メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2009/06/05

あの”伊勢山上”に登りました。神は居た!!!【長文】

ピエロのレロたんから電話があり

「座長!今度の火曜日空いてますか?山登りませんか?」と

連絡がありました。

 

山好き。九州ではボタ山 そして地元では鈴鹿山脈とか

山好きな私なんでね。

中日新聞の取材も兼ねて、、と言うことで

朝 5時に起きて、7時前に家を出て

飯福田寺に到着したのが、8時半でした。

 

素晴らしく景色がいい所でした。

 

今回 登るのは

私、ピエロのレロたんこと、玲くん、飯福田寺の住職さん、受付の女性の方

新聞記者とカメラマン(女性)含め 6名で登ります。

 

住職さんが、まずあれに登りますと指をさしたのが

岩屋です。

写真では見えづらいですが、あの岩です。

 

ええっ!

 

 

伊勢山上行場案内の看板を見ました!

 

 

 

 

 そう この山を一周するのです。

 

 

高所恐怖症の私です

 

(心の中で)

 キャンセルしたいです。

 

怖いです。

 

こんな 看板 も発見しました

 

 

転落。転落  まじかよ!?

 

歩いて登る ハイキングコースではないのか?

 

今回 中日新聞の記者やカメラマンも居る

取材協力と言うことで来たけど

 

やっぱり、怖いので いや 体調悪いので いや用事が出来たので

帰りますってのも言えず

 

玲くんに聞いたら、鎖を使って登るのですって

 

ま、ま、まじかよ

 

 

 

出発しましょう。と

 

もう引き返せない。

 

でも女性も居ることだし

なんとかなるでしょう。。。

 

山をどんどん上がります。

 

 

 

これが言っていた

鎖で岩を登るのです

 

 

初体験です

 

鎖で岩を登るなんて。。

 

面白いのです  これが。。

 

怖かったけど。

 

上まで上がったら 気持ちいいのです。

 

(油こぼし)

 

 

油こぼしという行場を越え 今度は岩屋本堂に向かいます。

 

行者越(岩屋の手前です)

 

ここから見る景色はまた いい眺めなのです。

 

 

 

岩屋本堂に着きました。

 

 

岩屋にお賽銭を入れて

無事 降りれますようにと。。

密かに祈り。。

 

岩屋という所は縁があり

毎年 神奈川の江ノ島のお祭りに呼ばれてますが

僕は”岩屋の洞窟”前で大道芸していますから。。

 

縁があります。

 

僕が住職さんにあとどれくらいですか?と聞くと

 

まだ10分の1くらいかな~と

 [

ま、まじですか。。

 

僕らはひたすら

登った。。

 

でも気持ちいいですね

 

怖いのを克服すると ”快感”が

 

 

なんか知らないけど

 

パントマイムやって

 

オドケテマス!

 

見えない”鎖で”登ってる表現です(笑)

 

 

それから どんどん進んでいきます。

 

雑木林を歩き ひたすら歩き

 

  大天井に来ました

 

丁度 真ん中くらいになります。

 

 

ここでみんなで、

休憩しました。

 

 また雑木林を歩き

 

次はあそこの岩を目指しました

 

 

 

登ります。

 

 

でも 疲れたので

休みます(笑)

 

 

 

でも ふたたび

 

がんばって登ります。

 

もう凄い 汗です

 

気持ちいいです!!

 

 

また みんな

歩いて 雑木林を歩き

 

次の岩に向かいます。

 

最後の難関は

 

”飛岩”です。

 

今度は登るのではなく

”降りるのです”

 

これがスリルがあって また いいのですよ!

 

 

 

あと、少しです

でも  怖いです

怖いよう~ 

 

なんとか

 

岩から降りれました。

 

よかった よかったです。

 

そして 最後は 150段?くらいある

階段を降りて 来ます。

 

 

 

とてつもない

長い 長い 階段です

 

 

と言うことで

伊勢山上に登ってきました。

 

お寺の奥さんが作ってくれた

ハヤシライスがとてつもなく おいしかったです!!

こんな おいしいハヤシライスは初めてです。

 

記者の方と話をしていると

小尻返しから撮った岩屋の写真がほしい

あれが悔いに残りますって

言われ、、

 

じゃ もう一度

岩屋に登りましょう!と

 

2回目に挑戦しました!!

 

僕は元気です!!

 

写真も撮り終えて

お寺で会話を済ませ

皆と別れました。

 

すると、帽子が無い

 

そう 先程の岩屋に忘れてきたのです。。。。

 

たった一人で岩屋に上る私でした。。

 

山に登るって本当素晴らしい事ですね。

皆さんもぜひ この伊勢山上(いせさんじょう)に登ってください!

