メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/06/21

干物に秘められたパワーはすごいのだ。

干物も中華料理の重要アイテム。

 

干すと味がぐぐっと凝縮されて、それが料理につかわれると

なんともいえないまろやかな味を出すみたいです。

 

↓娃娃菜(ワァワァツァイ:ミニ白菜)とホタテ干物のスープ。

 

 

 

んもう、前歯で食べちゃおっかな!くらいの小ーさな小さなホタテです。

でも、ミニ白菜だけのシンプルなスープが、この干しホタテのおかげで

とても深くてまろやかな味わいに変身してしまうのだから、

小粒でも内に秘めたパワーはすごいです。 

 

  * * * 

 

干し物つながりで、

「夢卜干酸菜(ルォボガン スゥァンツァイ:干し大根の漬物)」。

 

ピリ辛で、カリカリの歯ごたえで、すごく美味しい!

と事務所内で評判になったとある漬物を、

同僚が何十袋(!)もまとめ買いしたのです。

 

ちなみに、美味しいけど、くさい。

密閉されたビニール包装なのに、匂いはスルーしてます。

 

同僚たちがそれぞれ10袋ずつ持ち帰って、

会社でお弁当の時間にみんなで食べる分の10袋は、

私の家の冷蔵庫で預かることにして・・・。

 

その10袋が悪夢をよぶとは。

 

冷蔵庫に入れたにもかかわらず、袋の中で大根からガスが発生、

パンパンにふくれた漬物袋は、冷蔵庫の扉を押し開けていたのでした。

 

そうとは知らず、家に帰った私は、

わ、なんだ?家がおならくさい!と。

 

とりあえず袋から出してガス抜き作業を・・・。

その日、私の家は玄関から漏れ出るほど

匂いをまきちらしていたのでした。 近所の皆さん、メンゴ。

 

 

↓犯人。ガス発生前の様子は、きわめて善良な容貌であった。

 

3 コメント
コメント一覧
  • 1

    冷蔵庫の扉を押し開けている様を写真に撮らなきゃだめですよ~。

    by: ファンジ, on 2007/06/21
  • 2

    干物のパワーもさることながら
    漬け物の発酵パワーも恐るべしですね。
    パンパンになった袋の写真も欲しいところですね。
    でも、ウマそー、かつクサそー。
    でもクサいモノにはウマいモノが多いのだ。

    by: Kent, on 2007/06/22
  • 3

    >ファンジさん
    あの時、そ、そんな余裕は・・・ごかんべんを。
    ファンジさんは職業柄、モンダイ現場の写真を
    おさえる、という機転がききそうですね、ふふふ。

    >Kentさん
    くさいんですよ、ほんと、でもうまいんですよ。
    あんなパンパンになるモノをお腹に入れてたのか
    我々はっ!と思いましたね。
    くさいものにはふた、が通用しないとは恐るべし。

    by: 三浦優美子, on 2007/06/22
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: