メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧


水消費を抑え、雨水やソーラーエネルギーを組み合わせた、
持続可能な屋上緑化システムに挑戦するための取り組みを始めました。
まずは導水シートの性能テスト!
従来使用していた導水シートは、水の拡散が大変優秀なシートです。
でもコストが少し高いので、安価なものを探していたところ、
製紙メーカーが作った給水シートがありました。
しかし使用するには、幾つかのテストで、
今までのシートと同じ程度の性能が必要になります。
そこで、昨日からテストを開始しました。
1回目のテストは失敗!
理由は、吸水する水の色づけが上手くいきませんでした。
それと明確な基準設定をしていなかったことも原因 続きを読む…
高校生国際水フォーラム2日目が終了しました。
研究発表の講評の中で、アメリカの高校の先生が、
屋上緑化の発表をみて、
私達もヒートアイランド抑止のために、屋上慮化に取り組もうとしているが、
日本の高校生が、すでに実用可能な節水型屋上緑化を
ここまで実現していることは、驚くべきことだ!
しかも、その適正にあった植物も考えている。すばらしいことです。
と言っていただきました。
最後に、ストックホルムチームjの代表として、
脇坂奈於が、
日本は雨が多いが、一人当たりの使用量は決して多くはない。
ヒートアイランド防止のために、屋上緑化は必要だが、
水の使用を抑えなければ、tota 続きを読む…
2009ストックホルムチームの最後のイベント!
滋賀県守山市で行われた高校生国際水フォーラムで事例発表を行いました。
英語のプレゼン・ポスターセッションと大変でしたが、
さすがに世界を経験した彼ら彼女らは、堂々とプレゼンを行いました。
海外を含む多くの人から、良かったと言っていただきました。
ストックホルムに同行していただいた、
通訳の吉永さんの援助も大変大きなものがありました。
続きを読む…
2010/02/15

春の息吹!

草花クラブの新しいプロジェクト
古来からの在来植物、日本サクラソウを素材に開発する
「和の世界に一つだけの花」の親株が発芽してきました。
日本サクラソウは江戸時代、桜の花見の前に
河川の土手でサクラソウの花見があったぐらい、
当時の園芸にとって中心的な植物でした。
多年草であり、夏の暑さに弱いため一般ではあまり知られていませんが、
この花の熱狂的な愛好家は多く、大変マニアックな花です。
草花クラブの取り組みは、この花を園芸的に1年草化し、
世界に一つだけの花化を目指すという目的で導入しました。
続きを読む…
少し前のブログに農業科革命!の話しは長くなるので、改めて書きますという話を載せました。
本当に長くなる話しなのと、難しい話しになるのでブログで書くのを躊躇していました。
でもやっぱり書きたいと思ったので、わかりやすく少しずつ書こうと思います。
「昔しは桂高校園芸科卒業!農業科卒業ってアホって言っているみたいで言えへんかったけれど
最近は桂高校園芸科(農業科)卒業って言ったら、すごい学校出てるやんって言われるねん」
「なんかうれしくなって、近頃はみんなに言ってるねん!」
これは先日訪ねてき30代後半の教え子の話しです。
毎年、キャリアガイダンスで農業の話しをしに来ていただいている講師 続きを読む…
いよいよ来週推薦入試です。
今年はどんな生徒が入ってくるのか楽しみです。
将来TeamKに加わる可能性のある子供達です。
共に夢を見る日を楽しみに、ワクワク・ドキドキしながら
待っています。
TeamK今年の新メンバーは、
現在、若草山・K-NET・ノシバについて勉強中!
「う~ん難しい!」
「屋上って気持ちいい! ここを緑化するんや!」
毎週・・・学ぶことが一杯です。
4月から、本格的にTeamKの一員として取り組むための
基礎学習・・・彼女らは頑張っています。
続きを読む…
先週、来年度の新メンバーが発表されました。
本日より授業開始です。
まずは、現在研究している内容やノシバについての基礎知識から・・・・
真剣な眼差し・・・ 熱心にメモを取る・・・ 大事なことです。
期待できます・・・
続きを読む…
卒業作品展が終了した夜は、
南九州大学京都・滋賀OB教員の会がありました。
現在の大学学長も参加し、私は依頼されて講演会を行いました。
学長の話しでは、大学をなんとか良くしたいという想い、
しかし、起死回生の移転や学部の中身の改正も効果なく
入学希望者が減少傾向にあることなど、あまり明るい話しではありませんでした。
私は急きょ講演内容を変更!
TAFFシステムを考え、導入した本当の狙いについて話しをしました。
話すと長いので、どこかで「農業科革命!」銘打って書きます。
でも、大学が抱えている問題と農業高校が抜け出せないでいる課題が
微妙に重なっていることは、確かでこの話しをす 続きを読む…
17回目の園芸ビジネス科卒業作品展が終了しました。
今年は、いつものウェステイで行うのではなく、
京都の中心部、ゼスト御池で行いました。
オープンスペースでいくつか不安がありましたが、
盛況に無事済んだみたいです。
私が最初に始めたイベントですが、(現在は別の担当者が行っています)
子供達の作品のレベルが上がって、本当に素敵な空間になっていました。
今年入学希望の中学生の生徒さん達も見学に来ていました。
園芸ビジネス科3年最後の大イベントです。
続きを読む…
明後日からのフローラルアート卒業制作展が開催されます。
17回目の制作展は、会場を京都市内に移しての開催になります。
毎年レベルアップする作品を、もっと多くの人に見てもらいたいと
京都市内に会場を変更しました。
場所はゼスト御池です。(京都市役所の地下になります)
ただ、オープンスペースなため、作品の管理が不安ですが、
彼ら彼女らの作品が多くの人に見ていただく絶好の機会となります。
本日は会場設置と基本配置、明日は生け込みと2日間の準備のあと展示となります。
園芸ビジネス科最後のパフォーマンス!がんばりましょう!
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475