メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2008/08/07

北京の宿

明日からいよいよ開幕です、北京オリンピック!

 

とはいえ、ここは広州。

 

残念ながら北京の「鳥巣(ニャオチャオ:鳥の巣型のスタジアム)」

に行けない私は、テレビの前に座って、

いえ、正確には寝そべって、でしょうけど

開会式を楽しみたいと思います。

 

   * * *

 

北京へ行くなら、もう一度泊まりたい宿。

 

それは豪華で快適な5つ星ホテルには及びませんが、

アタシ北京へ来たんだわっ!と実感できる宿です。

 

↓「侶松園賓館(ルゥソンユゥェン ビングゥァン)」。

 

 

「胡同(フゥトン:北京の古い町並み)」の中にあります。

「四合院(スゥヘァユェン)」という、中庭をかこんで4棟の建物が建つ

北京の伝統的な建築様式。

 

 

お部屋はレトロな中国調。

窓の外をネコがととと、と走っている姿によく遭遇しました。

 

 

そして、外で遊びまわって部屋に戻ると、

いつも待っていてくれた中国っぽ~い<魔法びん>。

ホテルの人が、「開水(カイシュゥイ:沸かしたお湯)」

を入れておいてくれました。

 

 

ロビーにあったパソコン使ってみたら、

めっちゃくちゃウイルスだらけで怖かったけど・・・

ま。

いっか。

と、お茶を飲んでほっとするのでした。

 

2 コメント
コメント一覧
  • 1

    「胡同」「四合院」
    私も大好きな風景。。。
    高層マンションを建てるため、取り壊しが続いていると聞いてますが、ずっと残してほしい風景です。

    最後の写真の魔法瓶、、懐かしいなぁ。

    本当どこにいってもあるんだよねw

    ウイルスは、、、どうしようもないよね(笑)

    by: holaken, on 2008/08/09
  • 2

    holakenくん:
    北京の風景は、若者がレトロな北京を愛していて
    かなりオシャレに活用されているところもいいね。
    魔法瓶、ほんとにどこいっても見かける・笑。

    by: 三浦優美子, on 2008/08/11
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: