メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

いよいよ八月も終わり、嬉しい食欲の秋です。
花より団子の私、昨年は「マイにがり」、
今年は「マイ寒天」すっかりはまっています。
御飯を炊く時は、必ず切った細寒天をお水と一緒に入れています。
寒天には体内の余分な脂肪を排出する効果があるとか?
御飯に入れると炊き上がりのお米が、なんとなく艶やかで一粒一粒が
しっかりしてて美味しく感じます。気のせいかな?




お味噌汁にも水に戻した寒天を、わかめのような方法で使います。
今夜の味噌汁の具は、揚げ、空芯菜そして寒天です。
寒天と味噌とは良く合いますし、相乗効果もあるらしいとか?!
手を掛けて作られた安全食品「寒天」 続きを読む…
まだまだあります、曽木の朝市で買ってきた面白野菜です。
ちょっと見ると「チンゲン菜」や「ほうれん草」に似ていますが、
切ってみると芯が空洞になっています。
ほうれん草が大きくなって空洞になる事があるのですが、
細い茎も空洞になっているので、種類なんだろうと、思っていましたが、
まさか名前が「空芯菜」(くうしんさい)とは!!
熱帯植物で夏野菜なのだそうです。
ほうれん草より植物繊維・カルシウム・ビタミンAが多いとのこと。
炒め物や鍋物、サラダにも良いらしい、私はサッと使えて、
アクが少ないので味噌汁に入れましたが、しゃきっとして美味しかったですよ。
曽木の朝市は、なかなか珍しいものがあり楽 続きを読む…
日曜日は土岐市曽木町の恒例朝市へ、
またまた不思議なかぼちゃ「宿儺かぼちゃ」を購入。
数が少ないから「すくなかぼちゃ」の名が、ついたのかと思いきや?(長いほうです)
違ってたんですね、漢字がありました。
大きさは画像から解ると思いますが、結構な大きさです。
さて、切る事はできましたが、味の程は・・・
千古乃岩のお母さん、中島和子 


切った時点では間違いなく、かぼちゃです!!
ちなみに朝市では、長い「宿儺かぼちゃ」が900円、
フットボールみたいなのは、200円です。
さすが朝市は安いです、是非お出掛けを!!
続きを読む…
夏は楽しみが多くて嬉しい悲鳴です。
今日は地歌舞伎、瑞浪市日吉町、相生座「納涼大歌舞伎」の日でした。
毎年8月の最終土曜日に行われて、安藤實先生と数年前から出かけています。
伝統芸能を守る為に、相生座の所有者であるゴルフ場の方たちが中心となり
地域の人たちで公演の開催をされているのです。
田舎芝居の良さを残して、座布団のひかれた席で弁当を食べたり、お酒を飲ん
だりと、おひねりも多く飛び、お腹を抱えて笑う場面もあったりと、
都会の劇場でも味わえない雰囲気があり、
今年もよく笑った!!「あ〜これで夏が終わった」そんな感じです。
千古乃岩のお母さん、中島和子 

続きを読む…
『三つのワが出来、とっても楽しい旅でした。』という、校長先生のお話は、こんな事では・・・
 飲み物を皆で手分けをして、ロープーウエイで西穂高口まで持って登り、
 雨を覚悟していた降ったりやんだりの天気が、頂上では晴れ間さえあったのです。
まさに「山の天気は変わりやすい」ものなのです。
「新穂高ロープーウエイ山頂でビールが飲みたい」との希望があり、
20人分の缶ビール・日本酒・缶コーヒーを、保冷袋に分けて山へ。
 座る事が出来なくても下界が眺められ、20人が立って乾杯が出来る場所を
見つけ校長と会長の乾杯の掛け声で山での懇親会が始まったのです。
新任の校長先生とも、すっかり打ち解けて自然のな 続きを読む…
虫嫌いの私ですが、秋の虫「キリギリス」は良いにしても
まさか「やもり」が家の中にいるとは。
心配をしていた台風も進路がそれてホッとしました。
何せ我が家は古くてかなりガタが来ているのです。
雨を避けるために虫たちが集まってきてるのか?
でも「やもり」はこの家では始めて見た。
普通の家にいるものでしょうか?
最初は「とかげ」か「かなへび」かと近づいてみたのですが
?どうやら「やもり」です。
携帯写真では上手く撮れなくて残念ですが、「やもり」です。


目の疲れる画像で申し訳ないです。
千古乃岩のお母さん、中島和子 
続きを読む…
旅って人を成長させるんですよね〜
この歳になっても旅で学ぶ事がいっぱいです。
新穂高・上高地では、春日校長さん挨拶の
「三つの『話・和・輪』を得た旅でした」が印象的で、
この話も是非伝えたいのですが、
その前にちょっと
先週の韓国旅行では、まだ自分の中で消化されていない
想いが多く、
非武装地帯近くを走るバスの中で聞いた『イムジン河』は、
かなりショックなものでした。
川沿いには監視塔が点々と続き、河は流れも押し黙ってるかのようです。
ちょうど、20日のNHK教育「海峡を越えた歌姫」を見て
平和に慣れてしまってる自分自身を考えさせられました。
NHKも良い番組を作っているんですよ。
まだま 続きを読む…
2005/08/23

新穂高山荘

今月は、なにかと旅行やらイベントついてる私で、
夏風邪をひいていたのに、遊びとなるとどこかへ飛んでいってるようです。
21、22日は、愛知県春日井市の春日丘高校PTA・OB会“春日会”で旅行、
宿泊場所は“中部大学・新穂高山荘”です。
新穂高ロープウェイ乗り場まで5分という絶好の場所にあり、
天気の良い日には、槍ヶ岳が見えるほどの雄大な景色と、
蒲田川沿いで大自然の懐に抱かれた最高の施設です。
お風呂は露天風呂もあり、新穂高温泉の掛け流しで、まさに「極楽〜極楽〜」
息子たちが在学中にPTA役員をしていたのですが、卒業して何年も経つのに
今もこうして先生方とPTAのOBとして、お付き合いでき 続きを読む…
最近の私は、ちょっと初体験づいている。
 今日の初物「おちうり」だよ〜と言って、多治見市池田の斎藤さんからのお裾分け。
戴いた時は瓜と思って車に乗っけて帰ってきたのですが、
 車の中が甘い香りで、いっぱいに「これはメロンの香りニタッ!」
中はメロンのようになっていて、きっと美味しいに違いないと
早速に冷蔵庫へ大切に入れておいた。
夜の冷えた頃と切ってみると・・・???
amiさんのブログに描かれてた「黄瓜(きいうり)」に似てる?ような
とにかく初めての食感、素朴な味がして塩をかけたら美味しかった。
 初めての人に差し上げると「かりもりや、漬け瓜だったらいらないよ〜」と
言われるらしい。私は 続きを読む…
オリベ編集学校の師範代の中島(なかじま)様へ、生徒の中島(なかしま)より。
とは、オリベ編集学校のネット上での会話です。
教室内で生徒同士の会話「中島さん・・・」に、いつもドッキとしていました。
後に続く文面で、中島でなくて中島さんなの?「私のこと?・・・な〜んだ私じゃないのか」ってなるのです。
 苗字の読み方の場合には、地域性があるのでしょうが、漢字の読み方って難しい!!
 以前「ジャズイン名古屋」という会があり、メンバーに二人の中島がいて“大阪の中島(なかじま)さん”と“岐阜の中島(なかしま)さん”と呼び分けていただいていました。
私自身も大阪の中島さんを呼ぶ時に「大阪の・・・」を付け 続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192