メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

今年販売する新作アジサイ 「プリンセス桂」です。
あと10日ほどでピンク色に色づきます。
作出して登録したのは2006年ですが、草花クラブで少しだけ作っていました。
TAFFの研究等で、なかなか本格的に栽培していなかったのですが、
今年ようやく作ることができました。
名前はプリンセスですが、純日本の原種を交配して作った品種です。
日本のアジサイを育種した場合、花色が薄い場合が多いのですが、
なんとか西洋アジサイのような華やかな花色に近づけたいと考えて、
交配を繰り返して作出した品種です。
それで名前をプリンセスとしました。
先週、ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんのロイ 続きを読む…
2008年の4月から3年かけてようやくブログ掲載600回を達成しました。
これからも、頑張って研究班のことやアジサイ等の植物について発信していきたいと思います。
601回目は新作のアジサイについて書きたいと思います。
これからも応援よろしくお願いします。
続きを読む…
いよいよ5月です。
「母の日」が近づいてきました。
「母の日」と言えば最近はアジサイ!
今年のオリジナルアジサイは・・・・・
ということで、温室のアジサイの状況を報告します。
オリジナル品種「ピクシー桂の舞姫」です。
手の大きさの小さな花房がたくさんつきます。
もう少したてば淡いピンク色になります。
オリジナル品種のアジサイは、なんとか母の日から販売開始できそうです。
続きを読む…
2年生が「芝と菌根菌の関係を用いた土壌リンの減少試験」を始めました。
なんか難しそうなテーマに見えますが、
植物を育てるには、窒素(N)・リン(P)・カリ(P)の3要素が必要です。
ですから、肥料にはこの3つの要素が含まれています。
リン(P)は植物の根や花の生育にとって重要な成分になります、
リンは土中に与えられると多くは不溶性となって残ります。
植物に利用されるのは与えた量の10%程度です。
残りは土壌中に蓄積されていきます。(これだけでももったいないのですが?)
蓄積されたリンは簡単には溶解しません。
長年蓄積されると、河川等に溶け出し水を富栄養化して飲み水として使えなく 続きを読む…
「地球を守る新技術の開発」班の生徒2名が、
5月30日~6月4日まで英国での環境活動視察団の一員として派遣されます。
これは、低炭素杯での環境大臣賞を受けての派遣です。
英国では環境活動で成果を上げている6団体を視察するだけでなく、
視察団体の活動も紹介することになります。
活動紹介するのは、先日わかったことなので、
私としても大変焦りました。
そこで、2009年のストックホルム青少年水大賞で発表した研究生OBにお願いして、
レクチャーしに来てもらいました。
彼女は熱心に2時間も、経験とか言葉の強調の仕方等指導してくれました。
ストックホルムで発表した内容は、屋上緑化にノシ 続きを読む…
張った芝を素早く展開させるには、
屋上に張るまでに芝の生育をどれだけ成熟させるかがキーポイントだと思います。
若草山の芝マット下の不織布を交換!
根の展開がしやすいようにしました。
しかし、これだけでは容器内の根や匍匐茎は展開しません。
根や匍匐茎が展開できないということは、しばの成熟が進みにくいということになります。
もう少し工夫をする必要を感じています。
続きを読む…

日経新聞に掲載されました。
専門学科に従事する先生が少しでも参考にできるよう・・・・願いを込めて・・・・
続きを読む…
シュミレーションパネルを製作して、
いざ型紙作りへ・・・・・・
ここで問題発生!
型紙の中にノシバ切片を入れていく場合、
持ち運びにくく、多くの生徒が一斉に張りにくく時間がかかるのでは?
もう少し簡単に尺のようなもので作れないだろうか?等
考えれば考えるほど話は難しくなってきました。
結局もう少し各人で整理して、もう一度考えてみようとなりました。
もう一つ切片を用いた市松模様をミニモデルを作ってシュミレーションを行いました。
屋上設置まで1か月、どこまでできるのか研究班の挑戦は続きます。
続きを読む…
1区画を2区画にする・・・・
1㎡に張る芝の量を1/2にすれば可能!
通常の芝張りのように市松模様に張れば・・

でも芝が全面に覆うには時間が必要・・・・(雑草も侵入しやすい)
短時間で覆い、さらに芝マットの使用量を減らすことを考えました。
その結果、1枚の芝マットを8分割して市松タイル状に張ること!
細かく張るのは、空間部分を小さくして短期間に芝を展開させるため!
もう一つ、土壌を用いないK-NETに最低2㎝の土壌を用いること。
㎡あたりの重量は増える(それでも60㎏/㎡以下)が、
芝の匍匐茎を展開させて拡げることを考えると土壌は必要!
生徒とシュミレーションを行いま 続きを読む…
近畿固有ノシバの遺伝資源保存と
若草山芝地復元に供給する芝を作るための採種圃場を兼ねた、
屋上全面緑化計画がスタートしました。
最初に取り組んだのは、手持ちの芝マット枚数の確認!
現時点では、106枚・・・・・
K-NETでの緑化の場合、土壌を基本用いないので密に張る必要があり、
1㎡4.5枚が必要で、23.5㎡分の芝しかありません。
4棟屋上の緑化計画は、23㎡3区画・58㎡1区画の刑区画であり、
この時点では1区画分しかありません。
しかし年内に全面緑化するとなると、
手持ちの芝を使って5月には2区画は作りたいと考えています。
さて・・・・・・どうしたものか?
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475