メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2014/02/21

金華山のノシバを防潮堤・復興公園に利用する!その1

宮城県金華山で採種したノシバ種子は、研究班で脱粒作業を行って分離

           

KOH30%溶液で、発芽処理を行って播種します。

 

時期にもよりますが、播種後1週間で発芽します。

 

発芽後、2か月養成して、ポットに移植します。

 

 

ポット化後1か月育苗すると、植え付け可能な種シバができることになります。

 

研究班は、この苗を9月末に宮城県に送付、10月上旬に現地での植え付け作業を行いました。

 

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: