メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

環境フェスティバル始まりました。
桂高校の展示ブースは、結構いろいろな人に注目されました。
チームKのメンバーが総出で対応してくれました。
何といっても、隣のブースの㈱國陽さん。
若草山の芝地復元には、人の踏圧の問題を解決しなければならなかったのですが、
このメーカーの瓦素材で開発された土は、踏圧に影響受けない用土らしいのです。
先日京都大学の先生に、そのような土があることを教えていただいて、
そのメーカーを探してしたところでしたので、本当にびっくりでした。
う~ん天祐かな?
でも、来年の若草山芝再生が、大きく前進したことには変わりありませんでした。
続きを読む…

明日から「京都環境フェスティバル」です。
ようやく準備も終了しました。
桂高校の校章が結構映えています。
隣のブースに、先日京都大学の先生が企業と共同研究されている。
踏圧に強い土壌を開発しているメーカーが展示されていました。
早速若草山の件で、意気投合しました。
明日が楽しみです。
続きを読む…

台湾の農業高校との交流会を行いました。
フラワーアレンジでの交流・プレゼンテーション
最後の撮影は、桂高校の校章のデザイン芝で記念撮影でした。
終わってから、デザイン芝でモナリザを描けないか?
と言われて、挑戦してみようかな?
と悪い虫がムクムクと・・・・・・
続きを読む…

ノシバの冬枯れの屋上風景です。
ノシバは、日本原産の固有種です。
どんな高温にも耐えうる性質を持っています。
冬はこのように枯れ上がります。
でも、決して死んではいません。
冬の間はこのように休眠しています。
日本の原風景がここにもあります。
冬の間は、ほとんど潅水もしません。
もちろん芝刈りも不要です。
でも翌春、暖かくなると復活します。
やはり、ノシバは屋上緑化植物の最右翼です。
続きを読む…
今週末は環境フェスティバルです。
そろそろ、準備を開始しないと・・・・
でもテスト問題も・・・・と大変です。
デザイン芝「CHANGE」に続いて、学校の校章バージョンも出来上がりました。
   
結構上手く出来たと思います。
横から見ると、どこかの豪邸の庭みたでしょ!
続きを読む…
日本水環境学会 関西支部で社会文化賞の表彰をTAFFチームが受けました。
ほとんどが大学の環境関係の先生ばかりの中で、
チームの生徒は研究成果を発表しました。
緊張したと思いますが、生徒にとってはいい経験になりました。
大学の先生からは、本当に凄い研究をしていると感心していただけました。
彼らは全員2年生です。これらの積み重ねが、進路へ繋がっていきます。
この経験が、人間性を大きくさせます。
今日は本当に頑張ったと思います。
続きを読む…
若草山 鶯塚の芝地復元の面積計算ができました。
石碑部分の復元面積は約47㎡となりました。
来年予定している復元面積は80㎡程度(芝マット500枚)なので、
通路も一部復元できると思います。
ただし、これを実現するために多くの問題をクリアする必要がありますが!
続きを読む…
環境フェスティバルに出展する、New K-NET緑化システムのミニ版に
「CHANGE」のデザイン芝を貼り付けました。
緑化システムにデザイン芝を張りつけています。
「CHANGE」のデザイン芝の完成です。
想定通りの出来に、研究班は満足そうでした。
続きを読む…
日本水大賞・日本ストックホルム青少年水大賞のエントリーも、ようやく済みました。
論文指導は、本当に大変で連日夜中までかかりました。
その上若草山の調査もあり、生徒も私も放心状態です。
次の山場まで少しだけ時間が出来たので、清水寺の夜の紅葉を見に行ってきました。
   
 う~んなかなか幻想的でした。やはり秋は紅葉かな?
帰りに七味屋さんへ立ち寄りました。
これって、今問題の例の種子も入っています。
ここの、七味は最高にいいですよ!
私は一味が好きですが!
続きを読む…
若草山から学校へ戻ったのが、18時30分過ぎ・・・
そこから、サンプル土壌の採取・洗浄
終わったのが、20時30分を過ぎていました。
翌日、乾燥させたものを測定しました。
これは、実際の場所の物ではないので、あくまでも参考程度ですが、
サンプリングを10ヶ所するとなると、
膨大な時間がかかります。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475