メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

そういえば、日曜日(6/8)に飛行船を見ました。
車で移動中、
「あれ、飛行船じゃない?」
と話になりまして。
目が悪いので、最初は、ちっちゃくて、
「うーん。どこ?」
と言っていたのですが、車が移動するにつれ近くなり、
おーっ、見えました。
話によると、NHKの番組の中のイベントだったようですね。
走る車の中からの撮影でしたが、ぼけずに写って、満足まんぞく♪
(あ、運転手はわたしじゃありませんから、ご心配なく!)

続きを読む…
近くのホームセンターで竹かごを見つけました。ペット用ではなかったのですが、この丸み、大きさといい、きっとネコが気に入るはず!と思い買って帰りました。
ですが、お互いを警戒しているのか、なかなか入ってくれません・・・。
それとも、サイズが小さいのか?それとも全く気に入らないのか・・・?
ガッカリしていたら、その夜シータが入ってくれました!
「よいっしょ。まずは入ってみたわ。」
「丸くなってみたけど、ちょっと狭いかしら・・・・」
一番体の大きなシータが入るとは思ってなかったのですが、やはりちょっと狭そう。見ていてもなんだか肩が凝りそうですネ。

続きを読む…
こちらがエバーフレッシュです。
すらりとした樹形と涼しげな感じがするので、人気急上昇の品種です。
それから、こちらがエバーフレッシュの花です。
ぼわんと丸い形で、まるでたんぽぽの綿帽子のようです。
このエバーフレッシュの新芽はこのような色をしています。
赤茶色で、最初はまるでぜんまいのようですね。
その後はこのようになります。
また、エバーフレッシュは夜になると葉が、同じような姿で閉じます。
調子が悪いのではないので、ご心配なく!

続きを読む…
今日は晩御飯の後、近所にほたるを見に行きました。
ちょっと時間が早かったので、最初は飛んでいませんでしたが、しばらくすると、ほわ~んと飛び出しました。
そんなほたるの姿を写真に撮りたかったのですが、うまく撮れません・・・。
腕が悪いんでしょうか・・・。
今日飛んでいたのは、源氏ほたるのようです。
この間のほたるより、大きかったです。
ほたるが舞う田舎の自然を大切にしていきたいですね。
続きを読む…
実がいっぱいついています!
シェフレラの実です。
こちらは、「ウコギ科シェフレラ属」のうちのアンガスティフォーリアと呼ばれる、葉の細い品種になります。
ほかの鉢植えで花が咲いているものもありました。
こちらは直径6cmほどの鉢植えですが、花芽が沢山ついていました。
花のアップはこちら。
美しい・・・とはいえない花ですが、愛嬌がありますね。

続きを読む…
チューインガムの木(サポジラ)が少しだけ大きくなりました。
次の新葉が展開し、合計6枚になりました。
心なしか、双葉がしわしわしているような気がしますが、元気に育っています。
しかし、もう片方は・・・
全く、芽が出る気配なし。今日は思い切って、中身を出してみました。
タネは腐ってはないのですが、なんだか乾燥して軽くなってしまっています。
皮はあるけど、身はないといった様子。
同じように水やりしていたと思うのですが、何が原因でこちらは芽がでなかったのかわかりません。
うーん、難しいですねぇ。

続きを読む…

オリズルランの花が咲いていました。
ぴよーんとランナーが伸びてその先の節間に花が咲き、先端に子株が出ています。
オリズルランにはこのようにランナーを出す品種は、先端の子株を切り取り新しい鉢に植えるなどすると、簡単に増やすことができます。
ですが、オリズルランの中にも、ランナーを出さない品種もあります。
それがこちらの「シャムオリズルラン」です。
この「シャムオリズルラン」は他の品種に比べ、葉がやや肉厚で、光沢があります。
また葉の幅も広く短めです。
どちらも「ユリ科オリズルラン属」なので一般的に「オリズルラン」と呼ぶのは間違いではありませんよ。


続きを読む…
ミルクは今日もペロペロお体のお手入れに余念がありません。
でも、その格好は!
でーんと大股開きです!
毛づくろい中に名前を呼んだので、
「にゃは?」
と言ってこちらを見たところです。
どのネコでもそうだけど、体柔らかくて、いいなあ~。

続きを読む…
今日も、社長がムシを持ってきました。
うん?
クワガタだ!夏ですね~!
なんだか、早くに出てきすぎて、よたよたしている感じでした。
もちろん、すぐに逃がしてあげましたよ。
続きを読む…
今日は、小学校の運動会でした。
都会なら、小学校と地区の運動会は別なんでしょうが、うちの地元の小学校は、地区運動会と合体してます。ですから、老人クラブや保育園児の競技や、地元消防団の演技、地区対抗綱引きにリレーなどが予定に盛り込まれています。
朝から、雨がパラパラと降ったものの、競技の順番を入れ替えたり、一般参加の競技をカットしたりして、なんとか無事終えることができました。
自分が通っていた小学校では全校生徒約1000人だったので、もちろん、地区運動会は別でした。
そうそう、私が地元の小学校の競技でびっくりしたのは「大玉運び」です。
それがこちら。大玉を1、2年生が半周転がし、残りを 続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950