メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

今年の新春好評だった、プリムラの改良品種「世界に一つだけの花」が開花しはじめました。
と言っても、本格的に開花するのは、12月25日頃からですが?
何故わかるかって?
本日早朝、初めて10℃を切りました。
プリムラは10℃以下の気温に10日間当たって、開花準備が始まります。
それ以降約35日で開花します。
ですから、45日後の12月25日が開花予定日となります。
でも、株が小さかったり、夏の暑さで何らかの障害を受けていたりすると
低温に関係なく開花します。
この写真がそうです。
来春楽しみしてください。
続きを読む…
Ecoワンまであと1週間!
練習にも熱が入ってきました。
最終のフレーズがどうも気になって、先週から悩んでいました。
フレーズもそうなのですが、最終フレーズを喋る生徒を生かし切れていないことも
気になっていました。
昨晩、最終フレーズに音を加えようと思い、葉加瀬太郎氏のCDを購入しました。
練習に来る途中の車の中で、聞いていると
突然、最終フレーズの文章が浮かんできました。
生徒に、ごめんなと言いながら文章を変更してもらいました。
格段に良くなりました。
嬉しかったのは、彼女がイキイキしてきたことです。
大会が楽しみです。
もちろん音楽も加える予定です(技術的な問題をクリ 続きを読む…
全京都農林産物品評会です。
桂高校OB主催の農林産物品評会
桂高校は今年で60周年を迎えます。
普通科・専門学科の併設高校ですが、OBは京都市内の農家が多数占めています。
ですから、全京都農林産物品評会と呼ばれています。
続きを読む…
若草山のノシバを染色体試験とDNA鑑定します。
比較するのは、某種苗会社の中国産のノシバです。
なにが見えてくるのか楽しみです。
でもなにも見えない可能性もあります。
でも、この鑑定に大学の先生が3人もかかわっていただきます。
多くの人の支援によって、研究を支えていただいていることに
感謝しています。
続きを読む…
Ecoワンが近づいてきました。
毎日練習が続きます。
草花クラブKNC研究班とTAFFチームの異なる部分は、
クラブで発表する場合と違って、練習時間に制約があるということです。
バスケ部・陸上部・帰宅部・華道部など多彩な生徒が集まっています。
ですから、用事があったり、クラブがあったりして限られた短時間しか練習ができません。
どうしたら、効率よく発表の精度を上げられるのか毎日思案しています。
今日なんとなく、TEAMとしての手ごたえを感じました。
質疑応答のIさんに、質疑応答でのわかりにくい部分について質問されました。
Iさんに答えている時、チームTAFFの他の生徒は、Iさんと 続きを読む…
いよいよ明日は、花壇の植え付けです。
パンジー・ビオラの準備も整いました。
今年は、パンジー・ビオラで1万5000鉢栽培しています。
植え付け前には、防草シートを敷きます。
2時間かかって明日の植え付けの準備を行いました。
続きを読む…
グレーゾーンとか黒に近いグレーという言葉があります。
どちらかというと、中途半端な・・・という意味にとらわれがちです。
でも、灰色はれっきとした色です。
灰色の考え方は、中途半端な意味ではなく、
バランスをとるという考え方です。
種子自給率の問題にしても、すべて国内産が良いというのではありません。
海外で何かあった時のことも含めて、3分の1は少しコストが上がっても
国内産があれば良いということです。
ただ、企業の利害やリスクを考えると、これは難しいということになります。
だからといって、すべて100%海外生産に依存することは問題です。
ですから、自家採種技術を残す・自家採種に 続きを読む…
種子の話も、バイオエタノール・生物多様性・遺伝子攪乱の話も、
本当に難しい話しばかりです。
大人もなかなかわかりにくいテーマなのに、
生徒に理解してもらうには、大変だと感じます。
だからといって、この話題を知らないままにすることはできません。
この問題を子供達や多くの人に十分に理解してもらい、
成熟した社会に変えていくのは、農業を教える者の責任だと思っています。
でも簡単ではありません。
多くの人は白黒をはっきりつけたがる傾向があるからです。
特に、子供たちはその傾向が強いと思います。
例えば、今回発表の中に表現している種子の海外での生産です。
国内生産が10%に満たない事 続きを読む…
京都Ecoワンでの発表の意義を生徒達と深く理解するために、多くの話をします。
今回の発表の中で、緑化やバイオエタノールなど温暖化防止のために、
良かれと思って導入した植物が、帰化植物であったり、遺伝子攪乱を招く植物であったり
する危険性があり、十分な植物の研究をせずに海外で推奨されているからと
言って導入するのは危険である。という内容に触れています。
その可能性のある植物を調べていくうちに、スイッチグラスという植物にたどり着きました。
スイッチグラスを調べると、アメリカクサキビと言い、北米のプレーリー(草原地帯)に
自生する植物である。砂漠の緑化にも使われています。
トウモロコシ 続きを読む…

TAFFチームの読み合わせ練習です。
3人の発表者と2人のPC担当者で初めて、画像と読みを合わせました。
まだ、完全に融合するまでは、時間がかかりますが、
日にちが無いので急いでいます。
今日見てオープニング画面が気に入らないので、変更を決めました。
また、生徒が怒るかな?
でも発表のクオリティは、下げません。
むしろ、内容共に進化させることが重要です。
そのためにも、直前まで妥協をしないと決めています。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475