メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

毎年の事ながらこの時期は駆け込みの個人レッスンもさることながら、企業・自治体・NPO法人から企画やイベントの依頼が同時期に飛び込んできます。
通常業務を何ヶ月も前から予定していても飛び込み依頼は突如としてくるもので、このご時世に頼ってくれることはありがたい事です。そんな条件でも極力対応して行きたい我々の考えは今も昔も変わりありません。(正直スタッフには無理を言っていますが・・・。)
諸先輩方は「先に受けた依頼に集中しないと両方とも迷惑をかける」「後から来た依頼は蹴らなきゃダメ」と、厳しい意見の中にもスキップの質の向上を唱えてくれる声を頂きます。
できればそうしたいところです。しかし、まだま 続きを読む…
今週は旅行会社からの依頼で近藤と吉田が、NPO法人からの依頼で池谷がそれぞれキャンプ引率で出かけています。また、学生スタッフはほとんどが教員採用試験や前期テストで大忙し。
こんな時しか出番のない私はみんなの穴を埋めるべく、代行レッスンを行っております。
やはり個人レッスンは楽しい。そして考えさせられ、会員様と悩んでいます。
お盆まではこんな日々が続きます。私以上にスタッフが頑張っていることを考えると、私は甘い・・・。 続きを読む…
2010/07/26

熱中症対策

連日の猛暑で毎日のように熱中症のニュースが報道されています。 熱中症って何? どうすればいいの? 簡単に説明しますのでご参考に。
【熱中症にならないために!】
1、クーラーの利いた部屋に長時間いないこと。就寝中もタイマーなどにして体に 夏は暑い事を感じさせる。 自律神経が壊れてしまうために適度な暑さに耐えましょう。
2、体調を整えよう。 やはり『早寝・早起き・朝ごはん』
3、外出時は帽子をかぶり通気性のよい服装で。
【熱中症かな? と思ったら・・・。】
1、涼しい木陰などに入り、衣服を緩め楽な体勢で休む。
2、水分補給と共に適度な塩分を摂取。 汗は水分だけではないということを理解し、ス 続きを読む…
以前ブログにも書きましたが、あそびのほぼ8割が膝の使い方です。故に、スポーツ・運動のほぼ8割が膝を必要とします。モーグルのコブをパスする時やサーフィンのスタンディング、バスケットのフリースロー、卓球のフットワークなど、ほとんどが膝なのです。
ですので、パラリンピックで下肢に支障がある選手は人並み外れたアブソーバー(バネ)の持ち主なのです。
個人レッスンでも走りが弱い子や投げ方がアンバランスな子は、まず膝の使い方に重点を置いて取り組んでいます。
一番分りやすいのはブランコの立ちこぎ。公園のブランコが撤去の方向のご時世、ブランコあそびは難しいかもしれませんが、この夏休みに毎日取り入れてみて下さ 続きを読む…
スキップを巣立った元スタッフが本部にあそびに来てくれて、食事をしている時に面白い内容の話になりました。
「四角の線から出てはいけない鬼ごっこでA君はその四角からはみ出して逃げていってしまい、B君はそれを批判しています。先生ならどのようにB君を納得させますか?」
保育園部会の研究授業で、他園の先生の発想に皆が感動した答えとして「A君は線がわからなくなるくらい頑張って走っていたんだよ」だったそうです。
もちろん正解はないのですが、その答えに私個人としては疑問。大人受けはするかもしれませんが果たしてB君は納得するでしょうか?
線がわからなくなったくらい頑張ったA君の気持ちは伝えたとして、B君が 続きを読む…
7月21日(水)に大垣市保育研究会主催の3歳児研修に招かれ、講師を務めてきました。
受講生の先生方は通常業務を終えてからの参加のため、さぞお疲れでしょうが、17時からの90分を熱心に受講してくださいました。
3歳児の運動あそびを紹介する中で、子ども達の発育や発達を把握しながら模倣あそびや鬼ごっこ・ボールあそび・器械運動の疑似体験をして頂き、先生方みんなで考えていきました。
すぐに使えるあそびを提供する反面、大人向けのあそびも織り交ぜたために合点が合わなかったかもしれませんが、子ども達の動きの全てに無駄な動きはないと感じていただき、保育を楽しんでほしいと思います。
かさぎ保育園 続きを読む…
2010/07/21

夏本番!!

朝から蝉時雨が賑やかになってきましたね。 小学生が汗をかいて自転車に乗っている姿が日中に見られることからも、もう夏休みに突入です!!
スキップも通常レッスンから夏休みシフトとなり、短期レッスンやサマーキャンプでスタッフ達も汗だくになっています。
池谷は今日から御蔵島へイルカツアーに出かけました。近藤も吉田もレッスンを終えてから旅行会社主催のキャンプの準備で忙しそうです。
みんながそれぞれ動いている中で、私がいるのがお邪魔かなとさえ思います。
夏休み中はアリーナを個人レッスンで解放しております(一部時間を除く)。日中は予約が取りやすいので是非ご利用下さい。なお、サマーキャンプなどでスタッ 続きを読む…
いよいよ夏休みに突入。朝は早起きして、セミ時雨を聞きながらラジオ体操に行く子どもの姿がイメージとして強いです。
今日はいつもよりちょっと早起きして散歩をして見ました。少し歩くだけで汗ばみますが、東海地方の夏は小さい頃からこのムシムシ感が心地よいようにも思います。
少し歩くとアスファルトに石を擦りつけた落書きを発見。子どもの頃は誰に教えてもらったわけでもなく、よくやったものです。
今も昔も変わらない子どものあそんだ跡なのだな~と感じながら、汗びっしょりの早朝散歩でした。 続きを読む…
2010/07/19

手を使わない

アリーナ プレジャートレーニングクラブにて
本日のテーマは、あやの先生考案の『手を使わないトレーニング』。
手を使わないということがどんなに不便で、もどかしいことでしょうか。普段の生活の約8割強は支障をきたすと思われます。
で、プレジャートレーニング的にはUFOキャッチャーのように足でボールをはさんで次の友達のエリアまで送るというもの。
お尻を軸にクレーンのようにボールを挟んでフープまで運んでいますが、なかなか上手くはさめない。ボールがこぼれ落ちると思わず手を使いそうになってしまう。
反利き手であえて作業をしたり、手順を変えてみたり、手でやることを足、などのトレーニングは一瞬考えること 続きを読む…
中川区 富田体育教室にて
児童コースではお互いに2個のボールを持って、同時にキャッチボール。ボールを2つ見るのも難しいのですが、左右の投力やボールの軌道が違うために慣れるまでは捕球が大変。
高学年ともなると、相手の捕りやすい球を投げることができたり、相手の思いを察することができるので、やり取りが成立しやすいですが、低学年は投げるのに必死のようでした。
投げたボールに対し、ついつい軌道を見てしまうのがこのやり取りの難しさ。投げた瞬間に捕球に切り替えることができればOK。
2つのボールを同時に上に投げたり、右手はフライ・左手はバウンドと分けることで、1人でもトレーニングができます。一度お試し 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190