メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/06/20

ちまきは食べますが、人食い魚ではありません。

中国の生活は、今も「農暦(ノンリィ:旧暦、太陰暦)と密接に

つながっています。

 

昨日は旧暦の5月5日。

「端午節(ダンウゥジエ)」でした。

 

日本の5月5日・端午の節句は子供の日ですが、

中国の端午節はコドモの日ではありません。

ちなみに6月1日が「児童節(アートンジエ:こどもの日)」。

 

端午節は、「竜舟(ロンチュヮン:竜のかたちをしたボート)」の

レースが各地で行われたり、みんなで「粽子(ゾンズ:ちまき)」

を食べたりします。

 

端午節は、古代中国の屈原(チュゥユェン)にちなんだ日。

屈原は愛国精神の非常に深い詩人で、人望もあつかったとか。

彼は川に身を投げて自殺してしまうのですが、それを悲しんだ人々が、

 

舟で彼の遺体を探し回ったが、出てこない・・・

 →なので、今も竜舟レースやってます。

 

さらに、人々は魚が屈原の遺体を食べてしまわないよう、

魚に食べさせるためのちまきを川に投げ入れた・・・

 →ということで、今もちまき食べてます。

 

ん?

ちまきを食べるアタシタチ、役的には人食い魚なのか?

 

まぁいいや、おいしいから。

 

もち米を笹でくるんだ「粽子(ゾンズ)」。

中身は、肉、緑豆、ピーナツ、甘く煮たなつめ・・・などなど。

「好吃(ハオツー:おいしー。)」です。

 

 

6 コメント
コメント一覧
  • 1

    ちまき、おいしいですよね。
    私はバラ肉とかシイタケとかの入った五目っぽいの(肉粽?)がスキですが、
    台湾に行ったときは、きな粉とか糖蜜みたいのをかけて、
    朝食に食べました。それはそれでおいしかった。
    ところで、私たちは、つまるところ魚のエサを好んで食べていると・・・
    そういうことなんですかね?

    by: Kent, on 2007/06/20
  • 2

    >Kentさん
    つまるところ、そういうことなんじゃないかと。

    今日はボス&弟さんの田舎から、どどーんと
    ちまきとゆでたまごが事務所に届きました。
    ゆでたまごは中国でみんなが大好きなアイテムですが、
    あんな大量のゆでたまご、どうしたら食べ切れるのか
    疑問です。行方を見守りたいと思います。

    by: 三浦優美子, on 2007/06/20
  • 3

    ゆで卵は私も嫌いじゃないですが、
    せいぜい1回に1個か2個ですね。
    「あんな大量」って、どんだけを何人で消費するんでしょうか?

    煮卵とか、ゆで卵のしょうゆ漬け(味噌漬けも)なんかだったら、
    酒のつまみでもイケルし、たくさん食べられちゃうかも。

    by: Kent, on 2007/06/20
  • 4

    >Kentさん
    むむ?本日代休?

    スーパーの袋(大)にどっさり、
    というタマゴ量です。事務所はMax.6名…。
    ボスの小学生の息子さんがめちゃくちゃ大食い
    らしいので、消費はその親子におまかせ
    することになりそうです。

    プレーンゆで卵(大)で、1個食べたら
    のどがつまりそうです、普通の人は。
    でも、田舎の新鮮卵、塩なしでも美味く
    味わいがありますよ。

    ゆで卵はゆでたまごと書くと、ちょっと
    きん肉マンを思い出してうれしいです。

    by: 三浦優美子, on 2007/06/20
  • 5

    休んでないですよ。
    仕事してるフリして、息抜きしてるんです。
    ノルマは一人何個ですかね?

    先日、石狩市厚田区の朝市でニシンやらサバやらホッケやらの薫製
    といっしょに、たまごの薫製を買ってきました。
    殻をむくとほんのり薫製の香りがしておいしかったですよ。

    by: Kent, on 2007/06/20
  • 6

    >Kentさん
    え?厚田って、石狩市厚田区だったんですか?
    厚田村だと思い込んでました。

    燻製卵、ぃいいですねー。よだれよだれ。
    こちらでは、お茶の葉っぱと一緒に
    醤油味で煮込んだ<茶葉卵>がメジャーです。

    by: 三浦優美子, on 2007/06/20
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: