メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

草花クラブの夏は、毎年大会に明け、大会に暮れます。
夏休み最初の府大会・夏休み終りの近畿大会
その間、府大会での問題を修正したり、研究を継続したり子供たちは毎日熱心に取り組んでいます。
ある年府大会で、上手くいかない時がありました。終わった後「部員たちはこの夏何をしたらいいのだろう!」
と途方にくれたことがありました。
部員たちにとって、夏は先輩達と同様に汗を流して研究に取り組み、みんなで一所懸命挑戦する夏が過ごし方
なんだと改めて思いました。
私も、彼らとともに過ごす夏が、いつの間にか普通だと思っている自分に気が付きました。
いつの頃から、海・山 バイクツーリングに行っていない 続きを読む…

 これが若草山の芝です。だいぶ成長してきました。やっと3週間の芝の赤ちゃんです。あと4週間もすれば、かなりの芝マットになります。
 
この1枚の芝を発芽させるのに4か月もかかりました。でもこの1枚には、大きな意味があります。自家採種の芝を発芽させ、無覆土での芝マット化ができれば、日本が抱えている河川や道路の法面の外来種植栽による遺伝子の撹乱や植物相の変化を最小限に抑えることになるからです。
発芽のさせ方は、今年のプロジェクト発表会で発表しています。でもこの1枚の芝の持つ意味を考えれば、考えるほど重要な意味になると思っています。でも、なかなかそうはとってもらえない・・・のかな?
続きを読む…
ようやく京都府のプロジェクト研究競技会が終わりました。
結果は、草花クラブの2チームは、今年も最優秀でした。これで、近畿大会へ出場できます。
しばらくブログを休んでいたのは、この大会に出るため、生徒達と連日画像の制作、資料の整理、発表の練習に明け暮れていたためで、本当に時間がありませんでした。
終わって感じたことは、いつの間にか生徒は逞しく成長していました。連日必死な作業で、研究以外のことで、生徒と話す機会がほとんど無かったのですが、終わって生徒とゆっくり話すと、なんか逞しくなっていました。
毎年思うのですが、プロジェクト発表競技会への挑戦は、単に生徒のやってきたことの足跡を残すだけでな 続きを読む…
やっと、自家採種の種子が3日で発芽を始め、一斉発芽を確認できました。(市販の種子と同じになりました)
自家採種の種子発芽に挑戦し始めて2か月、0%だった自家採種の種子は、実験を重ねるごとに10%20%50%となり、ようやく70%へ発芽率を高めることができました。
こうやって書くと簡単なように見えますが、毎日毎日 生徒たちとKNCを開けては、溜息は出るわ!「なんで上手くいかへんのや~」って叫ぶは大変でした。
でも、その発芽には少しずつ答えが、隠されていました。パズルをひも解くように、一つ一つの可能性を考えて、解き明かしていくにつれて、発芽率は上がってきました。
ようやく1枚の自家採種の芝が 続きを読む…
若草山に張った芝の確認と調査に行ってきました。
張った芝は上手く張れていた場所と枯死していた場所、場所が不明になっている部分がありました。
枯死した場所は、再度張り直しました。
今回は奈良公園管理事務所の山本さんに同行していただきました。
話しを聞くと、奈良公園の芝は、ほとんど手が入っていないそうです。やはり鹿が管理しているようです。
鶯塚というのが若草山にあります。この鶯塚付近の芝が痛んでいるそうです。研究が上手くいったら、その周辺の芝の復活に協力をお願いされました。

続きを読む…
7月4日(金)にNew K-NETを設置しました。
設置したのは、TAFFメンバーと草花クラブKNC研究班の計10名です。
設置にかかった時間は、準備2時間・設置2時間30分の計4時間30分でした。
生徒は全員17歳女子7名・男子2名と私50歳の10名でした。
準備から設置までをすべてこのメンバーで行いました。だれにでも簡単に(日曜大工でも)設置できる屋上緑化・・・これってすごいと思います。
でも本当にすごいのは、気温30℃を越える中で、生き生きして取り組む姿です。
制作過程を見てください。
※ベースベッドの製作です。ホーラー(オリジナルです)器具を使って、スタイロフォームに穴を開 続きを読む…
とりあえず発表が終わりました。発表機材のトラブル、それによる発表者の動揺等・・・・・・
結果は2位で、校内代表が決定しました。
ひやひやものでした・・・・
他の3チームもかなりレベルが高く、どこが代表になってもおかしくない状況でした。
生徒には今日はとりあえずおめでとう、明日からはテストに専念しましょうと話しをしました。
京都府連盟の大会は25日です。テストあけから、原稿の見直し、画像のクオリティの向上、
想いを聴衆にどう伝えるかの工夫!僕もチームの一員として頑張ろうと思います。
続きを読む…
今年の研究発表用のプレゼンテーションがようやく昨晩完成しました。
生徒と連日9時過ぎまで残って、研究の取りまとめからプレゼンテーション作りまで、この1か月間
本当にしんどい日々が続きましたが、ようやく完成しました。
今年のテーマは「CHANGE」!某テレビ番組のテーマと同じですが、この作品名にしようと生徒と考えたのは、
昨年の12月ですので、意図的ではありません。
今年の作品は、昨年の「地球(ほし)に生きる」と違って、優しい作品になりました。創る生徒達の雰囲気が反映しているのでしょう!昨日見ていて、全国まで行けるかどうかわかりませんが?いい作品になったな~と思いました。
明日(7月3日)は校 続きを読む…
無事発表が終わりました。小池百合子元環境大臣の後でしたので、少し生徒は緊張気味でした。今回発表者に選ばれたO君・Wさんは2日の練習で、原稿をすべて覚え無難に発表しました。今回は昨年の作品なのと、もうすぐ7月2日に今年の研究発表の校内選考会があり、連日10時近くまで発表画像や、研究データ・実験を続けており、大変なので覚える必要はないよ!と言っていたのにしっかり覚えてくれていました。本当によく頑張っています。今回の発表チームには、新しく1年生がPCの担当としてデビューしました。緊張して少しミスをしましたが、よい経験です。落ち込む必要はありません。経験で得るものは、普段の10倍以上の学習になります。
続きを読む…

これがNew Katsura New Easy Technology of Roof-top Landscape (K-NET)です。発泡体と芝マットの間に、2cmの軽量土部分を作っています。これは芝のストロン(走出枝)を伸ばす場所です。ノシバは地面の下にこのストロンを伸ばします。これを設けることで、芝がより細密になると考えました。
来月中旬に圃場の開設をを目指して、システムの加工に取り組んでいます。
もちろんこの上には、地産地消のノシバがのります。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475