メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

この3日間で講演・講師依頼が3件、11月の講師依頼や300人の父兄や先生方を対象とした問合せもありました。
おかげさまでリピーターも多く、新規の方も紹介からの依頼や口コミ、弊社ウェブサイトから気軽に問合せをされる方も増えてきました。本当に皆様に支えられているのだとただただ感謝です。
しかし、中には依頼が途端に途切れたりお叱りの言葉を頂戴する場合もあります。むしろそちらの方が貴重で、反省すべきところを見直す良いチャンスです。
私も人間です。ストレートに「何だこれは?」と言われてしまった瞬間は正直へ混みます。でも、何が受け入れられなかったのか? どうして文句が出てしまったのか? を振り返ること 続きを読む…
政府が面白い案を打ち出しましたね。地域によって従来のゴールデンウィーク以降、南から北上するように連休を分散することで、行楽需要を見込めるとの事。
今まで定着してきたことをガラリと一新する事で「守」と「破」が生まれるのは当り前。ハッピーマンデーは今でも悩まされてはいるが、子ども達にとっては連休が確定するのは嬉しいことなのでしょうね。
さー。スキップさん。基本、年中無休ですので問題はありません。むしろ連休にレッスン依頼を受ける事で学生スタッフ達も勉強の場が広がり、指導スキルも高まります。
そのゴールデンウィークに今年は会員様だけのキャンペーンを考えていますので、弊社ウェブサイトを毎日チェックし 続きを読む…
京都 伏見工業高校総監督の山口良治先生の講演で「苦しい時には苦しんでいる人の顔を見ろ」という言葉を聞いて以来、かなりの事をやり遂げてきたような気がします。
バンクーバーオリンピックが閉幕し、とある報道番組で視聴者からのコメントにこの言葉が寄せられており、なるほどと納得した。
『限界は意外と限界じゃない』
自分で線を引いてしまうからそれ以上の世界をのぞく勇気が出ない。でも以外にも自分が決めてしまった限界はやり方次第で簡単に超えられてしまうのではないか。
極めれば極めるだけ限界に近づけるし、極めれば極めるだけ限界を超えるのも難しいのかもしれないが、スポーツ・勉強・趣味・仕事など、自分自身がや 続きを読む…
楽な道もいいけれど、野越え山越えのほうがなんだか面白い。
休憩してもいいけれど、ケツは付けてはイカン。いざというジャンプのために。
これから歩く道に楽な道はないけれど、上をむいて歩こう。
意外と上り坂ではなく平坦な道なんだけどね。
続きを読む…
2010/02/27

個性を磨く

DNAとか遺伝とか難しい話は抜きにして、子ども達はおうちの方のしぐさや言葉遣いなどの人的環境をしっかり受け継いでいきます。
社会に出てから改めて学ぶことも多くありますが、礎の9割は家庭環境が占めているでしょう。
うちの子はおしゃべりだ。おとなしい。すぐに跳んでいってしまう。落ち着きがない・・・。色々な性格があるでしょうが、それぞれに笑顔が優しくそれぞれに個性があると思います。
『個性を磨く』。一般的に社会から良い目で見られない迷惑行為ではいけませんが、人に愛されたり可愛がられるような個性を伸ばしていくことで、社会に出た時にみんなが声をかけてくれるようになるでしょう。
まずは自分の個性から 続きを読む…
2010/02/26

国府宮裸祭り

昨年に引き続き5回目の裸祭り参戦。今年は天気予報通りの雨。出陣前から暗雲が立ち込めています。
今年は鏡餅奉納の当番である一宮市萩原町からの参加。仮設テントの中にはざっと300人くらい入るでしょうか。出陣準備の腹ごしらえ。
私もお神酒をいただきお腹の準備。(少し社名が違っていますが・・・。)
難追(なおい)笹には昨年までのなおい布と今年の祈願をした布が。
出陣前にみんなで立て、紅白の布で巻いていきます。
さー出陣。3時間半かけて国府宮まで練り歩きます。
生憎の雨。体の熱がしっかり奪われ膝や股関節、肩が痛みます 続きを読む…
2010/02/25

スパイボール

プレジャートレーニングクラブ 幼児コースにて。
ボール泥棒ゲームをしました。
ルールは簡単で、まず自分のエリアを決めます。今回はチューブフープが自分達の基地です。
その基地に籠の中にあるボールをピストンで運びます。但し、一度に運べるボールは2個までです。
籠のボールがなくなってからが事実上のバトル開始です。
自分以外のエリア(友達の基地)のボールを盗んで時間内にたくさん集めた人が勝ちです。でもこの時も2個ずつしか運ぶ事はできません。
相手のボールを盗みに行っても帰ってきた時はあっという間に減っている場合もあり、攻めも必要・守りも必要です。
どれだけたくさん盗むことができたか 続きを読む…
2月23・24日に父の誕生日と私達の2年目の結婚記念日を兼ねて、石川県奥能登まで1泊旅行に行ってきました。
早朝に出発し東海北陸道を北上。まずは白川郷に寄ってみようと思ったのですが何度も行っているとの事で、次の富山県五箇山インターを降り、『五箇山 合掌の里』へ寄りました。
ここも白川郷と共に合掌造りの集落という事で世界遺産に認定されており、雪に埋もれた村も風情があります。
今年は雪の当たり年でしっかり2m以上は積もっていました。
この村はその昔、火薬の原料となる塩硝作りが盛んで、加賀藩100万石の貴重な資金源を生み出す重要な場所の1つだったそうです。(昔の人は凄い)
続きを読む…
スポーツ選手。特にプロのスポーツ選手はメディアに出る事も多く、契約金や賞金の他にスポンサー料や出演料など、我々では想像もつかないほどの金額を手にしているのだと思います。
ラジオで「プロスポーツ選手はやはり良い物を見につけなければいけない」と言っていました。初めは「プロ選手がジャラジャラ着けたり高級外車に乗っていると住む世界が違うから、どうぞどうぞ」のような気分で聴いていましたが、そのコメンテーターはちょっと違った観点でした。
「そこまで頑張ればこのようなものが買える。」「子どもや大人までもが憧れ、頑張り、プロご用達のものを買い、その気になって練習する。」「チャンスはみんな平等。」
スポーツ 続きを読む…
2010/02/20

脱線も必要

指導案などに計画やねらいなどを書き、いざ保育や実習を行ってもその通りに行かないのが幼児の世界。
先日岡田を連れて富田体育教室で幼児コースのメインを行わせました。内容はお任せ。目的に対するねらいを考えなさい。ただそれだけを伝え前の週はサブにつかせて実態の把握。いざ本番。やはり彼が思い描くレッスンとはいかなかった様で、終始首をひねっていました。
子ども達から学べただけでも収穫です。
子ども達は思い思いの動きやあそびの中で1つ1つ経験し、獲得していきます。跳び箱で開脚跳びを教えようとしたとしても、助走両足踏み切り着手(第一跳躍)跳び越し(第二跳躍)着地 とこのようなプロセスがあり、これらに必要な 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190