メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

16日SJWPの会場へ!
前日からユースホステルに宿泊している生徒と合流して発表準備を開始しました。
SJWPが行われるWORLD WATER WEEK の開催会場
ポスターの添付やミニ緑化システムの準備
午前中準備をして、午後から2日間にわたり、審査員からの厳しい質問に備えます。
このあたりからピリピリムードが漂い始めます。
続きを読む…

現地でインターネットが使用可能となったので、速報します。
本日(8月17日)は現地で4日目となります。
13日に18時間かけてスェーデン空港に降り立ちました。
翌日午後から各国代表達とユースホステルで集団性生活
を始めることになるため、ホテルのミーティングルームを借りて
最終練習を6時間にわたって行いました。
涙ぐむシーンもあり、とても緊迫したものでした。
続きを読む…
いよいよスェーデンへ旅立ちます。
準備万端 あとは結果・・・・・・
国内チームもほぼ準備が終了・・・・
期待しています。がんばれ!
帰国は24日  ブログはしれから・・・・・・
続きを読む…
英語ポスターの完成!
いよいよ世界が近づいてきました。
でも問題は毎日発生しています。
昨日は、国王晩餐会用の生徒の着物が送れない事態が発生!
スェーデンへ着物を送る場合、繊維物には厳しく、300クローネ以上の価値のあるものは、原則輸入禁止!
でも、販売物でも無いのに・・・・といっても難しいそうです。
生徒達の親から譲りうけた着物なので、値段は無いといったら、今度は繊維の原産国の証明書をつけろ!
と言われました。
結局時間はかかりますが、郵便局からのEMSの小包で発送することに!
わかがわkりません!
毎日なんらかの問題が発生しています。
続きを読む…

農業クラブ京都府連盟大会は無事終了しました。
桂高校の3つのTAFFチームは、すべてのプロジェクト発表部門で最優秀でした。
3チームとも近畿大会に出場します。
同じ日TAFFチームは英語プレゼンとポスター作りに10時30分過ぎまで頑張っていました。
世界大会まであと少し・・・頑張りましょう!
続きを読む…

昨年1枚の芝生の開発で、発芽試験や芝マット化試験で製作した
ノシバ100枚を花壇に張りました。
理由は若草山用の芝マットが栽培圃場に搬出しなければ
ならなくなって、昨年のテストで製作した芝マットを廃棄するよりは、
有効利用しようと考えたためです。
秋には芝生のリングが誕生すると思います。
続きを読む…
昨日スェーデンへKNCを発送しました。
発送先は、フェリシアとダンフジイさんです。
二人ともスェーデン人で、植物の栽培経験はありません。
ノシバ自体も本来種子では繁殖することはありませんので、
気温の低いヨーロッパで1ヶ月で芝マット化できたとしたら、
それは凄い話しになります。
でも、この凄さはあまりわかってもらえないのが、悩みです。
続きを読む…
ストックホルム青少年水大賞まで、1ヶ月・・・・
展示用の芝マットが種子から生産することになり、
バタバタと準備を行っています。
現地で栽培していただく方・・・・完了
種子の権益・発送・・・・済み
KNC(超節水育苗容器)・・・週末に完成
現地の気候・・・・平均気温18℃ 最低13℃ 最高25℃
思ったよりも低い、KNCの春バージョンに変更必要か?
種子は、TAFFで開発した発芽処理を施して、7日で発芽から4日で発芽でき、90%以上の発芽率
になるように加工しました。
栽培マニュアル、本日完成!
月曜日にすべて発送の手配・・終了
なかなかブログもかけません!
すみません。
続きを読む…
若草山の今年最後の採種に行ってきました。
4回目の採種活動です。梅雨なのに毎回採種に行く日は天候に恵まれます。
本当についています。
若草山の芝種子はまだあるのですが、
年内10月に芝マット化するのに、限界日が7月中旬だからです。
【今回は採種地域を全域に拡大して採種活動を行いました。】
今回の目標は400g・・・参加人数は最多の13人となりました。
午後からは、芝地復元の場所の確認と準備するための予備調査に頂上部を目指しました。
【頂上部は採種場所から40分も山を登ります】
【この部分を復元しますが、まずは土嚢の残骸の除去から必要になる】
採種活動は終了し 続きを読む…
問題が発生しました!
ストックホルムにミニ屋上緑化システムを展示するため、
ノシバの植物体を特別許可で持ち込むことを、
スェーデンの農業省に許可を求めていたのですが、
植物体はで種子は○という解答を得ました。
植物体にOKがでると思っていたので、急きょ種子からの栽培に変更することになりました。
種子からだと6週間は必要です。
検疫・送付に1週間は必要ですし、2台のミニKNCの製作に1週間
どう考えても間に合いません。
そこで、急きょ対策を考えました。
対策その1は種子量を倍量にして芝マット化を短縮する。
   その2は市販のノシバの種子に発芽促進処理を行って、発芽期間を短縮 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475