メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

物心のつかない赤ちゃんにも、
可愛がっているペットにも、
草木にも、
当然ご家族にも。
たくさんのことを話しかけてみましょう。
聞き出すのではなく、説得するのではなく、話しかけてみましょう。
表情や、言葉使いや、気持ちまで和んできますよ。
1日にどれだけの人やものに話しかけることができるのでしょうね。
続きを読む…
2007/04/26

クラウン

昨日Yahho!のページを見ていると、以前お世話になった方の対談が特集されていました。(すご~い)
10年前にお会いして以来、噂では聞いていたのですが、昨年末にJR高島屋でパフォーマンスをしているのを偶然は意見し、久しぶりの再会。抱擁までしました。
彼の仕事は『クラウン』。ピエロです。
しかし、イベント会場でのパフォーマンスの傍ら、『ホスピタルクラウン』として、難病と戦っている子ども達の入院先に訪問して、笑いと勇気を与えている。
無言で表現することで何時間も人を引き込む技に、普段のレッスンでは計り知れないくらいの魅力を感じる時さえある。(どちらかというと常に喋りっぱなしだから・・・。) 続きを読む…
2007/04/25

アクシデント

昨日1日、原因不明の「マイパソコン・ネットつながらない病」になってしまい、ブログが更新できませんでした。
何だったんだろう???
今日はこれだけ。
続きを読む…
体育家庭教師の紹介をまったくしていませんでしたね。
今日は私の生きザマと、『スポーツファクトリースキップ』の紹介をします。
私は1971年に一宮で生まれ、小・中・高と、あそびと部活(バスケット)の為だけに学校に行っていたようなものです。
将来を考えた時、なぜか『保育園の先生』になりたいと思い、夜間で保育専門学校に通い、昼間は幼稚園・保育園に体育指導者を派遣する会社に勤め、体操の先生として、子ども達と触れ合いながら夜は勉強をしました。(この時から真面目に勉強をしたような・・・。)
1年目の教育実習で(現場は男のいる場所はないなァ)と感じた時点で、卒業はしよう。でも保育園の先生はやめよう。 続きを読む…
2007/04/22

懐かしい光景

会員様とレッスン会場である公園に行く途中、あまりにも懐かしい(懐かしく感じた)光景を目にしたので、思わず会員様と少しだけ立ち寄った。
それはね。
じゃ~ん!!
移動図書館。
小学校の時は、よく近くの公園に来る案内が小学校から配布され、見に行ったものの、お金がかかると思っていたので遠巻きに見ていただけだった。
でも、この光景がなんだか懐かしく思えてなりませんでした。
完全に私の記憶から消えていましたから・・・。
続きを読む…
2007/04/21

期日前投票

4年前から住みついた、新・おらが町、岐阜県美濃市は、和紙で有名(?)な、人口2万ちょっとの、何もない(のどかな)町で、我が家は長良川の目の前にあり、休みともなると、この時期から河原でバーベキューやキャンプをするアウトドアラーや、リバーカヤックを楽しむ人、私のように岩から飛び込む『もの好き』も多く集まる、ナイスロケーションです。
そんな美濃市にも市議会選挙を明日に控え、一足先に『期日前投票』に行ってきました。
こう見えても私。選挙には必ず行くんです。 なぜか! 政権公約(マニュフェスト)を守らない議員・政党を、投票した上で文句を言うためです。
そんな悪魔な考えを抱きながら足を運ぶと、前日なだ 続きを読む…
2007/04/20

買い物競争

中川区・富田教室にて。
児童コースは運動会ゲーム。
A・B 2つのチームに分かれてリレーをしました。ただのリレーではなく買い物競争。
1つ目のマットは『靴下やさん』。
さっきまで履いていた、甘酸っぱい靴下。穴あき靴下。ほんのり湿りっけのある靴下が選り取りミドリ。
「僕、さっきまでどんなの履いていたかな?」
「お母ちゃん、どれだったっけ?」
靴下やさんで靴下を履いたら、次のマットは『靴屋さん』。
かっこいい靴。水虫の靴。大きい靴。汚い靴・・・。大売出しですよ!!
「靴の中に靴が入ってるよ?」
「片方が見つからない!!」
「それ俺の靴だろ~!」
生活力を高めるた 続きを読む…
2007/04/19

新聞記事


今朝の中日新聞スポーツ面にスキップが紹介されました。
「長寿と向き合う・遊びにも家庭教師」という見出しで、スキップの考える「あそび力」の低下を題材に、取材を受け、かなり大きな写真で掲載されていたので、少しビックリしました。
今回の取材はもう1つの取材(メデ○ア○ャパンなんですけどね)と重なってしまった為に、大村指導員にお願いをしました。
いつもはいかついが、新聞の写真はイイ男!!
中日新聞社 田中様。ありがとうございました。
続きを読む…
そろばんやスイミングスクールなどの習い事をさせるきっかけとして、
「学力を伸ばしたい」「基礎体力をつけ丈夫な体にさせたい」「お隣さんが通いだしたから」 
など、いろいろな理由があると思います。
ただ、進級試験のようにランクがある習い事や、少年団のように出場人数が限られているスポーツでは、続けていくうちに当初の目的と違ってくる場合が多々あります。
親さんの思いは 「楽しければ・・・。」 「今のうちに慣れさせておけば・・・。」 のような親心から、 「絶対に頑張りなさい!」 「レギュラーとらないとお茶くみ係が恥ずかしいでしょ!」 などのように、権力や義務になってしまっては子どももたまったも 続きを読む…
2007/04/17

登校は大変!

午前中に3歳児の会員様と粗大運動を目的とした個人レッスン。午後から昭和区の1年生の会員様宅へ。
午前の会員様は関市の外れの外れ。 学校と保育園が隣接しているのですが、上のお姉さんは1時間かけて登校をしているそうで、大人の足でも30分強。約3キロの道のり。
保育園では普段からお散歩を取り入れているが、幼稚園だと通園バス利用のため、歩くことに慣れない1年生は下校途中で泣き出して、5年生が荷物持ち、6年生がおんぶ係になることもしばしばだとか。
昭和区の会員様は新1年生。 こちらも学校が遠く、20分かけての通学。
前回レッスンは疲れてしまいキャンセル。今日のレッスンも様子を見て激しい運動を避け 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190