メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2011/04/06

ひろはまかずとし先生から愛のメッセージ

 

ひろはまかずとし先生から頂いた 愛のメッセージです 言の葉です。

 今日のブログは蒲郡彗星倶楽部を書きましょう。

 

 

蒲郡福寿稲荷ごりやく市が終わり

蒲郡市金平町にある

ひろはまかずとし先生のギャラリーを尋ねた

 

 

 先生に素敵な言の葉を頂きました

  ひろはま先生のギャラリーに飛んでいったのですが

   先生は多忙で不在でした。

 

   先生が不在でも ギャラリーには、先生が微笑んでいる

   癒してくれます。 ここは、、大好きです

 

 

  ギャラリーの横には

    お花という とっても素敵なカフェがあります。

 

        

  

      おいしいサンドイッチとホットコーヒーを

         頂きました

 

         時が止まってる そんな感じがしました

 

 

    ひろはま先生と知り合って そして、先生の個展 風居展で大道芸をさせて頂きました。

      1999年です。 自分自身も大変辛かった時に、先生と出会って 救われました。

 

                面白い事に、野郎舞一座に居た大道芸人

            福岡県糟屋郡志免町の BUNBUNの所に行きました。

 

       なんと BUNBUNの家から、500m歩いた所に 先生の店がありました。

          もう 本当 これには 驚かせて 先生に即 電話した思い出があります

                     これは もう繋がってる”縁”です。

 

              ひろはま先生のギャラリー横の外側の階段には

   

                   メッセージを書く伝言板がありました

 

                    僕も今思う気持ちを ちょっと書いてきました

 

 

                 ひろはまかずとし先生も今回の東日本大震災で

                          動き始めています

 

                     先生から熱いメッセージを頂きました。

 

                 転載してもよいという許可をひろはま先生から頂いたので

                            ブログに載せます

 

                                 (下記 ひろはまかずとし先生から)

 

>とんでもないことが起きてしまいました。そして、やがて一月が経とうとしています。こんな時、(ひろはまかずとし)な何をしているのでしょうか?と、メールや電話や手紙を頂きます。いえ、けっして、諫めたり、責めたり、せかしたりしている(便り)は一件もありません。すべてが、僕をご心配下さったり、
気遣って下さっている内容でした。どこかで、またとんでもない無茶な事していないか、、、そういったお心使いでした。そうですね、、いつも、こんな時は
即座に、何も考えず現地に飛び、ひたすら地に膝を落とし、ただ涙し、天に祈る。自分になにがやらせて頂けるのか、、、天の御心は何かを、、、。しかし、
今回は、そんな自分の可能性の想像のキャパを遥かに越えていて、足がすくむどころか、あまりにも大きな悲しみと驚きで、心が固く凍結してしまった。、、、、。他のだれよりも、なんでもしてきたし、なんでもできる、、と自負してきた、、、それが、自信で、自慢だった。なのに、、自分の無力さが情けなかった。何日も涙が止まらなかった。凍結した心が、溶け始めるのに四日かかった。そして、、、ひろはまかずとし、、、動き始めました。大切な大切な友人の皆様ですから、最初に発表させていただきます。実は、この二年、ひろはまかずとしは、(保育)(養育)(育児)を懸命に考えてきました。この道に入り二十数年、ぼくは、三つの祈り(戦争をなくす、偽宗教をなくす、自殺をなくす)を公式に掲げ、言の葉墨彩画を発信することで、あるいは、各地に講演に伺うことで、一歩でも目標に近付こうと活動させて頂きましたが、世の中はますます、(こんなふう)です。なんで、(こんな世の中)になってしまったのか、、考え、悩み、苦しんだあげく、やっとひとつの(真理)らしきものを得られました。あらゆる問題の、全ての原点は(幼児時代の保育)にあるのです。この幼児時代に(本物の愛)を心にしっかりと根付かせれば、こんな世の中にしてしまう、要因を根源から無くせるのです。つまり、こんな世の中にしてしまった原因、要因の一部に、自らも堂々と参加してしまっていたわけなんです。そこで、育児、保育における(必要で本物の愛)をおもいきり表現させていただける幼稚園を探す旅の中で、案外身近に、、そう、、、隣町の安城市で、見つかりました。僕の考えを可能な限り受けとめてくれて、可能性を試させていただけました。そして二年間、、、見事なほどの素晴らしい園児たちに出会え、共に歩け、たくさんの感動を共有できました。これほど泣けるかというくらいの卒園式でした。が、、、その卒園の数日前に、この震災が起きました。しばらく凍結していたこの僕に、そんな、かわいい卒園天使達が次々と連絡を下さいました。(自分達だけ、たくさんの感動や愛をもらえたのに、、あんなにたくさんの、子供たちが、あんな場所で泣いているのは、いやだ、なんとかしたい、してあげてほしい)ということでした。その言葉に感動しました。ここで、この子たちと何ができるか考えました。そして、、まず、(ともだち、びっくらぶ)という部活を新卒園生と立ち上げました。基本的には、卒園してしまったけど、もっともっと感動を共にしてみようか、、という部活です。30人近くが手をあげてくれました。新卒園生の4割くらいの人数です。これには、感激しました。そして、第一回目の部活が、2日に安城のアピタで、その子たちが、美しくてかわいいトンボ玉のネックレスを作ります。それを、材料原価以下の300円で販売し、全額を支援金にします。そのあとは、9日の午後に今度は蒲郡のラグーナというテーマパークに行き、トンボ玉とキャンドルをまた、同じように制作販売します。

