メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

プロジェクトは昨年5月に始まりました。
ノシバに耐塩性があることは、これまでの試験でわかっていました。
そんなとき、宮城県で津波堆積土をノシバで緑化できないか?という話が舞い込んできました。
9月に試験津波堆積土で制作した畦畔を設置(石灰(固化材)+堆積土・堆積土(未処理)・SL灰+堆積土)
代用にその時の耐塩テストで成績の良かった奈良県若草山ノシバをポット化(種シバ)したものを植えつけて
テストを行いました。
                  2012年9月15日に植え付け直後の写真
植え付けから10か月、宮城県の冬を超えてノシバは順調に生育しています。
注目は真ん中の堆積 続きを読む…

この写真7月末の宮城県山元町の写真です。
中央奥に見える木の生えている場所が海岸沿いです。
写真を撮っている場所から海岸にかけて、震災前はイチゴハウスがたくさん建っていました。
1枚目の右側の写真です。
瓦礫は取り除かれていますが、今も当時のままです。
農地は除塩もされていません。
イチゴロードと呼ばれた道路です。
道路を挟んで右側は、1.5m盛り土をして住宅地になるそうですが、反対側は海岸まで宅地として放棄されることになっています。
放棄された場所は、防潮堤等津波の緩衝地帯として造成される予定らしいです。
東日本大震災から2年半、いまでも海岸沿いはこの状態が続いています 続きを読む…

宮城県金華山のノシバです。
7月3日に播種した金華山ノシバですが、約50日でこの状態になりました。
これをポットに鉢上げして、種シバを製作し、30日後に圃場に植え付けします。
研究班の芝ポット生産技術は、時期さえ合えば播種から90日で製品化されます。
写真は本日植え付け直後の苗の状態です。(播種後50日目)
この苗が、被災地の緑化に使われることに・・・・・
次回は何故金華山ノシバが被災地緑化に使うのかについて、書きたいと思います。
続きを読む…
長らくブログを更新しませんですみません。
言い訳ですが!本当に忙しかったのです。
ようやく落ち着き、ブログを見れば5か月も更新していませんでした。
思い返すと5か月の間、沢山のことが進展しました。
宮城県・金華山での40名での種子採種
被災地での芝生産の準備
金華山ノシバは東北を代表するノシバ種と判明!
スーパーノシバ第2世代が発芽
オニシバを発芽させてわかったこと
京都将軍塚を京都ノシバで緑化 等
沢山のことを行ってきました。
これらのことを順番に書いて行こうと思います。
よろしくお願いします。
続きを読む…
私にとって忘れられない生徒達が卒業しました。
結果はそれほど多くは残せませんでしたが、彼女・彼らが取り組んだ研究の功績は、本当に素晴らしいものでした。
彼女達の多くは、TV等で研究班のことを知り、率先して桂高校に入学した生徒達です。
この3年間、本当に頑張りました。
彼女らの進路は、ほとんどが芝研究に関わる道へ進みます。
私としても、彼女らをこれからも応援したいと思います。
続きを読む…

以前金華山のノシバのDNA鑑定を行ったことを書きました。
結果は昨年12月には解っていましたが、ブログを更新していなくて書けませんでした。
鑑定結果は!!
金華山のノシバは、一部東北農試が用いた、アケミドリには、関連するDNAは存在するものの、東北独自の
種であることが確認できました。
系統樹でも、今までと異なるところに、DNAを持つことから独自の品種だと判断できます。
金華山での現地調査でも、
  1) 歴史的に見ても、金華山の鹿は江戸期以前からいること。
2)明治期も含めて金華山の鹿は、人を恐れていないという話しから、人間が大きく関わっていないこと。
   3)鹿と芝の共生関 続きを読む…
1か月以上ブログを更新しませんでした。
大きな理由はありませんが、一旦書かなくなると、筆が遠のいてしましました。
でも、生徒に研究の真意を理解してもらうには、やはりブログ更新が必要です。
もう一度初心に帰って、ブログを書きたいと思います。
続きを読む…
テレビでIPS細胞の山中先生のノーベル賞の受賞式があり、そのあと晩餐会の映像が映っていました。
「地球を守る新技術の開発」班は、2回スェーデンでの夏のノーベル賞と言われる国際大会に参加しています。
これは、大人は表彰、子供は科学コンテストで日本代表として参加します。
最終日は、ノーベル賞と同じ会場で表彰式があり、王室晩餐会も同じ場所で開催されます。
映像で見ると、なんか大変遠い話に見えますが、参加したことがあるOB達は懐かしく思っているのではないでしょうか?
あの表彰式の会場の上には、黄金の間があります。
続きを読む…
いよいよ目的地に到着!
海岸沿いから見えていた、鹿公園へ到着
できるだけ、耐塩性の強い芝を思い、崖を下りました。
崖から下を覗くと30mぐらい崩れていました。
台風や津波の影響でしょうか?
この先端部の芝も採取しました。
横を見ると、足元の芝地も崩れる寸前のように見えました。
採取活動に気を採られて、忘れていました。
崩れて落ちれば、このプロジェクトも終わりですので、用心!用心!
ここで、採取した芝はDNA鑑定へ・・・・結果は後日!
続きを読む…
一昨日、私の誕生日で55歳になりました。
なんかあっと言う間に、来てしまった感じです。
でも、面白い人生を送っているな~というのが実感です。
それはさておき、前回に書いた時から10日もたってしまいました。
すみません!
金華山に到着後、島で唯一の住居がある黄金神社へ行きました。
理由は、来年度の種子採種の許可と、宿泊が出来るかどうかの確認です。
今回の目的の重要な事項です。
結果としては、快諾をいただき一安心しました。
いよいよ、目的の芝地へ・・・・・
黄金神社を出るといきなり鹿と芝・・・・若草山の風景と重なります。
でも鹿を見ると若草山の鹿よりも小ぶりです。
閉鎖空間の影響か・・・屋久 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475