メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

2008/07/17

女子高生焼け

今年度初の保育園でのプールレッスン。今年からレーザーレーサーにあやかりハーフの競泳用水着を購入し、少し弛んだお腹に気合いを入れて子ども達と炎天下の中、120分のレッスンを楽しみました。
当然のことながら背中はジリジリ。
帰宅後、お風呂に入ろうと服を脱いだら・・・。
大腿の半分くらいの所にくっきりと水着の後が。まるで女子高生のスカート焼け! とカミさんは大爆笑。
やはり去年までのブーメランパンツの方が私にはお似合いかも・・・。 続きを読む…
切符の手配を済ませお盆前までの1ヶ月の予定がたちました。
今週末からのサマーキャンプ、日本幼児教育研究会セミナー、間に通常業務のレッスン、地元のセミナー・・・。
1ヶ月のロードです。 私のお盆休みは今年もありませんが、スタッフ達には十分の休養を取らせれるように調整をしていかなければなりません。
今年の夏も暑い(熱い)です。 続きを読む…
梅雨明け前だというのに30度以上の真夏日が続いていますね。今年も暑いです。
Co2 -6%のために、ここでいっちょう暑さ対策を考えて見ましょう。
打ち水やスノコも有効と時の環境科学大臣がクールヴィズを流行語にするくらいの勢いでしたが、皆さんのご自宅で心がけている事はありますか?
我が家では 「あと1週間の我慢!」 と口癖のようにクーラーを封印して扇風機で耐え忍んでいます。 
プレジャーアリーナでも扇風機で子ども達は耐え忍んでいます。
皆さんのクールヴィズをもしよろしければコメント下さい。
続きを読む…
2008/07/13

フットワーク

スポーツにおいて『フットワーク』という言葉をよく耳にします。 辞書では「球技・ボクシングなどで、足の運び方。足さばき。」となっています。
バランス・リズム・連動(体を巧みに操る)など、のプレジャー感覚が必要となってきます。
ボクシングに例えてみましょう。 
3分間を戦うためのスタミナはロードワークで蓄えますが、足踏みやパンチを出すための踏み込みやジャブの連打などは『リズム』。 
横・前・後ろなどにステップを踏む時に必要な『バランス』。 
相手にパンチを正確にミートさせる『連動』。 
思わぬところからパンチが出た時に瞬時の判断で避ける『切替』。 相手との間合いを保つ『距離』。
など、 続きを読む…
子どもを引きつける前に、まずは大人から。
大人は運動やスポーツとなると足取りが重くなります。 しかし、我が子には運動やスポーツがある程度できるようになって欲しいと願っていると思います。
今日も大垣市 AQUA WALK 特設会場にてイベントを行ないました。
今回の私のテーマは『大人を巻き込む』。
得意の手あそびを通りがかりの若者にも声をかけて行なってもらいました。 見る見る足は止まり私に釘付け。子ども達には少々難しいあそびですが、見事に大人たちは私の策略にはまり混乱をし始めました。
簡単そうな手あそびでも大人でさえ首を傾ける。 『あそび』は難しいので。
簡単なあそびや運動は見向きも 続きを読む…
中川区・冨田教室にて。
幼児コースでは初めてボールを使ったレッスンです。 大きいボール・小さいボール・柔らかいボール・もやっとボールなど色々なボールを持った学生の場所に自由に並んでキャッチ&スローをします。
テニスボールやスポンジボールなどの小さいボールはなかなか捕球が難しいようで、捕った後は思い切り見当違いな方向に投げて学生達も右往左往していました。
幼児期はワンハンドスルー(野球投げ)やオーバーハンドスロー(サッカーのスローイン)など、『投げる』行為がまだ未分化で、握ったボールを放すタイミングや腕の回し方などから見ても、狙ったところへ投げ込む事は反復で獲得していかなければなりません。
続きを読む…
2008/07/10

些細な気遣い

観光地や記念碑などで記念撮影をすることが多いと思います。
最近ではフィルムカメラはほとんどなく、デジタルカメラを持ち歩く方がほとんどでしょう。
先日のマリオットアソシアホテル内でも、ディズニーリゾートにあそびに行った時でも、記念撮影をしようとするとどこからともなく従業員の方が近寄ってきて「写真をお撮りしましょうか?」と話しかけてくれる。
「ありがとうございます」とカメラを渡し撮影してもらうと、次に決まって言われる言葉は 「お確かめになって下さい。」
撮影する事に関して言えば彼らの仕事では決して無い。しかし気軽に声をかけ、思い出を撮影し、本当に大丈夫かを確認する。
誰もが「ありがとう」と 続きを読む…
自宅のお向かいさんの畑に夏野菜がみずみずしく育っていました。
胡瓜も茄子も今が食べごろ。新鮮そのもの。

植物達は種の保存をするために、花を咲かせ虫たちに受粉を手伝わせたり実を実らせ種を運んでもらうために、美味しそうな色や美しい色でアピールをする。
しかし、むやみやたらに食い荒らされては途絶えてしまう。そこでモモには産毛、イチジクにはかぶれやすい樹液、ナスやキュウリにはトゲがあり、自己防衛に努めている。
我々もいざとなった場合に備え、大きな声を出したり、防犯ベルを携帯するなど、自己防衛をしなければいけません。
そんな事を思いながら夏野菜・夏果実を美味しく頂きましょう。
続きを読む…
夏本番! 
暑いからといって食が細くなりがちですが、水分ばかり取らずにたくさん食べなければ夏バテをしてしまいます。
夜は熱帯夜で熟睡しにくいでしょうが、十分に睡眠をとってください。
プールに入れば眠気を誘い昼寝が十分でき、お腹も空きます。
夏だからこそ、よく寝てよく食べる。  やってください!
続きを読む…
2008/07/07

破壊あそび

JEUGIAカルチャーセンター AQUA WALK 大垣 にて
破壊あそび = 文献にはさほど紹介はされていませんが、幼児期に大切なあそびの一つで、物を投げる・積んだ積み木を壊す・紙を破る・風船を割る・砂山を壊す・・・。
破壊行動は成長に必要な通過点で、噛んだり投げつけたりする事で、これはどれくらい硬いのかな? これはどれくらい力を入れるのかな? と、情報を取り入れているのです。
子どものおもちゃを見てみると、絵本は噛んでもめくっても破れにくいように厚手のページになっていますし、ガラガラやソフト人形なども壊れにくくなっています。
イヌなどの小動物なども破壊行動を促しながら成長させていく躾 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190