メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

東日本震災直後で掲載される日が延期になっていた日経新聞への掲載が、
来週25日(月)に掲載されるという連絡がありました。
震災の復旧・原発事故の解決法が見つからない中、
2~3か月は難しいと思っていました。
全体的に沈滞ムードの中、少しは元気になるような記事になってほしいと思います。
続きを読む…

新しい張り方をシュミレーション
桂高校にいよいよ実用化圃場を設置します。
しかしここで大きな問題が発生しました。
それは、若草山頂上部に若草山のノシバでは無く、
購入された張り芝が張られたことです。
シュミレーションを元に実験枠の作成
これは、近畿の固有ノシバの遺伝子の攪乱を意味します。
奈良県としては、土壌流失を抑えるためしかたなく用いたという話しでした。
若草山のノシバがあれば、それを使うことができたとのこと。
そこで、今年度中に屋上120㎡全面に若草山ノシバの採種圃場を制作することにしました。
問題は若草山のノシバ・・・・・
昨年復元した残りの越冬させた芝が106枚 続きを読む…
ようやくサクラが散り始めたばかりなのに、温室の中は初夏の香りが漂い始めています。
中庭のサクラ(桜吹雪までもう少し)
一つがアジサイ!
装飾花が少しづつ大きくなり始めました。
ピクシー桂の舞姫(手より小さい花房に120輪もの花をつけます)
2週間もすると、色づき始めます。
もう一つは、「世界に一つだけの花」・・・・・
種子が充実し、本日より採種を始めました。
プリムラの種子(種子が色づき始めたら、乾燥機へ)
来月末には種まきを行い来年1月には、「2012世界に一つだけの花」として販売します。
続きを読む…
奈良県での若草山ノシバの遺伝子消滅の可能性を受けて、
若草山ノシバ種の保存と芝マットの供給方法を考えました。
その結果、本校屋上で今年設置する、K-NET屋上緑化での種子ステーション化を加速させ、
一刻でも早く、種子の保存と採種ができるようにしようということになりました。
4棟屋上は3月下旬に防水工事と給水システムの設置が終了し、
これから屋上緑化の枠組みの設置になります。
この4棟屋上に設置します。
今年の提案はK-NETplusと種子ステーション!
3棟屋上は防水工事されていません。
続きを読む…
東日本大震災から1か月が過ぎました。
少しずつ復興の話を聞き始めましたが、
まだまだ先の見えないことばかりで、心が晴れてきません。
でも新入生・新学期が始まり、
学校現場では、忙しい日々が始まっています。
昨年度から、千葉県のスナシバの自生を発見し絶滅危惧種として保護された担当者の方とメールのやり取りを始めました。
震災以降連絡を取っていないので、どうなったかを気にしながら、今日に至っています。
スナシバの自生地は海岸沿いですので、津波の影響は?等すごく気になります。
もう少し落ち着いたら、現地に行ってみたいと思っています。
続きを読む…
本日は入学式です。
希望と夢を持って入学してくる生徒たちを迎えることができました。
大震災で入学式もできない高校生もいる中、
400名強の生徒が無事入学式を終えました。
彼ら彼女らは、日本が未曾有の災害に見舞われ、
沈滞ムードの中での入学ですが、
きっと復興への力強い原動力になってくれると思います。
私も、彼ら彼女らの原動力を発揮させるように支えていかねばと思いました。
続きを読む…
昨年、採取した若草山土壌の菌根菌の追加分析を京都府立大学で行ってきました。
今回の狙いは、新2年生に分析方法を経験させること。
それと、分析・菌根菌種の同定および菌根菌の土壌胞子量の測定には時間かかり、
桂高校でも分析できるようにするためが目的!
朝9時30分から、夕方19時までの10時間近く行いました。
今回は、シクレロサイシス等の菌根菌種は発見できませんでしたが、
抽出技術や胞子量の測定など、多くの経験ができたと思います。
今秋には、独自に分析できると思います。
続きを読む…
いよいよ4月です。
若草山プロジェクトも3年目を迎えます。
今年は、自生ノシバ(若草山)での屋上緑化システムの設置!
自生ノシバによる緑地帯の設置!
若草山芝地の復元!
と多くのプロジェクトが目白押しです。
研究班では、大量の芝作りに備えて、
KNCの整備を現在優先しています。
KNC開発から5年・・・・
KNCもところどころ痛んできています。
今年は本格的な整備を春休みに行っています。
研究班の生徒達は、初めてのことなので、
戸惑いながら作業を行っています。
でも、KNCの構造や機能を知るには大事なことだと思います。
続きを読む…
ようやく暖かくなってきました・・・・
桜もちらほら・・・・
本当ならば晴れやかな気持ちで春を迎えるのですが・・・・
今年は中々そんな気持ちにはなりません。
やはり震災の問題は・・・・私達の心に深く傷をつけています。
でも・・・私達が頑張らなければ・・・・
日本は元気にならない・・・と思い少しでも頑張ろうと思います。
続きを読む…
奈良県・奈良市の文化財課の方と話をしました。
他からの張り芝は、知らなかったということ・・・・・調査しますのと事でした。
奈良県公園管理課の担当の方は、
奈良県土木課が公園整備の中で、古墳周辺の土壌流亡が激しく、
真砂土で修復したが、それでも雨水による土壌の流亡は止まらないので、
芝を張ったのでは?と言われました。
私としては、若草山のノシバは近畿の固有種で、他の地域の芝と交雑すると
近畿固有の遺伝子源が無くなる恐れがあり、張ったノシバを取り除いてほしいとお願いしました。
3年かけて、近畿固有種のノシバを用いて復元してきたことが、すべて台無しになります。
取り組んだ生徒達の想い 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475