メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

2011/03/29

消滅の危機!

昨日、若草山鶯塚古墳の芝地復元場所の調査に行ってきました。
昨年張り付けた芝生は、順調に生育していました。
今年の復元場所の再測量も順調に進み、
古墳登り口付近を見ると、
新たに復元されている場所が?
調べてみると、昨年11月に土壌流亡場所の復元工事を
奈良県によって行われていたのですが、
その場所に購入した芝が張られていました。
購入した芝は、近畿の固有種ではありません。
風媒花であるノシバは簡単に交雑します。
これは若草山のノシバが消滅する可能性を意味します。
生物多様性を守る必要性が叫ばれている今!
これは本当に大変なことなのです。
これから奈良県・奈良市 続きを読む…
震災後 まだほど遠い復興への道・・・・・
でも、少しでも希望があれば・・・・
救われる人もいるのではと思います。
私にできること・・・
少しでも心に元気が持てる写真を載せること・・・・
                      【外のノシバ、枯れていた中からも春の伊吹が・・・・】
                  【日本サクラソウが開花・・・・桜の咲く日も間近・・・・】
                  【アジサイの花・・・   この花が色づくと母の日が近し・・・】
【私の1歳半の息子・・・・私の希望・・・・・】
【50歳の育メン日記・・・いつか・・・   】
続きを読む…
2011/03/25

KNCの整備

KNC=カツラ・ナーサリー・ケースの準備に入りました。
KNCは、ノシバを発芽させるのに重要な要素です。
このCaseは2006年に200年前の植物輸送器(ウォードの箱)をヒントに開発したものです。
自生種子を用いて簡単に発芽させられるのも、このCaseがあるからなのです。
KNCは手作りで木製ですので、5年も経つといろいろなところが壊れてきます。
今年は芝マット枚数を作らなければならないので、
Caseを整備して準備を行っています。(1Case当たり5枚が生産できます)
続きを読む…
屋上のK-NET試験区の芝管理を行いました。
これが始まると、春到来になります。
震災で大変な状況ですが、
少しでも明るい話題を提供することも、私達に出来ることだと思います。
TeamKの生徒達は、まだ肌寒い屋上で除草・枯れ芝刈りと
春に向けての準備を行いました。
温室では、アジサイの鉢間拡げが始まりました。
少しずつ大きくなってきている証拠です。
母の日前には、1回目の出荷が出来そうです。
寒い冬が終わりを迎え、春が近づいています。
震災地も、この春と共に少しでも早く復興に向ってほしいと願っています。
続きを読む…
昨日、日経新聞の記者さんから連絡がありました。
掲載予定が震災で、延期になったこと・・・・
東京本社での震災時の様子・・・・(関東大震災のようだったそうです)
その後の東京の混乱ぶり等・・・・
いろいろな話をしていただきました。
今は私の書いた文章よりも、少しでも多くの人に伝えなければならないことがあります。
是非ともそちらを優先して下さい。
それよりも、混乱の中御身体に気を付けて頑張ってください。
と言いました。
したがって、私の書いた文章(農業高校を元気にするには!)は、
落ち着いて、日本が少し希望が見たいと思い始めた頃になります。
続きを読む…
2011/03/16

希望!!

ブログの更新が、震災の日から行わなくなりました。
あまりの衝撃に、何を書いて良いのかわからず、
どうすれば、良いのかも考えられず。
時間だけが過ぎています。
今日は、合格発表日!
受験生は夢と希望を持って合格発表を見に来ています。
生徒は午前中登校しないので、
人のいない温室で、もくもくとアジサイに液肥を与えていて、
ふと見るとアジサイの花が、膨らみ始めていました。
若草山のノシバも芽吹き始め、
「世界に一つだけの花」の種子も膨らみ始めています。
私にできること!! 
少しでもいいから、希望を届けることが今できることかも知れません。
続きを読む…
14日(月)の日経新聞の教育面に寄稿記事が掲載されます。
農業科の活性化するには、どうすれば良いのか!というテーマです。
私なりに取り組んできたことを書きました。
子供達の可能性を引き出すヒントになれば・・・・・
農業高校の活性化に繋がれば・・・・・
想いを込めて書きました。
続きを読む…
再来年度に向けて新しい花を導入しました。
南北アメリカ産のアジサイです。
日本のアジサイとは同じ仲間ですが、遠縁にあたります。
何故、遠縁と呼ぶのでしょうか?
それは、同じハイドランジアの仲間ですが、交配しても種子が出来ません。
種子になる前の胚の状態にはなりますが、致死遺伝子が働いて枯死します。
理由は、同じ品種が相当古い時期(時代)に分かれたため、発達の仕方が異なってきたことからこの現象はおこっています。
たぶん、世界の大陸が一つだった頃からハイドランジア(500万年前の化石は見つかっている)はあったことが考えられます。
私自身、和アジサイが中心で西洋種は少ししか作っていなか 続きを読む…

外は一時の温かさも薄れ、また冬に逆戻りしたような気温ですが、
温室のアジサイには花芽が出来始めました。
今年は5月の母の日に合わせて栽培しています。(周りからの要望もあって)
花芽が見え始めると、40日~50日で色づき始めます。
プリンセス桂の花芽
開花の遅いピクシー桂の舞姫の花芽
続きを読む…
「地球を守る新技術の開発」班の2期生が卒業しました。
今年も、千葉大・滋賀大・京都教育大・大谷大・専門学校・就職とそれぞれ様々な道に進みます。
道は異なりますが、研究班で取り組んだことを何らかの形で生かしてほしいものです。
環境系は、千葉大学・滋賀大学へ進学する生徒で今後も携わってくれると思っています。
教育系は京都教育大学・大谷大学で、研究班で取り組んだ経験を、多くの人に伝えてくれると思います。
あと専門学校・就職と環境・教育に関わらない分野と思いがちですが、
研究班で経験したこと学んだことは、何らかの形で関わってくれれば良いな!と思います。
本当に御苦労さまでした。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475