メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

昨日は地元のお祭りでした。
小さな神社ですが、子供たちが楽しめるようにと、子供会が企画して、出店でフランクフルトや五平餅を売ったり、くじ引きや、輪投げなどを催したりしています。
その子供会の主催のお祭り行事の中に子供神輿があります。
子供神輿に付き添い、小一時間町内を練り歩きます。
ここは、田舎でもともと全体の子供の数が少ないのに、最近ますます子供の数が少なくなっているようです。
子供神輿がおわると、神社で式典があり、その後餅投げがあり、その後お開きとなります。
子供たちはお神輿を担いでいるときは
「わっしょい。」
の声がぜんぜん聞こえなかったのに、餅投げでは大喜びで
「こっち投げて~ 続きを読む…
2007/10/12

ハトのひな

ハトの巣をのぞいてみると親鳥の姿がありません。
そういえば、2、3日前から親鳥が外の電線によく見かけました。
よーく、巣をみると
ひなが2羽います。
どんな動物でも赤ちゃんってかわいいですよね。
でも・・・・
ハトのひなは正直、あまりかわいくない・・・です。
目はクリクリとしていますが、羽がまだしっかり生えておらず、羽毛の芯?のようなものばかりが見えて、まるでハリネズミみたいです(-_-;)
ひなにえさを運んでいるとは思うのですが、親鳥の出入りはつばめと違ってとても静かです。
ハトはひなにどんなえさを運んでいるのか興味があるのですが、いまだ見ることはできませんね。。。

続きを読む…
さて、ミルクですが、ウェンディーを病院に連れて行くついでに一緒に病院へ行きました。
ノミ取りの薬は以前やってもらっていたようなのですが、予防接種はしていなかったので、診察と予防接種をお願いしました。
さて、そこでの診察のときのことです。
「口の中に炎症がありますね。もしかしたらネコアトピーかも。」
えっ?!
指摘されたとことは、上唇の裏側。
原因はわからないけれど、このように炎症をおこし、ひどくなっていく場合があるかもとのこと。
だからアトピーなのね・・・
(アトピーとはわけのわからないものと言う意味ですから・・・)
もしかしたら、このまま症状が落ち着くかもしれないし、何かきっかけがあり 続きを読む…
昨日は、ミルク(雑種ネコ)とウェンディー(ミニチュアダックスフンド)は朝から大ゲンカ。
私がいない間に、ミルクが床へ降りたところへ、ウェンディーがちょっかいをだしたため、「窮鼠猫を噛む」ならぬ、「窮猫、犬を引っかく」といった事態が発生。
ミルクが繰り出したネコパンチが、ウェンディーの目に当たったらしく、血がだらり。
よっぽどショックだったのか、ウェンディーは自分の小屋によろよろと入り横になってしまったそう。
これには事務員さんもビックリ。
あわてて、私を呼びにきました。
ウェンディーの様子をみると、確かに血が出ているのですが、一応目も開くし、目じりを切ったようで、大怪我ではなさそう。
それでも、 続きを読む…
9月20日に紹介したあと、少しずつ、茎の部分は伸びてきているのですがなかなか葉が展開してきません。
茎だけは、伸びでも、頭がおもくて持ち上がらないよ~って感じで約2週間が過ぎました。
もう1鉢のほうは変化なしです。
ところが、今晩なにげなく見ると、あれっ?!
芽が、持ち上がっています!!
まだ土が付いていますが、葉がきれいに展開したら、とれるでしょう。
どんな形の葉が見られるのか、楽しみです!

続きを読む…
昨日のブログを書き終わった後、さて、パソコンを片付けようかなと思っていると、パズーが近寄ってきました。
パソコンの角をカジカジ。
ちょと、やめてっ!
もっ~、キズになっちゃうでしょ!!
と、おっぱらったと思ったら、すばやい動作で、シャキ~ンと手が出てきました。
「えっつ?」
と思った瞬間には・・・・
キ、キーボードが取れてる!!
あーあ、2つ取れてしまいました。
あわてて、パソコンの電源を落とし、何とか自分で、必死につけようとしている横でパズーは・・・。
ブラシをカジカジ。
なんちゅう格好してるの・・・
キーボードはなんとかはめ込むことができましたが、ネコってなにする 続きを読む…
以前から温室用のネコをもらってくる話があるのですが、一向に我が家にきません。 どうも、子ネコを通り越し、大きくなってしまいつかまらないようです。
そこで、昨日、用事で近くの自動車修理工場へ行ったついでに、
「ねえ、子ネコいない?」
と聞いてみたのです。
ここのうちも野良ネコがよく住み着いているので、もしかしているかも??と思ったのです。
即答で
「いるよ!!最近住み着いたネコで、おとなしいし、人懐っこいよ。」
とのこと。
その場で抱かせてもらい、
「家に帰って、もらってもいいか、聞いてくるね!」
と帰りました。
そして今日、家の許可ももらったし、ネコのおうちも用意したし、連れてきましたよ!
続きを読む…
実は、昨日おじきそうのタネ播きもしました。
学校で育てていたものなのか、娘が学校からタネをもらってきたものです。
なかなか、タネ播きする機会もなく、今回ピンポンの木のタネと一緒に行いました。
名札は娘が自分で書きました。
さて、ピンポンの木とおじぎそうでは、芽がでるのはどちらが早いでしょうか?

続きを読む…
今日は、9月26日に紹介した、ピンポンの木のタネを採ってきて、植え付けしました。
タネは3房とりました。
まず外の房も枯れ始めて、タネもかなりしわしわになったもの。
今後「シワシワのタネ」と表現します。
次に、外の房は枯れているけれど、タネはややしわがよったもの。
今後「シワのタネ」と表現します。
最後に外の房にも張りがあり、タネもつやつやしているもの。
今後「タネ」と表現します。
タネの表面がネバネバしますし、シワがより、タネに違いがみられます。
ですので、タネの条件としてどれが有利なのか分かるように、タネの呼び方を変え、観察してきたいと思います。
ちなみに、タネはぱ 続きを読む…
今日、事務員さんが窓から外をみると、
「珍しい~。ハトがいるよ。」
とのことで、窓からのぞいていました。
窓のすぐ外にある庭木にハトがいます。
手がすぐ届くところです。
「なに、なに?」
と、みんなでのぞいてもピクリとも動かないし、まばたきもしません。
よーく見ると、ハトがいるところには小枝がいっぱい。
知らない間に、こっそりと巣を作ったようです。
確かにうちはイヌが沢山いるので、よそのネコが来ることはありません。
でも、ヘビはわからないですからね~。
全く動かないところを見るとタマゴを抱いているようですね。
いつになったらヒナを見ることができるでしょうか?
続きを読む…
ページ一覧: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950