メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/10/10

ミルクとウェンディーの対決! 勝敗はどちら?!

昨日は、ミルク(雑種ネコ)とウェンディー(ミニチュアダックスフンド)は朝から大ゲンカ。

私がいない間に、ミルクが床へ降りたところへ、ウェンディーがちょっかいをだしたため、「窮鼠猫を噛む」ならぬ、「窮猫、犬を引っかく」といった事態が発生。

ミルクが繰り出したネコパンチが、ウェンディーの目に当たったらしく、血がだらり。

よっぽどショックだったのか、ウェンディーは自分の小屋によろよろと入り横になってしまったそう。

これには事務員さんもビックリ。

あわてて、私を呼びにきました。

ウェンディーの様子をみると、確かに血が出ているのですが、一応目も開くし、目じりを切ったようで、大怪我ではなさそう。

それでも、もし目玉を怪我しているといけないので、病院に連れて行くことにしました。

(さすがに怪我をしたウェンディーの写真は撮れませんでした。)

 

結果は、瞬膜がきれており、瞳にも少しつめが当たったようで、ちょっとだけ傷になっていました。

「しばらくは目薬(軟膏タイプ)を13回やってくださいね。」

とのこと。

3日以上たっても目がしょぼしょぼしているようなら再受診してください。」

といわれました。

今日のところは、なんともなく昨日のことなど忘れたように元気に事務所を走り回っています。もちろん、ミルクを追いかけて・・・。

 

怪我をさせてしまった、ミルクのほうは、事務所の中にも慣れてきて、

 

 

お気に入りの場所を見つけ、スヤスヤ。

借りてきたネコ状態から、やんちゃなネコに変わりつつあります。

それに、体の色も白かったのにだんだんと色が出てきて茶色のまだら模様になりつつあります。

大人になったらどんな柄になるのでしょうか。 

 

1 コメント
コメント一覧
  • 1

    人間社会も大変だが、ペットも色々大変ですね?傷害は医者代がかかるから、困るね。

    by: ば-ちゃんより, on 2007/10/11
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: