メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

この夏休みの間、スタッフの末光とシンクロしていた事が2回もありました。むしろ末光が行っていた事を後日私が追っかけていたのです。
『シンクロニティー』 = 『共時性 (きょうじせい)』 意味のある偶然の一致。とあります。志が高いと偶然にも同じ方向を向く事は多々あります。というか、狙いが同じだから偶然ではなく必然的に向きが同じになるんでしょうね。
私が起業家だから先駆者。の時期はとっくに通り過ぎ、信頼置けるスタッフから学びを得る事の方が多くなってきました。
良いアイデアや斬新な発想を1手も2手も先に若い戦力が温めて、少し遅れて 「こんな事はどうだろう?」 と提案した時に 「実はその企画なのです 続きを読む…
夏休みもいよいよ終盤。今年は地域によっては9月1日・2日が土日ですので3日から始業式が多いと思われますが、それでもあと2週間。サザエさんを2回見てしまうと通学です。
夜更かし、寝坊、暴飲暴食、クーラー病・・・。夏休み中に身に着けてしまった不規則な生活習慣をそろそろ修正する必要があります。
熱中症が今年も大流行しましたが、原因のひとつに暑い環境で日ごろから遊んでいないから。快適な環境から急に過酷な環境へ移動すれば発汗が困難となり体内(脳内)中枢がパニックを起こします。
2学期になるととたんに運動会の練習になる幼稚園・保育園・小学校・中学校も多いと思います。クールダウンはエアコンから水遊びに、 続きを読む…
末光のブログに便乗させて頂きます。
彼がこのブログを書いていたとはまったく知らず、次の日に同じ場所にカミさんと出かけました。そして彼と同じ体験をしました。
誘導係の方が、「ここの駐車場には13500台が収容できます。ということは13500分の1を探さなければなりませんので、停めたエリアを忘れないで下さい。」(以下のフレーズは末光のブログに続く)
CMに良く使用されるキャッチコピー。簡単で尚且つ覚えやすい。 『いいことあるぞ』『お口の恋人』 『スカッと爽やか』 など、次にに続く企業名や商品名がすぐに思い出されるのはイメージ戦略の1つです。
最近は歌になっているCMが多く、子ども達も無意識に 続きを読む…
2012/08/17

家出をしよう

8月16日付けの朝日新聞に政治学者の姜尚中(かんさんじゅん)氏が『家出をしてみよう』称して、いじめを受けている若者にメッセージを送っていました。
家出をしよう。ドラえもんがいてくれたらと思う事は誰でもあるはず。
自分を苦しめている世界から脱出すれば何かが変わる。見たことのない場所を訪れたり、自分の知らない果てしなく遠い町で住み込みで働いてみたりする。
『 最低1ヶ月』と付け加えられているが、その長きにわたる月日の中で人生観も変わり、自分の立ち居地がなんとちっぽけなものかと見つめ直すことがきっと出来る。補導されそうになったらうまく切り抜けて生きる力を奮い立たせれば、親も心配し学校も社会も血 続きを読む…
2012/08/15

追悼

今日、67回目の終戦記念日を迎えます。
私達が不自由なく毎日笑って過ごせるのも当時、戦って下さった方、守って下さった方、争いを食い止めようと駆使して下さった方、生き延びて下さった方、復興しようと勇気を与えてくれたすべての方々のおかげと感謝します。
毎年の事ながら黙祷を捧げることにします。 続きを読む…
ロンドンオリンピック男子陸上でパラリンピック金メダリストの南アフリカの選手が堂々とトラックを走っていましたね。献上の選手と走るために義足の使用素材など厳しいチェックがあったそうですが、ハンディを抱えている人でも対等に戦えると証明したオリンピックでもありました。
身体的に障がい者として認定されてしまうとオリンピックには出られないのでしょうか?健常の人でも車椅子バスケットをしたいと思う人も数多くいますが、(私も1回だけやりましたがハマります)レベルを落とすことは難しいとしても、一定基準のレベルやタイムに達すればこの境を取り外しても良いような気もしました。
ただでさえパラリンピックは開催されるが放 続きを読む…
ロンドンオリンピックもとうとう最終日。日本は振り返れば多くのメダルを獲得しましたね。
実は一番楽しみにしていたのがバスケットボール決勝。やはりUSAとESP。北京と同じ顔合わせ。昔の血が騒ぎます。
ブログはそこそこにテレビに噛り付きます。 続きを読む…
2012/08/11

休まず営業

例年の事ながら、プレジャーアリーナ及び体育家庭教師はお盆にもかかわらず休まず営業です。なお、体育家庭教師は担当スタッフのスケジュールを確認してご予約を承りますので、お受けできない場合もございます。予めご了承下さい。
13日から16日までの4日間は、プレジャーアリーナで何かがある!!! 続きを読む…
ロンドンオリンピックを見ていて、どうしても柔道の事が気になってしまいます。
男子は金メダル0、女子も1。『お家芸』『発祥のスポーツ』『獲れて当然』これら全てが日本に金を獲らなければ!という重圧になっていたのではないでしょうか。
オリンピックにおいて、群を抜いてこの種目だけはこの国が常に強い!という種目はないと思います。あのアメリカですら、ドリームチームを結成したにもかかわらずバスケットボールで金メダルを獲れなかった時もありましたし、陸上100mもいつしかジャマイカが独占するようになりました。
この大会をきっかけに、終われる立場や勝ち続ける常識などを一度捨て去り、初心に戻って挑戦者の気持ちで 続きを読む…
2012/08/06

騎士道

昨夜も眠れない夜でした。金メダルには届かないもののメダルラッシュでしたね。今夜も目が話せません。眠らせてくれ~。
前大会でフェンシング個人フルーレで銀メダルを獲得し、一躍時の人となった大田雄貴選手が、今大会は団体で銀メダルを獲得し私も大興奮でした。ただ漠然と見ているのですが、決まったかの判定がわかりづらく意外とルールも難しい。第1回大会から正式種目となっているだけにこれはやはり歴史と伝統を重んじる紳士のスポーツです。
そんな太田選手が今朝の報道番組でのインタビューで、「日本の武士道のように騎士道を持って戦いました。」とのようなコメントが出ました。
フェンシングにも『道』が存在しました。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190