メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

8日(日)の総長は日本中が沸きに沸いた。イスタンブール・マドリードとの五輪招致の三つ巴を征し、東京が2020年オリンピックに開催国となりましたね。
喜びに沸く反面、審議委員からの福島の汚染水問題に対しての質疑が多くありました。
FACEBOOKや色々な方々のブログにも安倍首相の「東京は絶対に安全です」発言に対し意見が多く出ていますが、ここからは私の意見として書かせて頂きます。
私は東京開催に賛成です。何故ならトップアスリートの祭典を身近で感じ・感動し・目に焼き付けることが出来るからです。確かに安倍さんの「東京は安全」の発言も裏を返せば「福島は安全じゃない」とも捉えてしまいますが、質疑に 続きを読む…
2013/09/08

7年後

2020年 東京オリンピック開催決定おめでとう。
選手は今から7年後に向けて心も体も技術も高めていくことでしょう。
素晴らしい祭典であることを楽しみにしています。
がんばれNIPPON!!
続きを読む…
2013/09/06

任せる

会社組織でも家庭でも教育現場でも、上の者が下の者にある程度の仕事を任せる事が出来ればその組織はグングン成長します。
責任を負わせる。失敗は誰しも嫌ですが避けては通れない時もあります。全責任はトップが取るとしてもそれに携わった者達が失敗を恐れず円滑に業務をこなす。その経験こそが自信につながり人を成長させます。
先週の東海学園大学 野外運動実習では80人の3年生に対して昨年経験した5人の4年生のカウンセラーが十分にサポートしてくれました。
この5人、教育に対する意識レベルが高く、私達指導者よりも機転を利かしプログラムが滞る事無く学生らをコントロールしていました。また、叱るのではなく、怒鳴る 続きを読む…
2013/09/05

腹から声を

幼児はとにかくエネルギッシュ。全てにおいて一生懸命。話をするにも、鬼ごっこも、お給食も、歌を歌うときも、とにかく一生懸命。
エネルギッシュな子の方が失敗もエネルギッシュだから習得も早い。
成長すればするほどそのエネルギーが減退する傾向にあります。
先日も中学生の男の子から陸上競技会に向けての個人レッスンをしてほしいと直接電話で問い合わせがありましたが、声が聞き取りづらい。何度も聞き返してようやく話が聞き取れました。
記録会の期日が迫っていたために、一夜漬けでは運動は習得できませんと説明をしてアドバイスだけ伝えて入会はせずに自主トレーニングに専念するように励ましました。
その方には直接言 続きを読む…
東海地方にもたらした集中豪雨で皆さんの地域は大丈夫でしたか?
中村区も事務所前の大鳥居交差点の道路が川のようになり車が一時動けなくなり、事務所下のダイソーは床下浸水となっていました。
今月に入り日本各地で噴火・大雨・落雷・突風・竜巻などの報道が毎日のようにあり、地球規模で気象状況が不安定です。
急に空が暗くなったり、風が突然冷たく感じたりと、おかしいな?と思ったら迷う事無く避難をするように心がけて下さい。
今夜の雨は大きな被害がなかったものの、名古屋脱出に2時間もかかりました。天災は忘れた頃にやってきますのでくれぐれもご注意を。
続きを読む…
今日から2学期。早速保育園では運動会の練習に突入しました。
体育レッスンは1週間に1回の訪問ですので4から5回で覚えられる最高のネタ(組立体操など)を提供しますが、普段はかけっこやリズムダンスの練習でこの1ヶ月を過ごす事となります。
炎天下の中でも頑張りぬける意識と体力の持続が試されます。
子ども達の一生懸命が発揮される9月です。 続きを読む…
2013/09/01

SNSが招く誤解

ずぼらに見られる私ですが、最近はやりのソーシャルネットワークサービス(SNS)をビジネスツールとして使用しています。あくまでもイベントの告知やブログへの誘導・その日に起きたレッスン中のおもしろエピソードやちょっとぼやきなどなど、気がついた事について簡単なアップをしています。
このツールからの励ましのメッセージや感謝のお言葉に関しては返信させて頂いているのですが、会員様からのレッスン予約や問い合わせ・関係者からの申込みなどが来るようになりました。
これは私のこだわりと言うか割り切りとなってしまうので皆様に誤解を招いてしまっており大変申し訳ないのですが、あくまでも私が思うSNSは弊社ホームページ 続きを読む…
東海学園大学 野外運動実習3日目。
今年の参加学生達も、コミュニケーションに不安定だった初日から始まり最終日には班だけではなく参加者全員の団結が感じられ、学生達自身もその変化に驚きが隠せないようです。
ウォークラリー
初日1発目の野外プログラム。道中は会話も弾み問題を解くための相談や道順の確認など、初めて会った仲間とも打ち解けることができたようです。
砂の造形
出発前にイメージしたデッサンを元に立体の造形を作っていきます。大人達によるスケールの大きい砂遊びは子ども心に帰る事ができたようです。
フライングディスク
学園の独自ルールで団結した班によるプログラム唯一の競技です。暑い体育 続きを読む…
2013/08/30

見られる意識

東海学園大学野外教育学習2日目。
カリキュラムをこなす時は楽しみましょう。でも意識は体育教員の意識で。
誰が見ても嬉しくなるものを作れる努力を。いつでも憧れとなる行動を。
先生と呼ばれる立場の人のほとんどは、教える職業ではなく、見られる職業です。
頑張れ!学生!!
続きを読む…
今年も三好市にある東海学園大学から客員でお声がかかり、美浜少年自然の家へ2泊3日の野外運動実習に参加します。
中・高の体育教員課程を取得するための3日間でハードなスケジュールですが、学ぶことも多く、私も楽しみです。
今年は総勢80名。昨年よりも希望者が多くその分テキパキ行動が重視されます。
将来の先生になるためにみんながやり抜いてほしいと思います。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190