メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2009/02/25

国民の3大義務

社会の時間に習った事もある興味の持ちにくい質問。『日本国民の3大義務』。

義務である以上、悲しい事に日本国民は守らなければなりません。すなわち、日本国法律で定めてあるが故に、これらを守らないと『憲法違反』となり処罰の対象となるのです。

さーそこで、3大義務って何でしたでしょう?




◎教育・・・日本国憲法第26条
◎勤労・・・日本国憲法第27条
◎納税・・・日本国憲法第30条


第26条【教育を受ける権利、教育の義務、義務教育の無償】
1 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

憲法によると『義務教育』は、子ども達に対する『教育義務』ではなく、保護者に対する『就学義務(学齢期の人を小中学校などに通学するように取り計らう義務)』なので、子どもが不登校になると保護者が処罰を受けてしまうのです。



スキップでは、今春より『不登校セラピープログラム』を本格的に行います。子どもにとって1日は情報を得る上でも非常に大切だと考え、保健室登校や給食からでも参加できるようにと、お子様の心と体のケアができるよう準備を整えています。

困った時や悩んでいる時は、まず連絡をしてみて下さい。


今日はちょっと難しいお話でした。

 

 

参考資料 … フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)


0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: