メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

見えるものを立体的に操る作業(3D)は子ども達にとっては難しい作業の1つです。
画用紙いっぱいに立体的に絵を描く。サイコロの反対面を想像する。向かい合った友達と反対のしぐさをする・・・。
平面状ではわかることも立体的になると混乱が生じます。縄跳び結びもそのひとつで、一見簡単そうに思えるコマ結びの一種ですが子ども達にとっては至難の業。
最終的には目で頼らずに縄跳び結びができるようになるのが生活力の向上としても理想系ではありますが、まずは立体像の把握とともに結ぶというメカニズムの把握ができるようになればパズルやブロック遊びも進化していくと思われます。
まずは縄跳び結び。ご家庭でも頑張って 続きを読む…
体育家庭教師の問い合わせがまた増えてきました。来年度に向けて鉄棒やかけっこ・水泳を見越して毎日のように電話がなります。
体育家庭教師の私が言うのも矛盾していますが、まずはご家庭でお父さんやお母さんがお子さんのあそびを見直して、少しの時間でも関わってあげて下さい。
どうしても親子間では甘えが生じてしまった場合には第三者の戸からが必要となりますが、グループで行ったほうが良いのかマンツーマンで取り組んだほうが良いのかを吟味してください。
どちらも一長一短がありますがお子さんにとって楽しい習い事が一番伸びる可能性があります。
学習塾では1人の先生が複数人を教えるのでカリスマ指導者も出現しますが、 続きを読む…
今朝の新聞の1面に 『いじめ最多198,108件』とありました。
子どもの絶対数は少子高齢化に伴い確実に減少しているにもかかわらず、小学生・中学生のいじめ件数は増加の一途。前年度の小中高生の自殺件数は202人だそうです。
やはり考えられる背景が『モバイルの普及』。会話でのコミュニケーション不足やコミュニケーション能力そのものの減少と考えられてしまいます。
言葉は印象には残るが形には残りません。メールは印象にも形のも残るのがビジネス面では便利ですが、友達同士のメッセージとして不利に働くことがいじめ原因の大半を占めているようです。
学校帰りにあそぶ約束をして、宿題もせずにランドセルを放り投げ 続きを読む…
スキップ プレジャーアリーナ前の街路樹にはイチョウ並木があり、この時期は黄色く街を染めています。
でも、葉っぱが多く落ちるのもこの時期。商店街の人たちは掃いても掃いても葉っぱが掃ききらず、毎日大変と嘆いていました。
落葉の季節。青々と萌える緑とは対照的に、紅や黄色に彩られ落ちていくさまもまた、いとおかしです。 続きを読む…
乳幼児が親子とよくやるやり取りあそびの1つに『ゆびあそび』があります。
数え歌・茶々つぼ茶壷・とんとんトントンヒゲじいさん などなど様々で、時には人形になったり時にはめがねになったりと指は様々なものを連想してくれて、その都度子ども達は声を出して笑います。
向かい合ってのやり取りあそびは親子間で非常に重要なコミュニケーションで、笑顔・泣き・怒りなどの表情筋を豊かにする上でも十分に行うべきあそびです。
近年、モバイルを片手に行う指あそびが流行のようです。それでは表情筋どころかコミュニケーション能力すら育ちません。
いい年齢になったとしてもお子さんと指あそび・歌あそびをしてみてください。 続きを読む…
2013/11/26

歩く楽しみ

未就園児親子体操ではいろいろなテーマに着目してお母さん方の勉強もかねて子ども達から学びを受ける活動をしています。
フープ・ハードルをまたいで歩いていきます。
子ども達には些細な凹凸でも躓いたり引っ掛けたりするものですが、裸足と靴の感覚を身につけながら転倒経験を重ねて『歩く』を確立していきます。
2~4歳の子ども達の特徴としては前や足元を見ずに、キョロキョロしたり興味のある1点を見つめたりしながら歩く事が多いです。様々な情報を移動しながら得る事で、手振れ防止機能の強化や遠近力・動体視力の習得をしているのだと考えられますが、そこには安全配慮がまだ身についていないので、気をつけてあげてくださ 続きを読む…
スキップを起業して依頼、他業種のビジネス仲間が多くなりました。仲間といっても同じ志で仕事を築き上げていく仲間ではなく、あるキーマンを中心にビジネストークをするいわゆる企業家・経営者の会みたいなものです。
私が会社員として体育指導をしていてはとても出会えなかった人たちばかりですし、畑違いだからが故に面白い斬新な意見が飛び交います。
でも、私が親しくさせてもらっている人達は私より年下の人が多いのです。これも面白いもので、会社員だった頃は何年経っても下っ端で後輩が入ってこない。故にいつも雑用に使われている反面、可愛がってもくれました。が、今では仕事上の契約相手では園長先生や理事長先生・教授など人 続きを読む…
お子さんを何でもできる環境におけば多種多様なあそびや趣味が広がります。
お子さんを1つの環境下で育てれば専門的な技術が身につく可能性が高まります。
アスリートを育てるには後者を選択して親御さんも送り迎えや試合の観戦など、とことんまで付き合うのが日本の一般的なスポーツ選手育成の流れのようになりつつありますが、前者でもアスリートができない訳ではありません。
意外にもほとんどのアスリートは前者が多いのではないでしょうか。幼少の頃に色々なスポーツを通して体作りの基礎や動きの基礎・センスなどを身につけ、ピンポイントに種目を絞った時に温存していたセンスが開花する人が、プロやオリンピック選手になるなれ 続きを読む…
久しぶりに風邪をひいてしまいまして、体は問題ないのですが子ども達にうつしてはいけないと思い大事をとって休みをもらっています。
私とした事がなんとも情けない。気の緩みのせいかテレビを見ながらソファーで転寝をしたのがどうやら原因のようです。
これからの季節は空気が乾燥しますので、手洗いうがいをしっかりしてかぜ予防に努めてください。
(こんな私が言うのも説得力に欠けますが・・・。) 続きを読む…
カミさんと久しぶりにモーニング※ をしに大垣周辺の喫茶店を検索し、安八郡神戸町にある『テーブルファン』というお店に行ってきました。
※モーニング = 東海エリアでは固有名詞となっていますが、朝に喫茶店でコーヒーなどの飲み物を注文するとおまけでついてくるトーストやゆで卵などの軽食の事です。ちなみに東海エリアではモーニングからランチに突入するケースがどの店にも普通にありえる現象です。
3つあるテナントの真ん中で両側はテナント募集のため全区画の駐車場が利用可という好条件のお店で、店内は女性3名で切り盛りしている言わば主婦のための隠れ家的雰囲気でした。
で、私はビッグモーニングセット600円、カ 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190