メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

この10年を振り返ると私なりに波乱万丈だったような気もしますし、好きなことを好きなようにさせて頂いたような気もしますし、十分とは言えないながらもさまざまな社会勉強をさせて頂いた気もします。
12年続けた幼児体育の会社を退職し、1年間市職員として療育指導員となる。大人数で体育やサッカーを教えていたことに慣れていた私にとってマンツーマンでのレッスンはここが原点。さらに、健常のお子さんとは違い思うように体が動かなかったり思いが伝えられなかったりする子ども達やその親御さんからの無言のメッセージ、『生きる』ことの重みを感じ取れました。
その後資金を貯めるべく工場勤務。この時に始めて週休2日と夜勤を体験 続きを読む…
今年も『夏季限定!5日間短期レッスン』のキャンペーンを実施致します。
このキャンペーンはスキップに入会されていない方が対象となります。この夏に少しだけレッスンを受けたいという方に、水泳や鉄棒などの苦手種目をスキップのインストラクターが親切・丁寧にレッスン致します。
詳しくはホームページをご覧下さい。 続きを読む…
先生や親の魅力を引き立たせる。やらせるのではなく導く。
折り紙をさせたければ、「やりなさい!」 ではなく 自らやってみる。
「私もやる。」「じゃあボクも。」「なら私も。」「俺も。」・・・「だったらウチも。」  どうぞ どうぞ。
みんなを誘い出せば苦手意識がある子や興味のない子までついてくる。そんな環境を作っていく。 そんなレッスンや保育だとストレスは貯まらない。
興味を持たせて、後は本人がスイッチを押すのをジッと待つ。
頑張れ保育士。頑張れお父さんお母さん。
続きを読む…
2012/06/05

原因の起源

個人レッスンの会員様から問合せの連絡がありました。「どうやら子どもは発達障がいではないそうです。」と、明るい口調で話されました。
言語の獲得はスムーズだったものの、就寝する時も少しの物音や動きで起きてしまったそうで、もしかしたらと思い保健センターに相談したところ、発達に遅れがあるのではと言われ、1年間訓練を受けていたそうです。スキップに入会したのは今年になってからで、まだ4ヶ月目ですが、取っ掛かりに時間がかかるものの習得は早く運動面・あそび力から見て遅れているとは感じられませんでした。むしろ毎回楽しそうにあそんでいます。
ある日、保健センターの方から「健常ですよ」と言われたらしく、その原因を 続きを読む…
6月3日(土)に大垣市立荒崎幼保園より依頼を受け隣接する荒崎小学校体育館で親子体操を行いました。
今年度から住居を構える学区内のため、歩いての出向。なんだか登園する気分です。
親御さんたちが休んでいる間に子ども達は、靴探し・靴下探しに挑戦。
自分が履いていた靴は見つかったかな? 上手に靴下履けるかな?
小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんも参加して、大きな体育館でみんな伸び伸びと活動していました。
続きを読む…
アリーナレッスンにて。中学生の会員様のバク転レッスンをのぐち先生とまゆか先生が私に引き継いで行なっています。お陰で彼女は補助ナシのバク転があっさりとできるようになりました。(少しジェラシーです・・・。)
2人で1人の会員様を担当しているので、なんともVIPなプライベートレッスンです。でも会員様のお陰でスタッフが向上させるための話し合いをします。
レッスン中のスタッフ間の話し合いは失礼なのかもしれませんが、1人よりは2人。様々なやり方が提供できます。
より綺麗なバク転を習得してもらいたいが故に、2人は必死になって打ち込んでいます。
土日にアリーナで行っている個人レッスンも極力2人体制で 続きを読む…
ある会員様から「スキップの先生は指導レベルが高いですね。」と言われました。非常に嬉しいお言葉です。
スタッフ対象の指導セミナーを月2回行っているものの、それだけでは指導スキルは向上しません。常々スタッフ達には「会員様から学びなさい。」と口やかましく言っています。
わからない顔をしている時は説明が悪い。
話を聴いていない時は話に魅力が無い。
子どもが言う事を聞かない時は指導力が悪い。
良い意味でも悪い意味でも子ども達は素直です。包み隠さずストレートに物事を言います。指導者には最強の教材です。
最悪だったレッスンだとしても、その内容を親御さんに説明をして次回につなげなければいけない。学校の先 続きを読む…
先日、他県の家庭教師と名乗る方から「体育の家庭教師について教えて欲しい」と電話がありました。独立をして体育家庭教師を立ち上げたい様子です。実は同じようなケースで2年前にも札幌から親子体操を学びたいとわざわざ名古屋まで来て、2日間密着で同行し見事に成功した方もいます。
私達が起業以来培ったきたノウハウを電話ではお教えできませんが、SKIPの手前味噌のレッスン方・ビジネス戦略・理論であれば惜しみなくお教え致します。
当然高額のノウハウ料が発生しますがやり方次第では半年でペイできるでしょう。
美味しい話は転がってはいません。が、アドバイスと言うものも、あくまでもその人の手法のいくつものうちのたっ 続きを読む…
私が学生の頃は電車で通勤や通学をしている人のほとんどが、新聞や雑誌・愛読書を読んでいましたが、今ではほとんどが携帯電話を眺めています。
物は変われど眺めている事に変わりは無いので同じことなのでしょうが、目の不自由な方やハンディを負っている方、妊婦さんやご老人が立っているシーンを今日だけで2人も見ました。
席を譲らないのではなく、自分の世界に入り込みすぎて気付かないのです。
通勤・通学中が1人になれる至福のひと時かもしれませんが、見配り気配りが出来ると良いですよね。
でも、近くの人が気付いて最後は席を譲ってもらっていました。 日本はまだまだ捨てたものじゃない。 続きを読む…
電話での問合せが多い中、とあるお母様からの質問を受けました。
主訴は、
・名古屋からは少し遠方ですが指導者を派遣して欲しい。
・小学高学年で水泳のタイムを縮めたい。
水泳レッスンはこの時期から多く依頼が集中するカテゴリーで、スタッフを補充・養成はしていますがなかなか追いつかず、曜日によっては3月末から待っていただいている方もいますが、1日でも早く手配できるように努めています。
生憎、お年頃のお子さんですので女性スタッフを出向させたいところなのですが、現在はそれも手薄で、男性スタッフでは水泳に秀でたスタッフがいますと伝えたところ、今も指導者自身水泳はやっているのか?学生でも指導力はあるのか? 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190