メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

蜂(ハチ)はチームプレーでオフェンシブ。 
集団で巣を守り、獲物を見つけたら相ウェークポイントをとことん攻めて、確実に者にする。
蜘蛛(クモ)はスタンドプレーだがオフェンシブ。
巣を張り巡らし獲物が来るまでジッと我慢。
ハチのような団結力と攻撃力。クモのような守備力と忍耐力を兼ね備えるとチーム(群)の中にも選手(個)が輝く。
個人プレーを磨くのか、チームプレーに徹するのか? 攻撃重視か守備を固めるか?
監督(指導者)の采配1つで子ども達は輝きもし、くすみもします。
続きを読む…
2007/11/03

優勝ムード

中日ドラゴンズの優勝で経済効果は800億とも言われています。
今日は会員様とのレッスンを終えた後に昼食をご一緒させて頂きました。ありがとうございます。
お土産に頂いた箱。 名古屋を代表する銘菓『両口屋是清』の『千なり』。それも優勝記念デザイン!!
帰宅後に明けてみると・・・
なんともありがたいお言葉がっ。
開封すると・・・。
お見事!!『優勝』
僕も大好きだブ~。
名古屋の街は歓喜の渦です。
続きを読む…
できるから できないこと。 それは教えること。
たとえば算数の場合、数字の認識・数え方・指での計算・九九・そろばん・方程式・・・といったように、段階があって小学校入学をきっかけに平等に教えられる。
教えてもらったから教えることができる。
しかし、あそびや運動では時として教えてもいないのにできてしまう場合がある。
跳び箱・運梯・棒のぼり・逆上がり・・・。 スキップの依頼で多い項目ばかり。
「わが子はすごい!」「天才じゃないかしら?」
でもココでの盲点は、苦労なくできてしまうがゆえに教え方がわからない。 物事のコツやポイントなどをできない人の立場で伝えることが難しい。
スキップスタッフ 続きを読む…
昨日プレジャーアリーナに固定遊具がまた1つ増えました。
会員様の建設屋さんにご無理を言って、1ヶ月計画で作製・設置に至りました。
さすが大工さん。手際が良すぎる。みるみる出来上がっていきます。
以前『ふれあい日記』にも紹介したサカナやゾウの木型に色を塗って、板に打ち付けていきます。
ジャジャ~ン!!
ウォールクライミングの出来上がり!! 大人が乗っても大丈夫!!
登りきった笑顔や踏み外して滑落していく子ども達の姿が目に浮かびます。
さ~挑戦者諸君。頑張って登ってみたまえ!!
続きを読む…
食事に行ったお店のレジの真上に掲げてあった言葉。今日も感銘を受けました。
何もない最強の闘う条件
うまれた時は丸裸でなにも無い
金も知識教養すぐれた才能財産
無い私には何も無い
しかしこれが何もない人間の武器だ
一、金がないから・・・体を張って汗を流して
一、人脈がないから・・・大きい声で存在を主張して
一、信用がないから・・・時間と金銭の約束を守り
一、頭がないから・・・本を読み人の意見を聞き
一、根性がないから・・・逃げ道をふさいで前だけ見て歩き
一、嫌なことを言ってくれる人を・・・信頼し師と仰ぎ
一、私を褒めてくれる人を・・・特に警戒し
一、今は何も無いが・・ 続きを読む…
2007/10/28

泣き

新生児特有の訴えが『泣き』である。
最初の泣き声は産声で元気であり事を周りの人に伝える。
産まれて初めての仕事は息を吸う。深呼吸をしてから大声で泣く。泣くことで肺活量も強くなる。
その後新生児は痛みや空腹感などを泣き方を変えて伝える。その泣くことが周りへのメッセージになっているので、それに応える人がいなければメッセージとしての泣きが消えてくる。
養育者がそばにいて子どもの泣き声に応えることができると、子どもは泣きやんで機嫌を直すことができ、養育者に信頼をよせることができるとともに、養育者のほうも自信をもつことができるようになる。
新生児・乳児の泣き声は耳に入りやすい周波数でできている。 続きを読む…
保育園の職員室にかけてあった日めくりカレンダーの言葉に心を打たれました。
反省にまさる成功のコツはない
失敗を反省し、改めるべきは素直に改める。
成功したとしても、なお反省すべき点はないかと見直してみる。
さらに、平穏無事な生活の中にも検挙に反省を加える。
こうした日々の反省のまさる進歩発展、成功のコツはない。 
続きを読む…
中川区・富田教室にて。
会場となっている富田地区会館がメンテナンスの為に使用できず、2ヶ月間は富田北プールでのプールレッスンに内容変更。今日が3回目のレッスン。
スイミングスクールとは違い、一般の利用者もいる中でなるべく迷惑をかけないようにしているものの、子どものする事だけになかなか難しい。
また、個人レベルがまちまちなので、班編成もどうしても多くなってしまう。
そんな中、トライデントスポーツ医療科学専門学校のチャイルドスポーツ2年の生徒が力をフルに発揮している。
今年の学生は自主的に且つ考えながら動く事ができ、適材適所でレッスンを進めている。
正直私がいなくてもレッスンが成り立って 続きを読む…
2007/10/24

もうすぐ開幕

メジャーリーグは明日からコロラドロッキーズとボストンレッドソックスのワールドシリーズが始まりますが、NBAは今月末からシーズン開幕。
今シーズンも寝不足の日々が続きそうで、嬉しいような恐ろしいような・・・。
起業はや3年。大好きなバスケットも出来ず、シュートどころか走り続ける事も衰えている事に最近凄く危機感を感じている。
先月も記録会のレッスン依頼で1,000mを走ったところ、800mでギブアップ・・・。
自分の運動がまったく出来ていない! では体育指導者として失格?? という事で、今年こそはバスケットをしたいと考えています。
NBA開幕に伴い、こんなおじさんでも仲間に入れてくれるチー 続きを読む…
2007/10/23

バランス感覚

スキップが考えるプレジャートレーニングの要素の一つとしてバランス感覚があげられます。
当たり前に行なっている『立つ』という行為ですが、無意識の中でもの凄くバランスを保っているのです。
親子体操で、四つ這いになったお父さんの背中の上にお子さんが立つという事をよくします。
子ども達は自分で背中まで登り、足場を確かめながらゆっくり立ち上がります。
不安定な場所で立ち上がることで足の裏には前後左右にバランスを保つ為の微妙な重心移動が絶えず行なわれ、それを背中で感じ取る事が出来ます。
波状路・砂利道・上り坂・下り坂・当然平地でも、立ったり歩いたり走ったりする時には無意識にバランスを保とうとして 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190