メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

2009/12/24

枕元に靴下

今夜は皆さん枕元に願い事を書いた靴下を置いて寝てくださいね。
街ではサンタクロースの服を着た人たちがお仕事をしたりパーティーをしたりしていますが、みんなの前には本当のサンタは現れません。夜な夜なやってきて寝ている姿を確かめるそうですよ。
朝起きた時にプレゼントが届いているといいですね。
続きを読む…
お恥ずかしながら早いもので入籍から2年を迎えました。
この1年はカミさんも復職し、すれ違いの時間が多い分、一緒にいる時間をお互いが大切にしたいと自然に思えるようになっていました。
形として家族が増えていないことに関してはまだ縁がないと納得しながらも、叶うならば来年にはと祈る今宵です。
今夜は質素に冷蔵庫整理のお好み焼きパーティーで乾杯です。
2人を産んでくれた両親に感謝。2人を支えてくださっている全ての人に感謝。そして日頃から日陰となり支えてくれているカミさんに感謝。
続きを読む…
NHKのニュースで、老後を如何に生きるかという特集がやっていました。誰にも相談ができずに孤独死となってしまったり、妻に先立たれて何もできない自分に気付き自分の小ささに気付いてしまったりと、団塊の世代での悩みに相談を受けるコンサルタントや本があるようです。
仕事のトップで働いていたビジネスマンや会社社長などの多くが、プライドが邪魔をして小さな質問や自分の弱さを人にさらけ出す事ができないようです。
60才からは下り道を下りる休息の時間。下りることの難しさも経験する時期だそうです。
我々スキップは子ども達の成長を手助けする。すなわち上り坂を手助けしているわけですが、親御さんとの会話の中で子供の弱 続きを読む…
2009/12/19

冬はつとめて

冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。
冬は、朝早い頃がよい。雪の降ったのはいうまでもない。霜のとても白いのも、またそうでなくても、とても寒いのに、火を急いでつけて、炭をもって通っていくのも、とても似つかわしい。昼になって、寒いのがゆるくなってくる頃には、火桶の火も、白く灰が多くなってしまい、よい感じがしない。
枕草子  清少納言  参考資料:Wikiquote
春はあけぼの しか言えない私ですが少し勉強してみ 続きを読む…
今夜の報道ステーション内のスポーツニュースで、栗山秀樹さんがダルビッシュ侑投手にインタビューをしていました。
テーマは『野球学』。講演講師の依頼を頂く時に『野球道』という言葉は使いますが、ダルビッシュ投手は常に投げ方を考えており、反利き腕の左でも全球種を投げれるそうです。熟練された利き腕よりも未熟な反利き腕が研究材料になりうるのです。
そんな会談の中で、カーブの際の指の掛かり具合や微妙な引き具合の調節で(この感覚は投げた人しかわからないと思いますが)、ベースのどの位置で変化するかを自由自在に操ることができるそうです。
それの例えをコマで表現してくれました。コマは投げよりも引きが重要。狙った 続きを読む…
『♪仕上げはお母~さん』 NHKの番組で歯磨きを促すコーナーの1フレーズ。できる事までは子ども本人が頑張り、できないところを仕上げる。
しかし『仕上げる』『やってあげる』ではいけません。始めから歯磨きをしてあげては子どもは口をあけているだけになってしまいます。
あそびや日常の生活でも同じこと。子ども達ができる事はあえて手を出す必要はありません。
縄跳びのコマ結びをほどく課題を与えました。結ぶことに必死で引っ張りすぎた子はほどくのが大変です。ほどこうとしてさらに引っ張る子もいます。
「みかんの皮をむくように」と助言はしますが、なかなか難しいものです。当然子ども達は「できない」と口々に言いあ 続きを読む…
早いもので今年もあとわずかとなりましたが、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は スポーツファクトリー スキップ に多大なるご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。
さて、下記の通り年末年始のご案内をさせて頂きます。ご確認の程、宜しくお願い致します。
【体育家庭教師】
年末年始も休まず出向致しますが、予め担当指導員に確認をお願い致します。担当が出向できない場合でも代行スタッフがお世話致します。
【プレジャーアリーナ】
・12月21日(月)グループレッスン終了
・12月22日(火)~28日(月)個人レッスンWEEK 短期集中練習としてご利用下さい。
・12月 続きを読む…
先日の岐阜地区スポーツ少年団指導者研修会で受講された先生方と何人かに話を聞いたところ、各種目において団員(小学生)の受け入れ年齢が1年生まで下がってきているようです。
少子化に伴い同学年でのチーム編成が難しいことや、3年生以上での縦割りチームでも人数が集まらないようです。
低学年から育てて高学年になったら即戦力で起用する。理想な構図ですが、1・2年ではまだまだスポーツの本質がわからずに、上手くプレーもできません。なにより『あそび力』が身につきはじめる基礎の時期に特化した応用は無理な話です。
低学年でも楽しくできそうなローカルルールの設定。
例えば野球でしたらテニスラケットで打ったり、空振り 続きを読む…
金平監督率いる豊玉高校バスケット部は、北野 前監督からチームを引き継ぐも、ディフェンス重視のチームに作り変え、選手との温度差が高まってしまう。
南や岸本は北野監督のプレースタイル 『オフェンス8・ディフェンス2』 に憧れて豊玉高校に入学しバスケットボール部に入部したが、現実は学園サイドの勝ちの低迷による北野監督の更迭で好きなプレースタイルのバスケットができなくなり、爆発寸前。
勝てば官軍ではあるが、勝ちにこだわり過ぎると肝心な足元が見えなくなる。選手の心理ややる気を無視した指導は監督や組織のエゴに過ぎない。
上手い選手ばかりを試合に出せば当然勝つ確率は上がる。プロなら当然のことではある。 続きを読む…
個人レッスンに限らず、グループレッスンや保育園・幼稚園レッスンでも、スキップのスタッフは必ずクイズ形式の問題や、黒板を使った簡単な計算・言葉あそび・しりとりなどを行います。
レッスンが始まる前に集中力を高めたりあそびの興味をそそったりする効果もありますが、一番のねらいは、あそび力を高めることで応用力や社会性が身につくことです。
車の乗り方だけがわかっていても道路交通法がわかっていない無免許運転者が運転をすると、違反や人身事故を起こしてしまいます。頭と体の熟成は常に同時の方が効果は絶大です。
よくご父兄様から「始めのあそびが長すぎる」とご指摘もうけますが、見ている第三者にはそのように映っても 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190