
 7日の夕方に隣の奥さんから「糸川先生が、安藤實先生にオリジナルラベルが
頼みたいらしいよ〜」と連絡、私は安藤實先生に依頼に行ってきました。
いつもの事と早速来て頂きラベルの制作です。
 霞ヶ浦出身の糸川先生は必ずお土産を手にされてるの 続きを読む…
5日は、朝から雪が降り続けて6日の明け方まで降っていました。
長い時間降っていた割りに雪は積もらなかったのです。
積雪は3センチほどでしょうか、楽しみにしていた子供たちには残念だった事、
しかし大人たちは師走で足止めなどしていられないのです。
『雪見酒』といった風流な酒の飲み方は、すっかり少なくなったのでは?
雪見をするにも近頃では『雪見障子』も無く、座敷から雪を眺めてお酒を楽しむ
ゆとりさえ無くしてます。
此の頃のニュースを見てたらクリスマスも忘年会すら寂しい気がします。
せめて家庭で楽しく旨い日本酒を飲んで、心も身体も癒して欲しいものです。
「日本酒歳時記」によると『雪見酒』は“春の酒 続きを読む…
こんな夜は『にごり酒』を、利きちょこにドドッと注いでゴクゴクと飲みたいものです。
試飲会で『千古乃岩にごり酒』を勧めると、初めての方は「にごりは苦手だから」と言われます。
すかさず私は「千古乃岩のは思われてる“にごり酒”と違います、ぜひお試しを」とまず試していただきます。
すると「おっつ!!違うね〜飲みやすいね」との言葉が返ってきます。
あるいは「千古乃岩の原酒は有名だね」とも言われることがあり嬉しくなります。
そうなんですよ!!解りやすからなのかもしれませんが千古乃岩は「生酒・原酒」が人気なんです。
『にごり酒』は、仕込みの醗酵している状態なので栓に穴が開けられています。
“栓に穴”なん 続きを読む…
「クリスマスの雪はロマンテイックなんだけどな〜」
『ホワイトクリスマス』にあこがれていたのは、何時の頃でしょう?!
12月早々の雪は珍しいのに、今日は朝からず〜っと降りつづけていました。
12月5日の初雪、そして6日は初積雪でしょう。
先週の天気予報で「月曜から寒波が来て雪が降る」と言ってたので、
車のタイヤの交換は昨日のうちに済ませました。
天気予報も助かります。そして明日は「明け方まで降るでしょう」との事。
この時期の『大雪警報』も珍しく、美濃や東濃ではないにしても
岐阜県北部に大雪警報です。
その雪が流れてきてるのか土岐市駄知町も雪降りです。
明日は子供達の歓声が聞こえるのかな?!
続きを読む…
12月最初の日曜日、いつものように曽木の朝市へ、
9時の開始を知らせる鐘の音も心なしか寂しげです。
朝から冷たい雨、曽木の町に入ると雪が舞いだしました。
車のフロントガラスに触れた時には間違いなく“雪”そしてそのまま解けてゆきました。
 12月は「お歳暮商戦」まさに稼ぎ時、新酒が出たことだし頑張らなきゃー!!
と言いつつ午後より名古屋の展覧会「二科、黄金の時代展」へ安藤先生と出かけました。

名古屋栄を歩きながら、愛煙家の安藤實先生はタバコの吸える場所探しで、
「おっつ!そうだ店内デザインをしたラーメン屋さんが、近くにあるはず、
そこでタバコを吸おう」という事になり、確かテレビ塔の近く・ 続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192