メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

 オリベ(型破りで破格の勢い)なハートフル(こころよりの)コーラス)部、
 今年の夏「駄知町小売組合主催ミニコンサート」は、
吉田裕子と仲間たち(ピアノ・フルート・ボーカル)です。
ミニコンサートとはいうもののお客さんは300名ほど予定してます。
気楽に出かけていただくために、あえてミニとし
夏の夜浴衣でふらっと出かけられるように、「浴衣でどうぞ」とし
組合員スタッフも浴衣姿です。
 そのコンサートの前座に、私も入ってるママさんコーラス部が
出演をすることになったのです。
結成1年半というのに、地域の皆さんに温かく迎えていただく機会が、
これで2回目、本当にありがたいこと、感謝!!
皆さん 続きを読む…

 毎日じりじりと全くに暑い事です。
 『 暑中 お見舞い申し上げます。』
 やっと夏風邪も治り、これから夏を楽しまなきゃー、とは口ばかり。
寒い冬は冬眠をしたいし、暑い夏は避暑で山に篭りたい気分です。
などと言えば、都会の方からは「贅沢だ」って言われそうですね。
そうですよね〜
日本家屋は夏に過しやすいように作られているのですから。
戸を開ければ木造の建具をすり抜け、す〜と風は家の中を走り、
畳の上で寝転がり目をつぶれば気持ちよく昼寝が出来てしまいますからね。
もう、これで充分に贅沢な夏の過し方です。
そう言い聞かせながら家の中で引きこもっています。
もちろん、クーラーはなく 続きを読む…
千古乃岩のお母さん、中島和子 

 このところの「寒天・ところてん」人気で、寒天の産地である恵那市山岡町では、
商品が足りなくて嬉しい悲鳴とか?
 どんぶり会館の物産コーナーには、健康を考えた地元のモノが多く並んで
いるのですが、「山岡の寒天」は入荷するとすぐに売れてしまう人気商品です。
 「寒天」食品(加工品を除いて)には、「角寒天と棒寒天と粉寒天」があります。
最近は手軽な「粉寒天」が出回り、面倒な「角寒天」を見る事もなくなりました。
それも寂しい気がします。どうやら消費者の都合だけではない理由があったのです。
 その理由は作り方(寒天の製造メーカー)にあるようです。
寒天作りの 続きを読む…
 明日8月3日 TV『笑っていいとも』テレフォンショッキング・・・に
例の「第5回織部賞」11月での受賞者“山下洋輔さん”が出られるようです。
ジャズピアニスト“山下洋輔さん”世界的なピアニストです。
東京での活躍が多いのでしょう、あまり私たちとは縁がないのですが、
11月5日には岐阜市へ来られるのですから、今から楽しみで!!
ァ〜ァまた織部(オリベ)のお話になってしまいました。
明日は『笑っていいとも』テレフォンショッキングの画面で見られます、楽しみ〜
千古乃岩のお母さん、中島和子 
続きを読む…
突然『織部賞』の後に『オリベ編集学校』とくると、エ〜それって何?きっと、知らない人が多いと思います。
「とぼけた52歳にしては、結構知ってるでしょ!えっへん」と、まではいかないけど、岐阜県がオリベプロジェクトの一つとして行っている事業です。
 松岡正剛氏の考える『編集法』を学ぶ場がネット上の教室で、クラスの仲間とネット上で師範代を中心に課題を考えるもので、岐阜県が県民の生涯学習の一つとして設けたものです。
応募によって1昨年前に5ヶ月ほど学びました。
そのメンバーの一人がブログを始めたとの事、
http://blog.goo.ne.jp/ami-540/
みんな頑張ってるんだ〜
友人からの 続きを読む…
 今日から八月いよいよ真夏です。
朝早くから蝉が耳を劈くほどに鳴いてくれます。
「も〜いい加減にしてくれよ!」って言いたいほどですが
こちらも朝からの暑さで声も出ない程です。
 暑いからと言って休むことの出来ない主婦は、とりあえず
台所に急ぎます。
NHKの朝ドラの「ちゅらさん」で一躍スターになったゴーヤ
『ゴーヤマン』を調理したいと思います。
今日はお昼に「ゴーヤちゃんぷる」と「ゴーヤチップ」です。
では・・・「いっただきます」
千古乃岩のお母さん、中島和子 



続きを読む…
つまんない事に感動をしている52歳主婦です。
おやつに食べた「カール」に出たんですよ〜
う・わ・さ・のあの「カールおじさん」がちょっと
嬉しかったので写真にとって、いきなり
パクッと、いっちゃいました。
いつもより、ちょっと美味しい「カール」でした。
以上報告終わり。
千古乃岩のお母さん、中島和子 

続きを読む…
「いえらいしゃんが咲いてたから持ってきたよ〜」って、
夜しか咲かないから、いえらいしゃん(夜来香)
咲いた花びらから香ってくるようです。
先日の夜に友人が、突然に一本の枝を手に訪ねてきた。
それも、いつもとは違う香りを漂わせ、笑みを浮かべながら、
いえらいしゃんの花を、持って来たのだと言う。
どうやら、この強い香りも夜の間だけらしい。
さて「いえらいしゃん」どんな字を書くのやら?
「夜に咲く花」とか「夜に香る花」だとか「夜に香り木」?
 あった、あった!!
いえらいしゃん『夜来香』と書くらしい。
5弁の星の形の可愛らしい花が咲き、欄のような香りがたち、
華やかな香りに包まれ、不思議な世界 続きを読む…
 高知県というと『絵金』を思いだします。
と言って行ったわけでもないのですが、
5年ほど前には名古屋城祭りで飾られていました。
高知では歴史のあるお祭との事、凄い迫力あるらしい
しかしこれは、実際に見ないと伝わらないでしょう。
夫は随分前から興味を持っていて、いよいよ今年の夏祭りには
コピーでも良いから飾ると言い出した。(倉庫で準備中です)
織部賞を知らない人も、知ってる人も今年のグランプリ受賞者は
水木しげるさんです。
そして水木さんの「ゲゲゲの鬼太郎」のファンの皆様も、11月5日は
岐阜県未来会館へお集まりを!
松岡正剛さんの総合監修により、さぞや世にも珍しい授賞式が執り行われます。
続きを読む…
風邪気味と思っていた頃に、クーラーの効いた涼しい所へ行ったのが
良くなかったらしく、とうとう夏風邪を引き込んでしまったらしい。
今年の冬は風邪をひくことも無く、元気に遊びまわっていたのに、
なんで〜
(ここで、冬と夏を比較することは変だねアハハ・・・)
やはりクーラーがまずかったか?!
冬は風邪と思えばすぐに、寒いから薬を飲みやたらと眠るのに。
夏の咳は気にならないので、これぐらいと思って出かけたのがよくなかった。
息子から「風邪をひいてるのだから、行くのを止めたら」と何度も
言われながら出かけたのです。
意地でも寝込むわけにもいかなく、頑張れてイイのやら。
そこで、親子だからこそ、な 続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980818283848586878889909192