メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

「世界に一つだけの花」の発売にあたり、
NHKと大阪テレビで放送されることになりました。
明日は大阪テレビ、明後日はNHKの撮影があります。
放送日は、24日にクリエイティブ阪急で販売後の翌週になります。
続きを読む…

2009年モデルの主力はこの花です。
僕自身は、う~んと思っていたのですが、生徒は面白いと言って
積極的に交配親として導入しています。
もう少し色のバリエーションがほしいね!と言ったら、
頑張って交配し始めました。
来年が楽しみです。
続きを読む…
いよいよ、来年に向けての交配が始まりました。
「世界に一つだけの花2009」は2010年に販売するための交配です。
まだ、販売していませんが、今年販売する「世界に一つだけの花2008」は、
新しい考え方の育種を目指して誕生した品種だったのですが、
交配親の選び方が、従来のやり方であったこともあり、
花の色・型が比較的まとまってしまいました。
もう少し自由な発想があってもよかったな!(私も含めて)
と反省して、あらたな、交配親の選び方の基準を考えて取り組んでいます。
続きを読む…
今、「世界に一つだけの花」について文章を書いています。
書いている中で、新しい考え方について記していると、
ふと本当に新しいのか?という疑問が浮かんできました。
考えてみると江戸時代には、変わり朝顔や日本サクラソウなど
新しい品種を作出して、鑑賞したり高値で売買されていたり、
非常に高い園芸文化がありました。
それこそ「世界に一つだけの花」が評価され、当り前のように
多くの家で実践されていました。
21世紀の現在再び注目されるということは、
20世紀の園芸は文化的に江戸時代よりも後退していたと
考えられるのでは?と思いました。
今、雇用促進や食料自給率の向上・環境技術の促進等
農業や園芸が見直さ 続きを読む…
16日TAFFの時間に、京都府立大学の石井先生に菌根菌の講義を開いていただきます。
その前にTeam‐Kでは事前学習会を開きました。
事前学習にあたって、研究班のメンバーに指導するため勉強しました。
菌根菌が4億年前、植物が陸上に上陸して以来のパートナーであること。
植物は菌根菌に炭素を与える代わりに、植物にリンと水を供給してもらう共生関係にあること。
自然の森林や草原は、肥料も与えてないのに、生育不良にもならず、
イキイキした緑をたたえているのは、菌根菌が支えていること。
化学肥料・除草剤・農薬などに菌根菌は弱く生存できない。
そのため、共生関係を断ち切ってしまい、園芸的な生産は
肥料を与え 続きを読む…
デザイン芝2009第1作目の種まきが終わりました。
今回は、「モナリザ」作製の前段階として4種類の芝種を使用しました。
多種の種子が混ざらないように型紙を再び装着して・・
特徴的な髪の毛の部分も再び型紙をはめます。
4人の1年生(KNC研究班)が製作しています。
3時間をかけて種まきが完了!
うっすらと、絵が見えます。
10日後が楽しみです。
続きを読む…
デザイン芝2009年の新作の製作を始めました。
KNC研究班1年生の苦心の賜です。
これが上手くいけば、モノナリザの大作に挑戦です!
とりあえず本日は1種類目の種子を撒きました。
明日は、残りの2種類の種子を撒き仕上げていきます。
続きを読む…
今年最初の花の出荷が始まりました。
毎年、成人の日の前に初出荷します。
今年は、暖房費高騰のため少し温度を低めに設定したら、
当初の予定よりも10日ほど遅れました。
でも、どうにか数を揃えることができました。
成人式の日には、花屋さんの店頭に並んでいます。
続きを読む…
2009年の研究予定表を制作しました。
単純に考えても10回は、生徒と共に若草山に行かなくてはなりません。
その間に、屋上緑化・屋上菜園等多くの研究や、
研究発表競技会。表彰式などがあることになります。
出費も予定もどうなることやら・・・・・
もう少し調整しようと考えています。
続きを読む…
今朝のニュースで、1月に和歌山沖でカツオが大魚であったとのこと。
初ガツオでも無く、戻りカツオでもない。
海に異変が起こっているのでは?とのことでした。
小さなニュースですが、なんか僕にとっては重大なニュースのきっかけに思えてなりません。
何らかの気候変動の前兆でなければ良いのですが!
本当に気になっています。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475