飯福田寺の周辺もとても自然がいっぱいで素敵です

 

3回目登った私ですが、とっても気持ちがよかったです。

 

 

今日はお休みでしたが

 

お蕎麦屋さんもあります。

 

 

帰りの車の中も気分爽快でした。

 

すると、もう10年前に行った

 昆論舎(こんろんしゃ)の看板があった

 

そういえば ここで 歌舞伎昌三(岡田昌氏)が

イベントとかやっていましたね

懐かしいです。

 

 

 

帰りに 松阪のみえこどもの城に行き ご挨拶をして

 

これまた映像作家の井上マサヲ監督の家により

 

この飯福田寺の階段が気に入り

ここでロケしたらいいのでは??と話を持ちかけました

 

 

そして 津市雲出島貫町にある

 

ラーメン屋 長崎屋を探して行ってきました。

 

旧街道にありました。

 

 

23号線から入り 旧街道にある
長崎屋というラーメン屋に行ってきた。
この道 50年のおっちゃんがやっていた。
平日の夜ということで
客は呑んだくれの近所の親父と
私でした

長崎屋のおっちゃん
私を見て 兄ちゃん 只者ではないなと
言われた。
わかるみたいです。

おっちゃんはニコニコして話しかけてきた

津の松菱付近でずーと屋台をやっていて
当時の苦労話も聞きました

この商売してると十人十色いろんな人間が居る
おもしろいものや。

厨房は外でやり、
奥のカウンターで食べる


僕もいろんなラーメン屋行ったが
ここは、忘れられないラーメン屋でした。

 

 

これが、また うまいのです!!!
昔 BUNBUNの近所で食べた 九州の三洋軒本店の味です
(※ わかる方しか わからないね)
ラーメン 500円ですがチャーシューがいっぱい!
ゆで卵はサービスです。

ここで勉強させてもらったのは、
人間という味です
人間味が素敵だったら
また 行こうと思います
大道芸もそうですね。

おっちゃんと長話していたら

もう夜になっていた

 


 

今日は大道芸でも何でもなかったが

濃い 濃い

一日でした。

 

人との出会いはいいものです。

 

3時間かけて 皆と手を取り 助け合って 山に登ってきた。

そして、3時間かけて、今日のブログを書いた(笑)

そして、エラーで保存出来ない

 

 

 

 

まぁ 明日があるさ!朝日は昇る。

 

面白い事に この中日新聞の夕刊に歌舞伎昌三さんが載った記事を

覚えているだろうか?

ソウルフラワーモノノケサミットで踊った 命の踊りを!

その あの写真を撮った

カメラマンでした。びっくりです!

 

 

今回の出会いも岡田昌氏がくれたものです。

 

4 コメント
コメント一覧
  • 1

    岩屋本堂へ1日に3回も上ったのはあなたが初めてです。
    すばらし~ by住職
    またハヤシライス作りますよ。心の準備がいりますので1か月前にはお知らせくださいね。by住職妻
    楽しくブログを見せていただきました。またおいでくださいませ。
    お待ちしております。by受付嬢?

    by: 飯福田寺湖湖, on 2009/06/05
  • 2

    お疲れ様でした!

    私は山登り無理です(>_<)

    それも鎖で登るなんて なにか夢見そうです^^;

    それにしても そんな険しい山登りに挑戦されるみきおさんは
    すごいです!女性もその中にいらっしゃったって言う事もびっくり!

    それがでも 人生においても必要なことなんですよね(*^_^*)

    本当に素敵な日記です。

    by: 女将, on 2009/06/06
  • 3

    ホントだ!
    すごい。
    これはまさしく行者の山ですね。
    今度はホラ貝持って山伏スタイルで、なんちゃって山伏の修行に行きましょうか。

    by: 忍者まちこ, on 2009/06/07
  • 4

    >飯福田寺湖湖さん
    そうですか!1日3回岩屋に登ったのは
    私一人ですか!やったぁぁ~!
    ハヤシライス本当美味かったです。最高でした。
    素敵な方々と囲んで
    それもほとんど初対面ばかりの人ですが
    話はずみ盛り上がり 楽しかったです。
    また 遊びに行きますね

    >女将さん
    有難うございます。
    迂回コースもあるので
    ぜひぜひ行きましょう!
    三重県って 素晴らしい所いっぱいです!

    >忍者まちこさん
    まちこさん
    行きましょう!
    ほら貝持って 山伏まちこスタイルで
    登りましょう!!

    by: 加藤みきお, on 2009/06/09
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: