メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2008/06/18

万座毛の芝は真のコウライ芝です。

 

 これが万座毛のシバの発芽したところです。万座毛のシバについてあれからいろいろと調べました。

 

 この万座毛のシバは実はコウライシバです。ただ、一般に販売されているコウライシバやゴルフ場で使用され

 

 ているコウライシバとは異なります。これらのコウライジバは、本当はコウシュンシバです。コウシュンシバは

 

 九州・台湾に自生しているシバです。一般にはコウライシバと呼ばれています。

 

 万座毛の芝はキヌシバと呼ばれていますが、実際はコウライシバなのです。これを説明すると日本のシバ植

 

 物の分類黎明期のミスの話しをしなければならないので話しが長くなるので、やめますが!

 

 コウシュンシバもコウライシバも両方とも種子が売られていません。理由は発芽率が極端に悪いということで

 

 す。ノシバでも30%ですので、たぶん10%台なのかな?と思います。

 

 それが2週間で発芽しました。毎日増えています。

 

 それと写真でもわかるように、土壌を覆土しません。この方法でコウライシバを発芽させるているのは、たぶん

 

 知っている人が見たら驚異かもしれません。でもこれは現実です。

 

 今日コメントをいただきました。なんか嬉しかったです。見てくれている人がいるのだと・・・・

 

 ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: