メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2008/10/06

大泣きと風船は肺活量アップのトレーニング!?

乳幼児が泣きじゃくる時は、めいいっぱい息を吸って一気に「エ~~~ン」と大音量で泣きますよね。

赤ちゃんは泣くのが仕事。泣くという行為は人間特有のもので、大声で泣くことにより肺の機能が強くなり、肺活量が多くなります。

泣くのもトレーニングですが、風船を膨らますこともブレストレーニングの1つ。

私は上手に膨らませるよ~ プ~ッ




 

 

 

 

 

 



ボッ ボクも  ブブブブ~ッ






 

 

 

 

 


膨らますための口の形、一気に膨らます為の深い深呼吸、頬の膨らまし方など、構音レッスンにもなります。

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: