メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

2015/05/22

通学団

毎朝犬の散歩をしていると、小学生が集団になって登校していきます。
子ども達は口々に 『えっぱら先生、おはよう。』 と声をかけてくれます。
私が住んでいる地域から小学校まで直線距離で約1キロ。子どもの足だと3~40分はかかるでしょうか。
1年生の子達は6年生の団長に離れまいと大きいランドセルを背負いながら頑張って登校しています。
列をなして歩く、整列する、挨拶をする、時間に集まる、距離を歩く・・・。通学団登校はいろいろな意味で社会性が身につくと考えられます。
平和な日本が、子ども達だけで通学するというシステムを作り上げてきました。
通学団の列に車が突っ込む事故が多く報じられるよ 続きを読む…
起業した当初の2005年前と比べ、登録インストラクター(学生アルバイト)の問い合わせや反応が明らかに減りました。教育学部の倍率は決して減ってはいないのでしょうが、教育者としての人気が低迷しているのでしょうか。
幼児教育や児童教育を志す若者にとって指導力をつけてもらうために登録制度を設け、数多くのスタッフ達がSKIPを巣立ち、幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校・養護学校などの現場に先生として第一線で働いています。30人以上の子ども達をまとめる以前に1人の子どもすら満足に遊ばせられないのでは将来が危ぶまれます。
運動嫌いな子・理解するのに時間がかかる子・発達に遅れがある子など、子どものでき 続きを読む…
2015/03/11

14:46

神のイタズラなのか東海地方では昨夜から今シーズン一番の大雪で、天変地異にはやはり人はもろいな。と改めて感じさせられました。
今日で東日本大震災発生から4年を迎えます。未だに2584名の方々が行方不明という事で、一早い発見と身元確認を願うばかりです。
被災地の方々、被災された方々、犠牲者遺族の方々におかれては、今日という日を迎えることが複雑だと思いますが、是非前を向いて1年1年強くなってほしいと願います。
そして被災とはほぼ無縁の東海地方に住む我々にできることは、他人事だと思わず、風化をさせず、毎日を元気にすごし、今日の 14時46分に黙祷を捧げることだと思います。
日本が平和でありますよ 続きを読む…
今年度も早いもので3月となり、あと数日も経てば4月となる。進級される人達が圧倒的に多い中で、進学や社会人など、新たな環境に飛び込もうとしている人も数多くいることでしょう。
新たな環境に足を踏み入れるということは、心ときめき希望に満ちたキラキラしている反面、 不安も多いと思いますが、自分の決めた道を自分を信じて歩んでほしいと思います。
大人になればなるほどこのキラキラした環境の変化は少なくなると思うので、新天地を楽しみつつ、悪い誘惑に負けないように今から備えてください。 続きを読む…
本日行われた親子体操の後の質疑応答で、親御さんから「子ども達のケガは昔と比べて増えているのですか?」という質問がありました。
学校教育の教育制度や指導内容と比べ、保育園・幼稚園のそれは20年前と大きく変わったとは思えません。子ども達は登園してから元気にあそび、お給食を食べ、歌を歌ったりお遊戯をしたりしてお迎えを待つ。この流れは私が幼稚園だった頃と変わっていません。せいぜいお迎えの時間にビデオを見せてもらっている風景が現代のスタイルかなというところです。
家庭環境や休日の遊びのスタイルは明らかに変化してしまいましたので、それは無いものとして、保育園・幼稚園の学齢(3才~5才児)の園での生活スタ 続きを読む…
授業を受けた記憶よりも先生が話してくれた余談の方が記憶に残っています。
部活でしごかれた記憶よりも厳しい顧問からあめ玉をもらった記憶の方がインパクトが強いです。
たんたんと授業を進める先生より熱心に教えてくれる先生の方が嫌な科目でも耳を傾けたくなあります。
塾や習い事はどこにいくかではありません。 どんな先生に学ぶかです。
月謝や世間体など、親の都合ではなく子の成長を第1に考えて、良い先生に巡りあってください。 続きを読む…
2015/02/27

魅力を伝える

教育実習で園に入って学んでいる学生がこの時期多くいます。子ども達と接する中で子どもの言動や表情などを捉え、自分なりの解釈で対応をして、感じ取れるすべてを実習ノートにまとめていると思います。
教育実習は私も経験があり、ノートまとめは正直地獄でした。しかし今になってその事がかなり自分のためになっています。このブログに関しても実習ノートを書いていたあの頃があってのものかもしれません。
しかし、ノートをまとめるのがその時期の仕事ではなく、先生となった時に如何に子ども達に魅力を伝えられるか。そこです。
実習最終日に子ども達が群がっているくらいのフィーバーぶりであれば合格だと思います。
将来、保育士 続きを読む…
ハンドボール豊田合成ブルーファルコンなどで選手経歴のある 隅田 恭純堂(すみだやすたか)氏をお迎えし、ボール投げのコツを教えて頂く講座を企画致します。
下記の要項にて実施致しますので皆様からのお申込みをお待ちしております。
『 ボールを上手く投げるためのスローイング講座 』
日時 3月21日(土・祝)
幼児(幼稚園・保育園在園の方)  13:00~13:50 限定10名
児童A(小学1~2年)  14:00~14:50 限定8名
児童B(3年生以上) 15:00~15:50 限定8名
マンツーマン講座 16時以降 限定3名
詳しくはこちら http://www.sf-skip.com 続きを読む…
2015/02/08

感情表現

怒る・泣く・笑うなどの表現ができても、感動する表現ができない子が多いような気がします。
出来た時の 「やった~!!」 が言えるチャンスをたくさん与えてあげて下さい。
子ども達にとっては出来ない事や初めて挑戦する事がほぼ毎日。故に 「やった~!!」 が毎日のように聞かれるはずです。
上手な感情表現が出来るお子さんに育てて下さいね。 続きを読む…
2015/01/28

「~だから」

いろいろな現場の先生方と話をする中で、どうしても 「最近の若い人達は・・・」 と言う話になってしまいます。全部を一括りにしてしまってはいけませんが、若い人のことをいう歳にもなったのかな~とも思います。
そこで、「最近の若い人達は、すべてを言い切ってしまう傾向にある。」 たとえば、「今日は風邪をひいてしまったので会社を休みます。」 とか、「これは嫌いだから食べられません。」 など。
メールで一方的なやり取りではなく電話で思いを伝えるだけまだマシなのですが、言い切られてしまうと 「あぁそうですか・・・。」 としか言えなくなってしまう。
良い意味で 「~だから」 「~だけれど」 が欠如しているの 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190