で、、なぜ、寄付金集めに、子供たちを駅やスーパーに立ってもらわないのか??そのほうが簡単なのに?、、といいますと、、、ぼくは、、ちょっとちがうと思うのです、、でも、ここで、そんなことまた、言っていると、、また、変な方向に行きますからここでは、やめておきます、、、で、、肝心な支援って?何を??と言いますと。結論から言いますと、幼稚園児という年齢の子どもたちを、50人くらいまで、、安城に連れてきたいのです。単純に、(良いもの、感動できるもの)だけしか、幼児の澄んだ心と目には見せてはいけない、見せたくないというのが、僕と僕の愛した子どもたちの想いです。こどもが居るからがんばれる、子どもといっしょに、がんばりたい、がんばらせたい、という大人の思いはそれはそれとして、充分承知で、非難をたくさん受ける事も覚悟の上
で、子どもさんだけを、あずかり、見事に命懸けで愛してみせます。愛させていただきます。僕の自慢で自信の、在園児、卒園児の父兄さんの家庭でひとりずつ、我が子とかわらぬ愛ではぐくみます。そして昼間は幼稚園でお預かりします。もちろん、ビタ一文いただきません。園バスで、園児代表と共に迎えに行くのがいまの、最大の夢です。岩手県庁には、福祉課となんとか電話がつながり、想いを語り、申し込みました。NHKのホームページにも、書き込みました。でも、支援物資と同じで、本当に必要な方にピンポイントで、届いていないことは、当然の事です。どなたか、東北被災地の方、あるいは、お知り合いに、心当たり、もしございましたら、ご連絡ください。がんばっておみせします。がんばらせていただきます。長々とごめんなさい、、正直な近況です。また、追って御報告もうしあげます。皆様も、お体お心くれぐれも、御自愛くださいね。

 

                   こんな熱いメールを頂きました。先生有難う

 

       実は僕も昨年 先生が携わってる 安城市の桜井幼稚園に行きました。

                愛が溢れていて 素晴らしい園でした

                子供には本当 罪はありません

          僕が今 幼稚園保育園でパフォーマンスさせてもらってる

            毎日 子供たちの笑顔が見れる こんな素敵なショー売ありません。

 

               この ひろはま先生のギャラリー 階段を登って行くと

 

                       ”山麓園”があります。

 

 

                         不思議な世界に入ります

 

                  昔 動かないCMで夜6時55分頃 東海テレビで

 

                      ジンギスカン たしか 音楽が剣の舞が流れていて

 

                      三ヶ根山の麓 山麓園ってやってましたね。

 

                          それがここになります

 

 

            99年のひろはまかずとし氏の風居展の打ち上げは ここ山麓園でした

 

                     ジンギスカン料理が美味しかったな

 

 

                   ここ 蒲郡 形原温泉は癒されますね

  

 

                   この蒲郡は、三河地震の地割れもあり

 

 

                              見て来ました

 

                             これが地割れです

 

                            1945年に起こってます

 

                      太平洋戦争中に起こった地震でもあります

 

 

                   僕らが今 出来る事は、、、と考えさせられます。

 

            とにかく 東日本の復興と 被災された皆さんが普段通りの生活が出来るように

 

                             と願います 。

                     

 

 

              

2 コメント
コメント一覧
  • 1

    加藤みきおさんこんにちは、始めまして、、加藤さんが福岡に行かれた時の偶然!「ひろまはかずとし」先生のギャラリー発見の記述を読み、私も加藤さんとまったく同じ体験をしました。六月のある日、あじさいで有名な本光寺さま(幸田町)に掛けました。境内を一巡り、見事に咲いたアジサイを心ゆくまで堪能し、帰途、ここまで来たならもう一ヶ所行って見たいと言う気持ちが起こり「あじさいの里(形原)」に回りました。時は夕方五時、残念ながら「あじさいの里」は閉苑していました。「まっいいか本懐は遂げたから」車を方向転換しようと後方確認で振り向いたところ「ひろはまかずとしギャラリー」の看板が目に飛び込んできました偶然以外の何者でもありません、、、。やがて八月に入り、再度ご縁が有りましてパテェオ池鯉鮒(知立市)で、ひろはま先生のご講演を拝聴しました。先生が発信されている言の葉(言霊)をわたくしは全身で感じ入ります。先生の多くの言葉の中から一つでもいい肝に命じて日々を豊かに生きて行きたいと思っております。   合掌

    by: きたおとしこ, on 2012/08/29
  • 2

    きたおとしこ様
     コメントありがとうございます。
     福岡の時のブログも読んでくださってのですね。
     まだ福岡県志免町という町も知らない 10年前に
     ひろはま先生から、福岡で店をやってるので、、
     福岡に行った時には、、と教えてもらってましたが
     そういう事も、すっかり忘れた時に、、
     ひろはま先生の店を見つけたときは、びっくりして!!!
     思わず、先生に携帯メールをした次第です(笑)
     きたおとしこさんも、あじさいの里で、、わかります。わかりま
     す。 偶然!!ではなく、『必然』の出会いと思いますね
     また先生にお会いしたら、よろしくお伝え下さい~
     あの、山麓園 よく昔 CMで見ていた!あの場所も 
     蒲郡ひろはまかずとしギャラリーの階段の上にありますよ!!
     ひろはまかずとし先生には、本当 感動させられます

    by: 加藤みきお, on 2012/09/20
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: